「この映画でさらに学校の取り組み方がわかりました。」

ブログ担当 全校 タグ:
sakura

映画『あこがれの空の下』の学内上映会が行われています。観て下さった方から感想も届いているので、一部紹介させていただきます。

「今日、映画を観せていただきました。孫が和光小に通っています。学校の様子や授業の仕方を孫から聞いていましたが、この映画でさらに学校の取り組み方がわかりました。先生方の熱意、それを受ける子供達の様子、観ているうちに感動してウルウルしてしまいました。孫は学校が楽しいらしく、コロナで学校が休みになり、お友達にも会えなくなり、学校が再開する日、あまりに嬉しくて熱をだして休んでしまいました。祖母からすると、学校が楽しいと言うことは、とても嬉しいことです。これからの成長も楽しみにしています。とても良い機会をありがとうございました。(在校生保護者)」

 

「映画はどんな内容なのかとても楽しみにしておりました。実際に拝見させて頂き行ってみて本当に良かったと思っています。先生方の手作りの教科書を作成していく過程を見て、子供達が目にするもの、触れるものへの、先生方の情熱やとても時間をかけている様子を見て、こんなにも子供達の事を、思ってくださる学校があるのかととても感動しました。卒業式での先生のお言葉からも子供達への愛を感じました。石巻や沖縄での視察も感動しました。ほんとうにありがとうございました。(外部の方)」

 

「授業の様子を見させていただき、対話することの大切さを改めて感じました。間違いや、ハテナ?を認めて受け入れて下さる先生方だという安心感があってこそ、子供達が意見を言え、自己肯定感を高く持ち続けることができ、多様な意見を受け入れられる人になれるのだと思いました。「自分が楽しければいいのか、世界中にある問題を自分ごととして捉え行動すること」は私が常に意識していることでもあります。難しいことですが、自ら調べ考えたり、想像すること、行動力、本当に大切だと思います。沖縄についての学びから現地へ行って感じることで、自分のこととして捉えられるように成長していく、この学びが大人になってからではなく小学生から得られることは、とても幸せだと思います。運動会で皆が協力して懸命に取り組んだあとの涙、卒業式での涙、先生方も子供達も本気で関わり合い思い出がたくさんあることを想像し、とても感動しました。和光小学校は大事なことをたくさん教えて下さる学校だと感じました。ありがとうございました。(外部の方)」

 

「今回この映画を鑑賞させていただき、和光小学校とはどんな学校で、どのように子どもたちが成長していくのか、またそれを支える大人たちがどんなサポートをして、経験させていくのかが、よく分かりました。映画全体を通して感じたことは、先生方が皆、生徒(子供たち)の事が大好きであることがすごく伝わってくるということでした。子供たち個々の気持ちを大切にしていて、その気持を育てていこうとしているなと感じました。生徒一人ひとりがその気持を受取、間違ったことを言ってしまったらどうしよとか、人と違う事を言ってしまったらどうしようという感情を持つことなく、安心のあるフィールドの上で自分の意見を言える環境。今の教育の場でこの事ができている学校がいくつあるのだろうと思うほどです。この映画が一般公開され、多くの教育の現場の方たちや保護者の方が見て、今の教育の現場や家庭での子供への向き合い方が子供主体の環境になり、のびのびとした子供たちが増えることを願っております。2時間近くあった映画ですが、あっという間に終わってしまいました。本当にありがとうございました。(外部の方)」

IMG_1453

 

15日(木)の回も満席になってしまいました。年末から年始にかけて一般公開が予定されています。詳しく決まりましたらお知らせいたします。ぜひご覧いただきたいと思います。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する