月別: 2021年7月

豊かな学びを保障するための環境整備が進んでいます。

ブログ担当 お知らせ, 全校 タグ: , ,

この夏休みを利用して、いくつかの工事が進んでいます。その一つが、体育館の空調工事です。

IMG_3089

近年の夏の暑さは、子どもたちの活動を大きく制限しています。暑さによる体調不良になることを心配せずに、学習や活動が行えるように空調設備を入れることにしました。

IMG_3086

IMG_3087

順調に工事が進んでいます。

IMG_3085

2学期の始めも、残暑が厳しいことが予想されます。そんな時に、力を発揮してくれることでしょう。

もう一つは、教室のプロジェクター設置工事です。

IMG_3095

子どもたちが持ってきた”発表”の物を、大きく映し出すことができたり、色々なことが考えられます。

IMG_3094 (1)

2学期からの学習と生活が今から楽しみです。工事をしてくださっている皆さん、ありがとうございます!

5年生 初めてのみずがきキャンプ

ブログ担当 高学年ブログ タグ: , ,
P7150518

少し前の話題になってしまいますが、5年生は初めてのみずがきキャンプに行きました。例年であれば、兄弟班の6年生が隣のサイトにいて色々と教えてくれるのですが、今年度はコロナ対策として、単学年でのキャンプでした。

5年生の登山は鷹見岩を目指します。来年登る瑞牆山と途中まで同じ道なので、来年に向けた練習でもあります。

P7150392

山小屋の前でホッと一息。疲れた体に水やアメがしみわたります。

P7150413

最後のひとがんばり!鎖をつたって登ると、鷹見岩に到着です。

P7150451

残念ながら、景色は真っ白。本当は良い眺めなのですが…。

P7150452

さぁ、下山です。おりる時も慎重に…、難しいです。

P7150495

登っている時には降っていた雨も、下山中には晴れ間も見えてきました。

P7150518

キャンプサイトに戻った後は、すぐに夕食作り。6年生が一緒だと、6年生が夕ご飯を作って待っていてくれるのですが…。

P7150526

夜はキャンプアイヤーもすることができました。空を見上げると満天の星空です。

P7150536

最終日は朝から良い天気で、撤収作業、片付け作業もはかどりました。

P7150529

泊数は少なく、単学年でのキャンプ…と、例年通りのみずがきキャンプとはなりませんでしたが、子どもたちにとってかけがえのない体験となりました。来年こそは、通常のキャンプができますように!

9月7日(火)共同教育対象説明会について

ブログ担当 入試情報新着 タグ:
wako-mark3

9月7日(火)の共同教育対象説明会は、現在の所、来校していただいての対面開催の予定でおります。ただ、緊急事態宣言の状況、新型コロナウイルス感染防止対策のため、参加人数を絞らせていただくと同時に、いくつかの参加条件を作らせていただきます。以下の参加条件を読んでいただき、ご理解の上お申し込みください。申し込み受付は、8月2日(月)を予定しております。尚、今後の状況によりオンラインでの実施や中止などもありますので、メールアドレスをお間違いのないようにお願いします。

<当日のプログラム>

9時30分~

・ごあいさつ

・授業参観

・共同教育の話

・入試について

11時30分 終了予定

※プログラムは変更される場合があります。

保護者の方の参加は1名に限ります。ただし、未就園児は会場にお連れになっても構いません。(保育体制はとっておりません。)

年長児(2015年度生まれ)、年中児(2014年度生まれ)のお子さまが対象です。

・参加人数を制限するため、お申込み後のキャンセルがないようお願いします。ご都合により参加できなくなってしまった場合には必ず学校まで連絡をしていただきますようお願いします。

・説明会の1週間前より、検温と健康観察を行っていただき、1週間の中で平熱よりも0.5度以上の発熱があった場合、体調不良の場合は、参加をお控えください。

・当日、入校していただく際も非接触型体温計により、検温させていただきます。

・校内に入る際には、手の消毒と、マスクの着用をお願いいたします。

・スリッパ、水筒をご持参ください。

 

1学期終業式での話し

ブログ担当 全校 タグ: , ,
P7210541

終業式での副校長のことばです。せっかくの夏休み、体験を通した研究を追求してもらいたいです。

 

「今年、増田先生は5年生と6年生のみずがきキャンプに参加しました。このみずがきキャンプでとても不思議な体験をしました。7月14日(水)、6年生のキャンプ最終日のお昼に、みずがき山荘のご主人が作ってくれた鳥丼弁当を美味しくいただきました。そのお弁当を食べた瞬間に、フーッと力が抜けて、何もやる気がしなくなってしまったのです。増ちゃんにとってはキャンプの折り返し地点、これから5年生のキャンプが始まるというのに、体の力が抜けて立てなくなってしまいました。自分の体に何が起こったのか!?ビックリしてしまいましたが、しばらくしてその理由がわかりました。このみずがき山荘の“鳥丼弁当”は、毎年必ずキャンプ最終日のお昼、バスで出発する直前に食べます。つまり、このお弁当を食べる=キャンプの終わりなのです。お弁当を食べたら、あとはバスに乗って東京に帰るだけ。それまでピーンと張っていた“気持ち”が一気に緩むのです。数えてみると、2006年に初めてみずがきキャンプに来てから、今年はちょうど10回目のみずがきキャンプでした。長い間、安定した美味しさを保っているみずがき山荘の鳥丼弁当だけに、その香りと味が、増ちゃんの体の中に沁みついていました。その体が勝手にみずがきキャンプの終了の信号を出したのです。では、そこからどうやってもう一回“みずがきスイッチ”を入れたのかと言うと…栄養ドリンクを飲んだことと、突然の雨に降られてしまい、その対応に追われてそれどころではなくなってしまったことでした・・・。

これから夏休みが始まります。まだまだ新型コロナウイルスが流行っているので健康と安全には十分に注意しつつ、沢山遊んで楽しい夏休みにしてもらいたいと思っています。しかし、せっかくの長い休みなので、普段なかなかできないような研究や工作、“コツコツドカン”に挑戦してもらいたいとも思っています。残念ながらインターネットからは匂いや味を感じることはできません。実際に行ってみたり、やってみたりすると、その場所や、物の匂いや香りを感じることができます。人間の五感の中で、記憶に最も直結しているのは嗅覚(匂い)なのだそうです。その“研究”に取り組む中でかいだ香りは、一生自分の中に残り続けます。増ちゃんは、今でもホームセンターの木材売り場に行くと、小学生の夏休みに取り組んだ木工作のことを思い出します。おもて面に紹介した伊藤幸太さんは、和光小学校の卒業生であり、総合学習や夏休みの研究の中で、カンカラ三線を作ったり、「南灯寮」に出かけたり、研究を深めて今の幸太さんにつながっているのです。自分の人生や生き方につながる、そんな研究を!…とは言いませんが、自分の体を通して一つのことをつきつめてみること。そうすると、きっとみんなの中に何かが残ると思いますよ。増ちゃんの“鳥丼弁当”のように。皆さんの夏休み研究、コツコツドカンの発表を楽しみにしています!充実した夏休みにしてくださいね。1学期、本当にお疲れさまでした。子どもたち、お家の皆さん、先生たちも!

6年生のみずがきキャンプ

ブログ担当 高学年ブログ タグ: , ,
P7130372

6年生は山梨県にある瑞牆(みずがき)山の麓でキャンプを行いました。テントを張って、食事も自分たちで作る本格的なキャンプです。

P7120320

キャンプ委員を中心に、より充実したキャンプになるように、夜も会議が持たれます。

P7120328

山頂は2230mの瑞牆山の登山にも挑戦しました。大人にとってもなかなか険しい山です。

P7130345

がんばって登った頂上からの眺めは格別です。

P7130359

P7130372

せっかく登ったのに、おりるのが残念。

P7130380

疲れた体に、自分たちで作ったラーメンがしみわたります。

P7120325

コロナ禍のキャンプで、様々な制約がありましたが、子どもたちに育つものが大きかったです。学校通信の文章も合わせてご覧ください。

 

<合宿・キャンプで育つものの大きさ>

みずがきキャンプで、食材をキャンプサイトまで届けてくださり、毎年お世話になっているM商店のお母さんが、「このような時期に送り出してくれる和光の父母の皆さんがすごいですね。保護者と先生方の熱意ですね。」とおっしゃっていました。本当にその通りだと思っています。

梅雨明け前の合宿(キャンプ)では、ずいぶん雨に打たれた学年もありました。大変な想いもしましたが、長年みずがきキャンプのキャンプサイトの管理人を務められているFさんのことばがとても印象的でした。

副校長「きのうの夜は雨に降られてしまって大変でした・・・」

Fさん「そうだったねぇ。でも、雨の防ぎ方を学んだり、山の中での雨だったり、子どもたちにとって良い経験ができたんじゃないのかね。」

そのことばにハッとさせられました。雨が降るとなかなか大変です。子どもたちも、私たちも雨に降られたくないと願っているのですが、合宿での出来事の一つ一つが子どもたちにとってはかけがえのない体験なのです。大変なことを避けたいのであれば、山登りだって、そもそもキャンプに行くことだってやめれば良いのです。でも、そこでしか経験できないこと、そこだから経験できることがあり、そのために私たちはわざわざ“大変な”想いをして出かけるのです。6年生のキャンプでは、初日の「生活点検」ですべての班がテントのフライシート(雨よけのシート)を開けたまま夜の散歩に出かけて行きました。ご想像の通り、フライシートを開けたまま雨に降られてしまうと、テントの中に降りこんで、中がぬれてしまいます。その夜6年生は大雨に見舞われました。登山靴を濡らしてしまう子どももいました。そういう“失敗”をしながら、翌日の生活点検では、すべての班のフライシートが閉められ、コンロ台の雨対策、濡れてしまうと困るものへの対策等、しっかりと考えて行っていました。

登山中に、(登山が嫌いな子どもから)「なんで山登りなんかするんだよー!」と聞かれました。よくある質問ではありますが、今年はなぜかとても考えてしまいました。どのように答えたか、何を考えたのかはここには書きませんが、その子とのやり取り自体が良い時間だったなと思っています。

3年生以上は、例年とは異なる2泊3日の行程としましたが、たった3日間の中でも子どもたちの中に育つものの大きさを改めて感じました。帰宅後に、我が子がなかなか合宿(キャンプ)のことを語らずにもどかしい想いをされているご家庭も少なくないと思います。しかし、子どもたちは確実に2泊3日の充実した体験をしてきています。その体験が“ことば”になるまで、ゆっくりと待ってあげてください。 くり返しになりますが、コロナ禍での宿泊行事にご理解とご協力をいただきましたことを心より御礼申し上げます。

P7120319

1学期の終業式が行われました。

ブログ担当 全校 タグ: ,
P7210545

1学期の終業式は、新型コロナウイルス感染防止と、熱中症予防のため、全校では集わずに放送で行いました。児童会執行委員長からは、1学期に行われた児童会主催の催し物の話しと、長年児童会が「学校への要求」に掲げてきた体育館の空調工事がいよいよ行われることの話しがありました。

IMG_9554

IMG_9557

(写真は、催し物の受付で、執行委員の子どもたちががんばる様子です。)

執行委員長からは、「皆さん、夏休みはコロナと熱中症に気をつけて楽しくすごし、2学期もがんばりましょう。」と締めくくってくれました。

色々なことがあった、とても濃い1学期でした。子どもたち、お家の皆さん、お疲れさまでした。健康と安全に気をつけて、充実した夏休みにしてください。

1年生 ポシェット縫いに挑戦!

和光小学校 低学年ブログ タグ: ,
20210720IMG_85932

入学してから3ヶ月が過ぎた1年生。いつの間にか40分の授業にもすっかり慣れ、ひらがなの勉強やたし算ひき算の勉強も頑張っています。

夏休みが近づいたこの日、1年生の子どもたちはポシェット縫いに挑戦しました。うまくできれば、10月のいちょうまつりでは財布として使おうと思っています。

2枚のフェルトを重ねて、ひと針ひと針縫ってきます。

20210720IMG_8594

糸が足りなくなったら玉留めし、新しい糸に付け替えます。うまくいかないところは先生に手伝ってもらいながら、自分で針を進めます。

20210720IMG_85952

上手に縫えたら紐をつけて完成!(完成の写真は撮りそびれましたのでまたいつか…)

針と糸が得意になった子どもたち。2学期にはアイヌのマタンプシとテクンペを刺繍してみるからね〜!

 

2年生 パチパチとんだ!

和光小学校 低学年ブログ タグ: ,
image_6487327 (1)

千葉県の多古町から頂いた麦を脱穀したよ。
脱穀機は、足で踏みながら使うんだよね。

image_72192707

麦を機械に押し当てないと、上手く実が取れない!

image_123927839

飛んできた穂を、団扇であおいで…「実があった!!!」

image_6487327

「1本でもできるのかな?」うーん。なかなかうまくいかないね。

image_6487327 (1)

実をひろったあとは、麦の観察絵日記。
「脱穀機よく見て描きたい。」
よーく見てみてね。よく見るとおもしろいね。

image_6487327 (2)

「はやく、これでパンを作りたいー!」
このままだと、パンにはできないから…
2学期には、この実を粉にして小麦粉を作ろうね

 

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する