卒業生インタビュー

卒業生インタビュー Vol.46

サイト管理者 卒業生インタビュー
vol.46

今回の和光人インタビューは、鶴幼・中・高と和光学園で学ばれ、その後歯科医になられ、葛藤の中で僻地の障がい者医療に従事されている河瀬聡一朗さんにお話をうかがいました。
 2019年の台風の水害被災地・宮城県丸森町でのボランティアの様子がテレビでも取り上げられ、専門誌その他で取り上げられることも多く、現在は講演の他に、男性介護者の自殺や事件が多いことを鑑み、男性に対する介護教室も開催されている方です。
インタビュアーは、地元宮城県東松島市にご自宅があり、震災当時は地元の中学校で教員をされていて『命と向きあう教室』(ポプラ社)の著者でもある和光大学副学長の制野俊弘先生にお願いしました。 

(聞き手…和光大学副学長 制野俊弘先生)

聞き手: 河瀬さんが和光学園の出身だと聞いて、実は私もびっくりしたのですが、和光はいつからだったのですか? また、子ども時代はどんな感じでしたか?

河瀬: 和光学園は鶴幼からです。よみうりランドに実家があるので、鶴川からスクールバスが出ているということもあって、親が決めたと思います。少なくとも僕の意志ではないですね。 弟もいるのですが、兄弟揃って同じです。
幼稚園当時は、今写真を見ると、だいたい先生と手をつないでいるような子どもで、きっと落ち着きのない目が離せないような感じだったんだろうと思います。

聞き手: 小学校は和光ではなかったんですか?中学校でまた和光に戻ってこられたってことになるんですか?
河瀬: 当時はまだ鶴小がありませんでしたから、地域の公立小学校に通いました。外を見てみると改めて和光の良さが分かりましたね。 色々な子どもがいるじゃないですか。なかなか生活が厳しい家庭もあったり、学区域の中のことも知ることが出来たり。外に出たのも良かったんだろうと思います。

(さらに…)

卒業生インタビューvol.45

サイト管理者 卒業生インタビュー
和光人インタビュー

今回の和光人インタビューは、幼~高までの15年間を和光学園で学ばれ、その後、東洋英和女学院大学を経て、現在はトンガ王国大使館で仕事をされている竹下(旧姓:滝沢)ゆめみさんにインタビューしました。 仕事もしながらの子育てということで、2人のお嬢さんのお母さんでもあり、(次女はご主人が自宅で面倒をみていてくださるとのことで)今回は5歳のお嬢さんが同行してくれました。
どのように和光学園在学当時を振り返り、どのようなお考えをお持ちなのでしょう。そのあたりにもご注目ください。

(聞き手…2001年当時高校1-7担任/ 前和光中学・高等学校校長  松山尚寿先生)

聞き手: 久しぶりだね。お子さんも一緒に今日はわざわざ来てもらって嬉しいよ。高校当時の仲間とは、今も会ったりしている?

竹下: お久しぶりです。松山先生とは高校卒業以来ですから、15年ぶりくらいでしょうか? 7組だとアッキーとか馬ちゃん覚えてますか?何人かとはたまに会ったりしてます。叶聡平君は出勤途中に偶然何回か会ったことがあって、和光生も皆頑張ってるんだなと元気をもらったりします。そう考えると色々とつながっていますね。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.44

サイト管理者 卒業生インタビュー
interview vol.44

今回の和光人インタビューは、中学・高等学校・大学と和光学園で学ばれ、苦労されながらもみずからの道を切り開いてこられたフードコンサルタントの三ツ井創太郎さんにお話をうかがいました。

(聞き手…中学2年・3年時の担任  佐藤英次先生)

最近の様子について

聞き手: 和光の広報担当者から、三ツ井くんがビジネス系の記事やネットニュースにも掲載されていて、いま結構取り上げられているっていう話がありました。このインタビュアーを受けるにあたって三ツ井くんの書籍(「飲食店経営“人の問題”を解決する33の法則(DOBOOK)」)を購入して読んだよ。内容が飲食店経営のことなので、数学教師の自分に分かるかなと思って読み始めたが、本の内容の設定が具体的で的確に書かれていて、図や表などを駆使して納得できる分析が書かれていた。数学の証明と似ていると思った。よく練られているよね、まったく感心したよ。後半は夢中で読んでしまったよ。

三ツ井: わざわざ本を買ってくださったんですね。ありがとうございます。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.43

サイト管理者 卒業生インタビュー タグ:
和光人インタビューvol43

今回の和光人インタビューは、中学・高等学校と和光学園で学ばれ、海外からも注目のバンドMAN WITH A MISSIONや若年層を中心に人気のベリーグッドマンなどのアーティストマネージメントを手掛けている南部 喨炳(りょうへい)さんにお話をうかがいました。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.42

サイト管理者 卒業生インタビュー タグ:
vol42-00

今回は和光大学在学中よりSAKEROCKで活躍され、現在ではドラマに映画にCMにと、引っ張りだこの浜野謙太さん(通称:ハマケン)にお話をうかがいました。日常の家庭では良きパパでもあるようですし、一体日頃はどんなことを考えていらっしゃるのでしょうか。

今回のインタビューは、学生時代のことや今現在のことを、敬愛してやまない師匠!という大学の堂前雅史教授との対談という形でお話しいただきました。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.41

サイト管理者 卒業生インタビュー
和光人インタビューVol.41

今回の和光人インタビューは、和光大学の表現学部芸術学科を卒業された人気のシンガーソングライターの竹澤汀(たけざわ みぎわ)さんにお話をうかがいました。
在学中よりGoosehouseでの活動を始められ、UstreamやYouTubeの配信でも注目を浴びながらの大学生活の裏にはどんな苦労があったのでしょうか。
2017年2月の活動を最後にGoosehouseから正式に脱退され、ソロ活動に専念することになったそうです。今後どのような活動をお考えなのでしょうか、その辺にもご注目ください。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.40

サイト管理者 卒業生インタビュー タグ:
和光人インタビューvol.40 白神 優理子さん

インタビュー40回目となる今回は和光高等学校で学び、『平和ゼミナール』を立ち上げて、さまざまな体験戦争体験者の方の声を聞き、日本国憲法を学び、仲間と共に深く考え合ったことが弁護士を目指すきっかけになったという、新進気鋭の弁護士の白神 優理子(しらが ゆりこ)さんにお話をうかがいました。 (さらに…)

卒業生インタビューvol.16

サイト管理者 卒業生インタビュー タグ:
vol16

今回は和光中学・高校を卒業され現在NHK東京児童合唱団の常任指揮者として活躍されている加藤洋朗さんにインタビューしました。私は加藤さんの和光時代を知りませんでしたが、近年民舞を通して交流する機会に恵まれ、親しくさせていただくようになりました。このインタビューを受けてくださったときは、ラトビアを始め、欧州五カ国を巡る演奏旅行から帰ってきたばかりとのこと。外国公演からお帰りになったばかりの多忙な中でお話を伺いました。 (さらに…)

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る