お知らせ

和光高校の「研究旅行」

和光高校ブログ担当SA お知らせ, メディア掲載

和光高校では、高校2年生の必修選択科目において、10月に「研究旅行」を実施しています。行き先は、北は北海道、南は沖縄。10を越える選択講座毎に、学びを深めます。

その中の1つ、「農と地域」では、宮城県仙台市にある「せんだい3.11メモリアル交流館」にて、東日本大震災の被災前後のことを学び、その様子が地元、宮城県紙の河北新報の記事で紹介されました。

DSC_2998
東京の高校生震災復興学ぶ
「東京の高校生震災復興学ぶ」の見出し
その他の講座の様子は、和光高校のHP内ブログで公開しています。どうぞご覧下さい。

11月3日(土)4日(日)和光祭のご案内

和光高校ブログ担当SA お知らせ タグ: ,

11月3日(土)・4日(日)に「和光祭」を開催いたします。中学・高校ともに生徒たちが当日に向けて準備に勤しんでいます。当日は、ぜひ生徒たちの作り上げた催し物をお楽しみください。無料シャトルバスを鶴川駅および若葉台駅より運行しています。ご利用ください。

また、ご来場に際して、みなさまにお願いしたいことがございます。

和光祭のページにてご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

【和光デーのお知らせ】記念講演:奥田知志氏

Web担当KN お知らせ, 一般の方へ, 卒業生の方へ, 学校関係者の方へ タグ:

今年も和光デーが開催されます。

◆◇ 今年度の「和光デー」は,9月22日(土)9:50~12:00 です。 ◇◆
場所は,中高第1体育館です(お越しの際はうわばきをご持参下さい)。

保護者の方はもちろん,中高生のみなさん,同窓親和会等和光学園の関係者のみなさんも参加できます。ぜひお集まりください。

「和光デー」は,例年,公費助成運動の折り返しとなる9月に開催している集会です。幼稚園から高校までのすべての園・校の保護者や教職員,同窓会員や教職員組合員らが集まり,運動の進捗状況を確認したり情勢を学んだりします。
今年度の記念講演には,北九州の東八幡キリスト教会の牧師であり,ホームレス支援組織であるNPO法人抱樸の理事長などを務める 奥田 知志 氏を講師にお迎えします。
a
ホームレス支援の中からお互いに「助け合える」社会の必要性を痛感された奥田さん。昨年度,山口での全国私学夏季研究集会の記念講演『助け・助けられることこそ教育』では,奥田さん自身も子育てに悩んだことがあると語られました。
――「私はあのとき本当に『助けて』と言えて良かったなと,かえすがえす感じています。教育とはなにか,それは人間であるということを大切にすることです」
大好評だった講演を,和光デーでも開催することとなりました。ぜひ多くの皆さんに参加頂きたいと思います。今回の演題は,「『助けて』と言える社会を目指して」です。

中学校では第68回館山水泳合宿が行われました!

Web担当KN お知らせ

7月20日(金)~25日(水)の日程で,和光中学校の名物行事「館山水泳合宿」が行われました。今年で68回目。日本中を探しても,このような大規模の水泳合宿を68年も続けている学校はありません。毎年多数の卒業生コーチが参加し,この行事を支えています。今年の館山水泳合宿については,こちらをご覧ください。

同窓親和会主催の「宮川彬良ショーVol.1」が開催されました。

サイト管理者 お知らせ, 卒業生の方へ, 同窓親和会
宮川彬良ショー

6月9日(土)、同窓親和会主催の「宮川彬良ショーVol.1」が開催されました。宮川彬良さんは、宮川さんは和光中学・高校の卒業生であり、NHKの朝ドラのひよっこの音楽を担当するなど、作曲家・舞台音楽家として精力的に活動されています。

宮川彬良ショー

当日のショーには、ダイナマイトしゃかりきサ~カスというアカペラグループの共演もあり、贅沢なひとときを楽しむことができました。宮川さんのTwitterに当日の様子が写真付きで紹介されています。

 

DVD「和光中学校物語-秋田学習旅行編-」を観る会 参加者から感想をいただきました

Web担当KN お知らせ タグ: ,

5月18日(金)17:00~,本校で新しく作成したDVD「和光中学校物語-秋田学習旅行編-」を観る会を開催しました。
P5180039
当日はゲストとして,製作者の吉田羊子氏,カメラマンの村上悠太氏もご参加くださいました。
P5180035

当日は,卒業した高校生の参加もありました。参加者からの多数の感想をいただきました。その一部をご紹介します。感想をお寄せいただいた皆様,本当にありがとうございます。

<1人目>
DVDを観させていただいて,なぜ和光中学の先生がいつもにこやかで,優しい表情をしているのかがわかりました。秋田の大地で,子どもたちとこんなに素晴らしい体験をしているとは思いませんでした。秋田に入る前と後では,子どもたちの表情が,変化していく様子が何とも言えない感じで,胸にこみあげるものがありました。中学2年生という思春期に秋田の大地に身も心も委ね,秋田の父さん母さんとの農業を通して,働く本当の意味と喜びを感じとり,自己肯定感を高めてゆく姿が眩しくいい映画を観たようでした。

<2人目>
この上映会を通して,いかに子どもたちが成長したか,学習旅行に行く前と行った後での子どもたちの心身の成長を実感することができました。また,いかに先生達が,子ども達の心に寄り添い応援してくれているのが伝わり,感動しました。娘にも是非この学校に入学して,この素晴らしい体験を味わい,自分を見つめ直して,パワーをもらってほしいと思いました。

<3人目>
貴重な機会をありがとうございました。思春期の子供達に真摯に,誠実に,一生懸命に全力で向き合って下さる大人の方達(わらび座の方,農家の父さん母さんの方々,先生方)がいることを知り,心から感動しました。14歳の子供達にとって「ありのままの自分を受け入れ,認めてくれる場所,人達」がいることが,どんなに幸せなことでしょう。自己肯定感が低くて苦しんでいる高3の娘を思うと「和光に入れていれば・・・」と悔やまれます。人間にとっての根源的な「幸せ」や「働くことの意義」を見いだせる和光の素晴らしい学習体験だということがよくわかりました。小6の息子にぜひ体験させてやりたいです。

<4人目>
先日は秋田のDVD鑑賞会,素晴らしい作品をありがとうございました。もう感動してしまって,身体の力が抜けました。秋田合宿で子ども一人ひとりに関わる全ての人たちの,それぞれの視点から,人を育てることへの尊さを感じることができました。我が子が秋田という合宿を通して,体験させてもらえていた溢れる愛と経験に深く感謝をしたいと思います。農を通して,人間が生きることの本質を身体で知っている人が教え,気づかせてくれるホンモノの学び,子どもの作文は秋田の自然を感じとり,自らの心に向き合い,自分の殻を割ってでてくるには,信頼と勇気が必要です。秋田にはそれを可能にする農家の父さん母さん,共に学ぶ仲間がいて,見守ってくれる先生方と40年間受け継がれた秋田の精神があり,すべてが一人の子どもを軸に成り立っているんだと感じました。このいのちといのちの照らし合って進めていき,どこかでひらめく瞬間が起こり,また,起こった瞬間に寄り添い,様子をみながら子どもを育てるという教育作業はもう大変で,それを学校でやっている。吉田さんが和光は奇跡みたいな学校だとおっしゃっていましたが,和光は人を育てる学校に徹していること,本当にすごいと思います。和光教育の深さを知りました。

次回のDVDの上映は9月21日(金)を予定しています。その他,学校説明会等(学内・学外・ヨルコン・DVD上映会)はこちらのページをご覧ください。

人生の教科書 絆がつなぐ秋田学習旅行40周年(和光中)

サイト管理者 お知らせ, メディア掲載 タグ: ,

昨年、和光中学校の秋田学習旅行は40周年を迎え、記念行事が行われました。記念行事では、秋田ケーブルテレビのクルーが取材に入り、人生の教科書という番組で放送されました。

現在、秋田ケーブルテレビのウェブサイトでも番組が視聴できるようになっています。和光中学校の伝統行事、秋田学習旅行の魅力をぜひご覧ください。

3月24日(土)Most Likely To Succeed自主上映会@和光中高のお知らせ

サイト管理者 お知らせ, 学校関係者の方へ

3月24日(土)に和光中学高等学校第3PC室にて和光中高情報委員会主催「Most Likely To Succeed」自主上映会を開催いたします。

今回は教育関係者限定の会とさせていただいております。

参加希望の方は以下のページよりお申し込みください。

 

 

同窓親和会講演会のお知らせ

同窓親和会担当 お知らせ

「被爆者の声・海外ではどう受け止められたか」
kimuratokuko

お話し 木村徳子さん(同窓親和会員)

2月17日(土)1330~1530
和光高等学校第2、3ゼミ室

昨年10月~11月、ピースボートで6カ国+2都市を訪れ、被爆者として声を伝える活動をされた木村徳子さんにお話しいただきます。
在校生や現役の親和会員の方もどうぞおいで下さい。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る