お知らせ

和光中学・高等学校 英語科専任教員募集

サイト管理者 採用情報

 2022年6月15日

下記のように2023年度4月採用の中学・高校英語教諭を募集いたします。

担当教科及び
採用人数
中学・高等学校英語科専任教員 2名
中学・高校どちらの所属になるかは未定です。
 応募資格 当該教科の教員免許状取得者及び取得見込者(中高両校種とも)。
 採用日 2023年4月1日
 応募書類 1.履歴書(写真貼付、自筆に限る)
2.作文(1,200~1,600字)
「現代日本の教育上の諸問題について、一つないしいくつかを取り上げ、どのような対処がされるべきか、あなたの考えを述べなさい。」
応募書類は返却いたしません。個人情報に関しては法令に基づき適正に処理いたします。
 日程 1.応募期間
2022年9月2日(金)まで(必着)
2.選考試験
①書類選考 選考結果の発送は9月7日を目処に連絡します
②一次選考 9月11日(日)
作文・学科試験・集団ないし個人面接
③二次選考 10月2日(日)
模擬授業・個人面接他
送付先 〒195-0051
東京都町田市真光寺町1291 和光中学・高等学校 事務室総務係
封筒の表面に朱書きで「教員応募書類在中」と記載のこと。
 待遇 本校給与規程による
 問い合わせ先 〒195-0051 東京都町田市真光寺町1291
和光中学高等学校 事務室総務係 (担当:下元)
電話:042-734-3401
受付時間:9:00~16:00(月〜金)

以上

卒業生インタビュー Vol.46

サイト管理者 卒業生インタビュー
vol.46

今回の和光人インタビューは、鶴幼・中・高と和光学園で学ばれ、その後歯科医になられ、葛藤の中で僻地の障がい者医療に従事されている河瀬聡一朗さんにお話をうかがいました。
 2019年の台風の水害被災地・宮城県丸森町でのボランティアの様子がテレビでも取り上げられ、専門誌その他で取り上げられることも多く、現在は講演の他に、男性介護者の自殺や事件が多いことを鑑み、男性に対する介護教室も開催されている方です。
インタビュアーは、地元宮城県東松島市にご自宅があり、震災当時は地元の中学校で教員をされていて『命と向きあう教室』(ポプラ社)の著者でもある和光大学副学長の制野俊弘先生にお願いしました。 

(聞き手…和光大学副学長 制野俊弘先生)

聞き手: 河瀬さんが和光学園の出身だと聞いて、実は私もびっくりしたのですが、和光はいつからだったのですか? また、子ども時代はどんな感じでしたか?

河瀬: 和光学園は鶴幼からです。よみうりランドに実家があるので、鶴川からスクールバスが出ているということもあって、親が決めたと思います。少なくとも僕の意志ではないですね。 弟もいるのですが、兄弟揃って同じです。
幼稚園当時は、今写真を見ると、だいたい先生と手をつないでいるような子どもで、きっと落ち着きのない目が離せないような感じだったんだろうと思います。

聞き手: 小学校は和光ではなかったんですか?中学校でまた和光に戻ってこられたってことになるんですか?
河瀬: 当時はまだ鶴小がありませんでしたから、地域の公立小学校に通いました。外を見てみると改めて和光の良さが分かりましたね。 色々な子どもがいるじゃないですか。なかなか生活が厳しい家庭もあったり、学区域の中のことも知ることが出来たり。外に出たのも良かったんだろうと思います。

(さらに…)

卒業生インタビューvol.45

サイト管理者 卒業生インタビュー
和光人インタビュー

今回の和光人インタビューは、幼~高までの15年間を和光学園で学ばれ、その後、東洋英和女学院大学を経て、現在はトンガ王国大使館で仕事をされている竹下(旧姓:滝沢)ゆめみさんにインタビューしました。 仕事もしながらの子育てということで、2人のお嬢さんのお母さんでもあり、(次女はご主人が自宅で面倒をみていてくださるとのことで)今回は5歳のお嬢さんが同行してくれました。
どのように和光学園在学当時を振り返り、どのようなお考えをお持ちなのでしょう。そのあたりにもご注目ください。

(聞き手…2001年当時高校1-7担任/ 前和光中学・高等学校校長  松山尚寿先生)

聞き手: 久しぶりだね。お子さんも一緒に今日はわざわざ来てもらって嬉しいよ。高校当時の仲間とは、今も会ったりしている?

竹下: お久しぶりです。松山先生とは高校卒業以来ですから、15年ぶりくらいでしょうか? 7組だとアッキーとか馬ちゃん覚えてますか?何人かとはたまに会ったりしてます。叶聡平君は出勤途中に偶然何回か会ったことがあって、和光生も皆頑張ってるんだなと元気をもらったりします。そう考えると色々とつながっていますね。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.44

サイト管理者 卒業生インタビュー
interview vol.44

今回の和光人インタビューは、中学・高等学校・大学と和光学園で学ばれ、苦労されながらもみずからの道を切り開いてこられたフードコンサルタントの三ツ井創太郎さんにお話をうかがいました。

(聞き手…中学2年・3年時の担任  佐藤英次先生)

最近の様子について

聞き手: 和光の広報担当者から、三ツ井くんがビジネス系の記事やネットニュースにも掲載されていて、いま結構取り上げられているっていう話がありました。このインタビュアーを受けるにあたって三ツ井くんの書籍(「飲食店経営“人の問題”を解決する33の法則(DOBOOK)」)を購入して読んだよ。内容が飲食店経営のことなので、数学教師の自分に分かるかなと思って読み始めたが、本の内容の設定が具体的で的確に書かれていて、図や表などを駆使して納得できる分析が書かれていた。数学の証明と似ていると思った。よく練られているよね、まったく感心したよ。後半は夢中で読んでしまったよ。

三ツ井: わざわざ本を買ってくださったんですね。ありがとうございます。 (さらに…)

和光学園へのご支援をお願いいたします

サイト管理者 お知らせ, 一般の方へ, 卒業生の方へ, 同窓親和会

和光学園は1933(昭和8年)、小さな小学校として誕生して以来、父母・卒業生の皆さまのこころあたたまるご支援を得て、幼稚園から大学院までの総合学園に成長して参りました。

現在、世田谷、町田市の真光寺、大学の3つのキャンパスで約5千名の児童・生徒・学生が学んでいますが、その学びを保障していくためには、施設・設備の充実が必要不可欠です。

よい教育環境のもと、充実した教育活動のためには皆さまのあたたかいお力添えが欠かせません。個人のご寄付はもちろん、法人のご寄付も受けつけております。

和光教育にご賛同いただきご支援くださいます方は、次のページよりお力添えをお願い致します。

 

 

和光小学校を舞台にした「あこがれの空の下」の一般公開が決まりました。

和光小学校 お知らせ, メディア掲載 タグ:

和光小学校の1年間をまとめた映画「あこがれの空の下〜教科書のない小学校の1年〜」が完成しました。

制作費のためのクラウドファンディングも無事に終わり、一般公開も決まりました。

詳しくはサイト「あこがれの空の下」をご覧ください。

 

 

 

松本研修センターの案内を更新しました。

サイト管理者 お知らせ, 学校関係者の方へ

松本研修センターは四方を雄大な自然に囲まれた松本盆地、浅間温泉の静寂の中にあります。周辺は、夏の屋内外の運動競技や冬のスキー・スケートの施設に恵まれています。研修センターは和光学園各学校の学級活動、クラブ合宿、サークル/ゼミなどで利用されています。

研修センターの申込み/利用上の注意を更新しました。

なお、本施設利用対象者は和光学園関係者となっています。

 

 

 

 

学校再開決定のお知らせ

サイト管理者 お知らせ タグ:

525日首都圏での緊急事態宣言が解除され、都立高校の再開も決定いたしました。和光学園としても、高校以下各学校・各園で61日(月)から学校を再開いたします(高校のみ62日からとなります)。当面の間は分散登校・登園、時差登校・登園となります。詳しくは各校・各園より既にご連絡しているところです。ご確認ください。また、登校・登園時に健康観察を行いますが、体温・体調の記入などご家庭での健康管理に改めてご協力をお願いいたします。

和光学園校長会

学校再開予定のお知らせ

サイト管理者 お知らせ

新型コロナウィルスの感染者数が減少傾向にあり、首都圏での緊急事態宣言の解除の可能性も高まってきました。この状況を受け、高校以下各学校各園で6月1日(月)からの再開を準備しています。当面の間は分散登校・登園、時差登校・登園となります。くわしい登校日時、スクールバス等の運行については追って各校・各園よりご連絡いたします。登校・登園時に学校再開後は健康観察を行いますので、ご家庭での健康管理を改めてお願いいたします。

なお、最終的な開校の可否は、東京都立高校及び神奈川県立高校の措置に準じて判断することとし、決定次第改めてお知らせします。

和光学園校長会