月別: 2019年9月

10月16日(水)入試説明会の申込受付を開始しました!

和光小学校 入試情報新着
wako-mark3

10月16日(水)の入試説明会の申込受付を開始しました。

詳しくはコチラをご覧ください。

和光小学校の説明会はすべて事前のお申込みをいただいております。

定員に達し次第、受付を終了しますのでご了承ください。

お問い合わせは和光小学校事務室(03-3420-4353)までお願いします。

アイヌと沖縄

ブログ担当 低学年ブログ タグ: ,
P9240170

いちょうまつりもいよいよ約2週間後にせまってきました。今日はミニ屋上で1年生がアイヌの踊りで使うエムシ(剣)をやすりがけしていました。自分で使う道具を自分で磨きます。

気持ちをこめて一生懸命にやすりがけをする1年生。

P9240160

その途中、グランドに6年生のエイサーが出てきました。

4月からお世話になっている6年生のエイサーです。やすりがけそっちのけで、グランドに釘付けです。

P9240167

1年生の帰りの会では、「6年生の太鼓の音がすごかった」と発言する子どもも。

1年生のアイヌと6年生のエイサー(沖縄)が何となくつながった瞬間でした。

P9240170

 

 

5年生 総合学習「食」〜こんにゃくは難しい~

ブログ担当 高学年ブログ タグ: , ,
kon3

5年生は総合学習「食を考える」で一つの食材を研究します。1組はこんにゃくを題材にして10月のいちょうまつりでの試食の店でお客さんの評価をもらう予定です。

kon1

こんにゃくいもを砕いて凝固剤をいれてねりこみます。ねってもねってもなかなか固まらないので不安が生まれてきました。

kon2

このグループはこんにゃく粉から作ります。順調に作業が進みます。

kon3

タピオカがブームですが、こんにゃくのおいしさをドリンクで試してみようというグループです。ただ、小さく丸めるのがものすごく難しい!

kon4

クラスで一番人気の「玉こん」を作ります。おおぶりの玉こんにゃくができました。

このあと職員室にでかけて仕事中の先生たちに試食してもらいたくさんのアドバイスをもらって、次回の試作にいかします。こんにゃくが食生活の中でどのような位置にあるのか?まずは自分たちでおいしいこんにゃくをめざし、いずれ健康問題ともからめて考えていく予定です。

2年生 パン屋さんにパン作りのコツを教わりました

和光小学校 低学年ブログ タグ: , ,
s-IMG_9045

パン作りに取り組んでいる2年生。
これまで2回パンを焼いてみて、生焼けだったり、焦げてしまったり、課題もありましたがだんだん上手になってきました。

先日は地元のパン屋さん「ダズンフォー」のご主人に来ていただき、プロの技を教えていただきました。 (さらに…)

9月27日(金)は夜に語る会です!

和光小学校 お知らせ, 入試情報新着 タグ:
20171220blog1

和光小学校の大人気企画「夜に語る会」。

今年度の2回目は、リクエストのあった、和光高校の先生をお呼びしての語る会です!

事前予約不要、どなた様もご参加いただけます!ぜひたくさんの方に来ていただきたいです!

和光小学校 夜に語るシリーズ2019

『異文化を理解するってどういうこと?』

日時:9月27日(金)19時~20時30分
場所:和光小学校 第一会議室
話者:和光高校英語科 相良 武紀 先生(サガラタケノリ)

相良先生からのメッセージです↓↓↓

英語(外国語)を学ぶ人間間的目的は、相手(外国人の文化)を学ぶためです。

観光客だけでなく、日本で暮らす外国人を身近に感じる(ぐらい国際化が進んでいる)いま、外国語を学ぶ意味や異文化を理解する意味が、国家的にも、日常的にも問われていると思います。

紹介させていただくのは、高校2年生の自由選択科目『異文化研究I』の取り組みです。

異文化共生とは言うものの具体的に「異文化と共生する。異文化を理解するとはどういうことか」。

だれにとっても大切なはずの問い。

でも、実はとても論争的なこの問いを、日本で暮らす外国人高校生との交流を通じて具体的に模索していく、和光高校生の一場面を紹介します。

そして異文化(他者)を理解するとはどういうことか、またその外国語教育とのつながりについて、みなさんと考えます。

 

※自転車での来校も構いません。
※保育体制はとれませんが、子どもは理科室でDVDを観て待つことができます。一緒に話を聴いても構いませんが、理科室以外の場所で遊んで待つことはできません。
※問い合わせ:和光小学校事務室(03-3420-4353)まで

10月6日(日)はいちょうまつりです!和光小学校への受験を検討されている方はぜひ遊びに来てください!

和光小学校 お知らせ, 入試情報新着, 全校 タグ:
ichomatsuri2019

和光小学校は子どもたちとつくりあげる行事に力を入れています。

毎年10月には、子どもたちのお店と民舞を披露する「いちょうまつり」を開催しています。

ichomatsuri2019-1

今年のいちょうまつりは10月6日(日)です。

子どもたちの手づくりのお店が並ぶ「まつりの広場」は10:00より

学年ごとに民舞を発表する「おどりの広場」は13:20より

和光小学校の生き生きとした子どもたちの様子をぜひ見に来てください。

なお、11:00より受験を検討されている方向けに、副校長による見学ツアーを行います。

見学にあたり事前のお申込みは不要です。直接学校へおこしください。

お問い合わせは和光小学校の事務室まで(03-3420-4353)

※子どもたちの安全を守るため、外部参観者の方には身分証の提示をお願いすることがあります。

 

 

 

 

台風のため本日9日は休校とします

和光小学校 お知らせ
wako-mark3

台風ため、本日9日は休校とします。

沖縄DVDを見る会や、夏休み研究の全校発表も、残念ながら今日はできません。

振替日程など決まりましたら、あたらめてホームページでお知らせします。

子どもたちの夏休みの研究発表が盛り上がっています

和光小学校 高学年ブログ タグ: ,
201909happyoIMG_0695

2学期が始まって一週間。どの教室でも夏休みの研究発表が盛り上がっています。

低学年の子どもたちは「コツコツ・ドカン」に取り組みます。何かを毎日コツコツ続けることと、何か1つドカンとチャレンジしてみよう、という取り組みです。

4年生からはそれぞれ総合学習のテーマにからめて研究を深めます。4年生は「水・川」、5年生は「食」、6年生は「沖縄・戦争」などが主なテーマです。

5年生の教室では「食」に関わった研究の発表が行われています。このクラスは「食」の中でも「うどん」にテーマを定めて、試作したり研究したりしています。

1学期に2回の試作をした子どもたち。「(1学期に)班で作ったときに、太さがバラバラで見た目がおいしそうに見えなかった。だから、みんなが『美味しい!』『食べやすい!』と思ってくれるうどんにしたいので、太さの研究にした。」と、これまでの学習を土台にして研究をスタートさせていました。

201909happyoIMG_0700

研究のテーマややり方は人それぞれ。この子は地元のいろんなうどん屋さんを訪ねてインタビューし、それぞれの特徴をまとめました。

201909happyoIMG_0695

うどん作りの「技」に焦点を定めた子は、地方のうどん屋さんまで出向いて直接指導を受けてきたそうです。

201909happyoIMG_0691

このようにそれぞれ調べたことが合わさって、2学期の班でのうどん作りは深まっていくのです。

さらに「食」という学習テーマで考えを深められるものも。この子はスーパーで売っている「安いうどん」と「高いうどん」の違いを調べました。その結果、安いうどんには外国産の小麦粉が混ざっていることがわかったのです。「なんで外国産を混ぜるの?」「なんで外国から持ってきているのに安いの?」「外国産の小麦粉と国産の小麦粉はどう違うの?」聞いている子にも疑問がたくさん生まれました。ここで生まれた疑問は、来月に千葉県多古町の農家を訪ねて調べてみようと思います。

201909happyoIMG_0727

「食」の中では「それ食べるの!?」というテーマも。おもしろいとこに着目したね。

201909happyoIMG_0718

 

こうして研究を深めた子どもたち。ここからさらに研究と試作を重ね、10月6日(日)のいちょうまつりで班ごとにうどん屋さんを出店します。

どんなお店ができるか楽しみですね。ぜひ皆さん、5年生のうどんを食べに来てください。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する