月別: 2019年12月

「激動の2学期でした」 ~終業式、子どもたちの発表~

和光小学校 校園長ブログ
kitayama2

20日は2学期の終業式でした。各学年の子どもたちから、2学期を振り返っての発表があります。

1年生は両クラスから8人が出て話しました。緊張して小さな声になってしまうと、聞いている全校の子どもたちが息を潜めて耳を傾け、相手に気持ちを向けるということはこういうことなのだと感じました。

「アイヌデーで料理を作って食べたこと」「コマを回せるようになった」「みんなで(2年生の)劇を見たのが楽しかった。みんなで(国語で)ぱなんぺ(の話)をしたのが楽しかった」「(算数の)じゅうらしっくぱーく、すごく速いのができてうれしかった」「鉄棒が苦手だったけど体育をはじめてだんだん成長したなと思う」「いちょうまつりで友だちとうちわづくりをしたのが楽しかった」「前まで友だちがいなかったけど、なつめさんが友だちになってくれたから友だちができてとてもうれしかった」

2年生は2組の人たちが二学期俳句を発表しました。学習、活動の節目に五七五で表現しています。

「プールでね、およげるようになったんだ」「九九だよね、三のだんだよ はやくちだ」「おうさまは こえが大きく うるさいな」「むずかしい かんじのテスト がんばるぞ」「がんばった みんなのげきが せいこうだ」「パンづくり カチカチパンが フワフワに」「あらうまだ はげしくおどる たのしいな」

3年生はけん玉に取り組んでいます。技を見せてくれる人たち、と声をかけると、学年の半分以上の人が前に出てきました。「とめけん」「飛行機」など難しい技も披露してくれました。11月の東京韓国学校との交流でも膝の使い方などを伝授していたことを思い出しました。「もしかめ」は4番まで、歌に合わせてやり続けることができる人がたくさんいて、低学年の子どもたちは釘付けになっていました。

4年生は2人が振り返っての発表をしました。「激動の2学期でした。」と話し始めたじょうくんは、いちょうまつりのこと、多摩川の学習でグループ活動をするとき、もめることもあってたいへんだったけれど、何とかグループでの発表ができて良かった、と結びます。もう一人(すみません、名前を失念しました)の人も、総合学習多摩川でグループ研究をし、伝える会3年生やおうちの人に伝えることができたことがよかった、と話しました。

5年生、かじゅさんは社会科で米作りをしたことを振り返ります。「田植えをして収穫した米、精米しみんなでおにぎりを作った。」と。そうやくんは、いちょうまつりのこと。うどん作りは失敗することもあって難しかったけれど成功してよかった、と話しました。

6年生はやはり沖縄学習旅行のことでした。夜の学級集会でみんなで討論し、戦争や平和のことを考えた、とゆうとくん。ゆうごくんは、フィールドワークをしたこと、3年ぶりに座間味島に渡り、座間味の海で泳ぐことができたことが心に残っている、と語りました。

この2学期も、一人一人の子どもたちのこころに刻まれる学びが豊かに展開されたことを感じる発表でした。

子どもたちの発表に先立ち、先生を代表して、と私からは以下のような話をしました。


おはようございます。

今日は2学期最後の日です。そして、もうすぐ2019年が終わります。

今年1年を振り返ったとき、私のこころに残っている2人の人のことをお話しします。

1人は、124日アフガニスタンという国で銃撃されて亡くなった中村哲さんというお医者さんです。

15年ほど前、私が所属する研究会に中村哲さんに来てもらってお話を聞きました。中村さんは子どもの頃から昆虫が好きで、珍しいチョウが見られるかもしれない、と思ってパキスタンという国へお医者さんとして行ったそうです。その後アフガニスタンへ行って治療を続けますが、雨が降らないで畑の作物がまったく作ることが出来なくなる大干ばつに襲われ、たくさんの人が亡くなりました。清潔な水と食べ物があれば治る病気でも亡くなってしまう人たちがいることに心を痛めた中村さんは、井戸を堀ることを思いつきます。その後15年以上にわたって畑に水を送る用水路を建設し作物をたくさん育てることが出来る手助けをしています。

私がお話を聞いたのは井戸掘りを始めた頃でした。お医者さんでありながら現地の人たちの暮らしを守るためにどのようにすればいいかを考えて活動していて、すごい人だと思いました。

アフガニスタンという国は、まだ銃で襲われたり爆弾を仕掛けられたりするような不安定な地域ですので、中村さんも十分に注意をしていたのですが、襲われてしまいました。日本の人たちにとっても、アフガニスタンの人たちにとっても、たいへん大切な人が、このような形で命を落とされたこと、ほんとうに残念で悔しくて仕方がありません。

生前中村さんは息子さんに、大切にしている3つのことを話していたそうです。

1つめは、家族はもちろん人々の思いをくみ取ること

2つめは、物事にとって何が必要であるかを見きわめること

3つめは、その必要なことのために行動を起こすこと

なのだそうです。

この話を聴いて、もう一人今年こころに残っている人のことを思い出しました。

それはグレタ・トゥーンベリさんというスウェーデンの16歳の女性です。

グレタさんは、今年の9月、地球温暖化を防ぐための行動を起こして欲しい、と国連で世界中の人たちに向かって話をしました。12月には世界の環境を考える会議でも話をしています。自分たちの利益だけを考えていると、やがて地球の温暖化が進み、たくさんの災害が起こる、ということを一生懸命訴えました。

若い人がこれからの地球環境のことを考えていっしょうけんめい訴えている姿を見て、心を打たれるとともに、私たちは今どういう行動を起こさなければならないのか、を真剣に考えなければならないのだと思いました。

2学期の最後に、もう一つみなさんにお伝えしたいことがあります。

和光小学校の映画ができました。去年1年間、テムジンさんという会社の人が和光小学校の授業や活動などを撮影し、映画に仕上げてくれました。題名は校歌の中のことば「あこがれの空の下」です。

今日の夕方、鶴川駅のそばの和光大学ポプリホールで初めての上映会があります。おうちの人といっしょに観に行く人もいることでしょう。

私も仕上がったものを観るのは初めてなので、とても楽しみにしています。

では、2学期のこと、今年1年のことを振り返りながら、来年1月、またみなさんに会うのを楽しみにしています。


クラウドファンディングのお願い

和光小学校の1年を追ったドキュメンタリー映画「あこがれの空の下」ができあがりました。20日、和光大学ポプリホールにて行った第1回の学内上映会には120名を超える方々のご参加をいただきました。ありがとうございました。

NHKの番組を多く手がけていらっしゃるテムジンさんが、和光小学校に通い続けて撮影、編集を行ったこの作品、教員とはまた違った視点で授業を見つめ、子どもたちを見つめ、和光小学校のを描いています。

12月の上映会に参加できなかった幼稚園、小学校の保護者のみなさま、和光学園関係者のみなさまに向けて、第2回上映会を予定しています。

2020117日(金)1230~  1700    (ともに開場は30分前)

この日も二部制とします。子どもたちも保護者の方といっしょに参加できます。

どうぞみなさまお誘い合わせの上、お越し下さい。

もう一つお願いがあります。この作品はスポンサーがついているわけではなく、制作費のためのクラウドファンディングを募集しています。まだまだ目標額に到達していません。どうぞ多くの方に広めていただき、クラウドファンディングのご協力もいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

詳しくはHPをご覧下さい。  URL:子どもが教育の主人公.jp

ではみなさま、よいお年をお迎え下さい。

東京韓国学校との姉妹校締結をおこないました

和光小学校 お知らせ, 校園長ブログ
17282472

3年生は総合学習「韓国」に取り組んでいます。
ことば、食、文化などに触れ、日本語、日本の文化と似ているところ、違うところを発見し、おとなりの国韓国に関心を広げていきます。
10年以上に渡って韓国、中国の学校との三カ国交流を行ってきていますが、3年生は東京韓国学校、総合学習「中国」に取り組む4年生は横濱山手中華学校との交流も続けています。

今年は、それぞれの学校との交流が5年目を迎えたこともあり、今後も交流を続けると共に、教員たちも共に研究活動を進めることが出来るよう、姉妹校締結を結ぶことにしました。

今年も3年生は11月に東京韓国学校を訪問し、文化体験をさせて頂き、遊びやゲームでの交流を行いました。先日12月9日、東京韓国学校の鄭校長先生、李教頭先生、国際交流担当の金先生に和光小学校に来て頂いて、姉妹校締結式を行いました。

16391219

姉妹校締結宣言文は以下の通り。
それぞれにサインし、交換しました。

和光小学校と東京韓国学校は、子どもと教師の活発な国際交流を通して友好協力関係を創りあげていくことを約束し、姉妹校として締結することを宣言します。子どもの発達段階にふさわしい方法で活発な国際交流をすすめ、また、教師の交流を通して初等学校を先導する教育プログラムを開発し、共有することに最善を尽くします。グローバル時代を迎えて、両国の文化と伝統を尊重し、平和と共存の課題を掲げた国際市民を育成するために、積極的に共同することを約束します。これにともない、本宣言文を日本語と韓国語で作成し、両学校にて永久に保管するものとします。

ある日の休み時間の風景

和光小学校 全校
IMG_0054

いちょうの木がすっかり色づき、そしてあっという間に葉が落ちてしまいました。木の根元にはたくさんの黄色い葉っぱが。小学生もとなりの幼稚園の子たちも、その葉っぱを集めて遊んでいます。秋晴れのある日の昼休み、ベランダから外を眺めていると、いろんなところで子どもたちが遊びに興じています。
(さらに…)

「あこがれの空の下」上映会(和光学園関係者)

ブログ担当 お知らせ, 校園長ブログ タグ: ,
和光学園関係者のみなさま
12月20日(金) 17時から上映予定の和光小学校ドキュメンタリー映画「あこがれの空の下」に参加したいというお問い合わせがたくさん寄せられています。
会場は300名定員となっているため、せっかくお越し頂いても入りきらないと申し訳ないことになってしまいますので、会場のポプリホールとも相談し、二部制とさせていただきます。
第1回上映 17時から18時47分 (開場16時30分)
第2回上映 19時30分から21時17分分 (開場19時)
会場はいずれも和光大学ポプリホール鶴川(町田市能ヶ谷1-2-1 最寄り駅:小田急線鶴川)
和光学園関係者の方でしたらどなたでもご覧いただけます。
どうぞみなさまお誘い合わせの上お越し下さい。
和光小学校 校長  北山ひと美

うたの会が行われました♪

ブログ担当 全校 タグ:
PC130142

3年生から6年生までが集ってうたやリコーダー、演奏を聴き合う”うたの会”が行われました。音楽の授業の延長線で、子どもたちがお互いに音を聴きあい愉しむために、ステージをコの字にしています。みんなで合唱の後は、うたの会初登場の3年生です。とっても元気な演奏でした。

PC130147

4年生は、面白い楽器が沢山登場しました。

PC130157

5年生の歌声は胸に響きます。さすが5年生です。

PC130164

高学年のリコーダー鉄人と有志のみんなによるリコーダーの演奏。色々なリコーダーとその音色に驚かされます。

PC130171

教職員もうたの会に参加させてもらいます。毎朝毎朝こっそりと練習を積み重ねてきました。

PC130176

うたの会には毎年、和光学園に関わる方にゲストとして登場していただき、演奏を聴かせてもらっています。今年は、和光中学校のブラスバンド部の皆さんに来ていただきました。卒業生のよく知った顔もあり、子どもたちもうれしそうだったり、憧れの目で見ていたり。

PC130183

最後は6年生の演奏です。今年は全員が三線を持っての演奏にも挑戦しました。沖縄の学習をくぐってきた6年生の気持ちがビシビシと伝わってきて、涙なしでは見られませんでした。

PC130206

最後は全員合唱で会は締めくくられました。

PC130214

今年もステキなうたの会となりました。子どもたち、和光中学校の皆さん、参加してくださった保護者の皆さんありがとうございました。早くも教員たちは「来年なにを歌おうか??」という話題にもなっています(笑)

1年生の麦まき

ブログ担当 低学年ブログ タグ: ,
PB290486

1年生は近所の畑に麦まきに出かけました。麦を育てて収穫し、2年生にあがったらパンを作るのです。まずは麦まきのやり方、気をつけることのお話しを聞きました。早くやってみたくてウズウズします。

PB290475

一人一握りの麦をもらって麦まきです。一粒一粒大切そうにまく姿が印象的でした。

PB290491

いったいどんな風に生長するのだろう??そんなことを考えながらの麦まきはあっという間に終わってしまいました。

PB290484

出かける前に、「麦ってなぁに??」と聞くと、「お米!」「おもち!」「そば!」…など色々な物が出されました。普段口にするものも、子どもたちにとってはブラックボックスです。そんな子どもたちの生活だからこそ、作物を一から育てること、その物から自分たちで試行錯誤しながら作る体験が大切だと考えています。もうそろそろ芽が出るころかな?楽しみです。

人形劇を楽しむ低学年

ブログ担当 低学年ブログ タグ: ,
PC050059

世田谷キャンパスは、小学校と幼稚園があります。先週、低学年の子どもたちは人形劇の世界を楽しみました。演じてくれたのは、幼稚園の人形劇サークルのお家の皆さんです。

PC050054

暗い舞台に、人形たちが浮かび上がる不思議な演出に、子どもたちはひきこまれていました。

PC050045

終わった後は「アンコール!アンコール!」その子どもたちの声に応えてくれるのは、さすが和光幼稚園の保護者の皆さん!これだけ多くの方が関わってくださっていたことにビックリ!

PC050063

本当にありがとうございました。同じキャンパスで幼稚園と小学校が共に生活していることの良さを改めて実感した一コマとなりました。

和光小学校校歌の2番

ブログ担当 全校 タグ: ,
PC040017

和光小学校の校歌『この道をゆく』の2番はこんな歌詞です。

「庭のいちょうが 黄色くもえて こずえを見れば 歴史の流れ 夢をえがいて つどう人たち 未来への空の下 ぼくらはみな 希望をいだいて 歩きつづける」

PC040018

和光小学校のいちょうの木が、まさにこの歌詞のように美しかったので、思わずパシャリ!

PC040016

夢をえがき、希望をいだき、これからも歩んでいきたいと思います。

5年生社会科 お米づくりと収穫祭

和光小学校 高学年ブログ タグ: ,
20191205IMG_231800

5年生は社会科で米づくりに挑戦します。

学校のある経堂から電車に乗って、鶴川にある田んぼを借りて活動しました。

代掻き、田植え、稲刈り、籾摺り、精米…いろいろな活動を体験しました。

この日は今年も無事に収穫できたことを祝い、みんなで収穫祭を行いました。

 

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する