種まきとしての教育・種まきとしての映画

ブログ担当 全校 タグ:
Epj8mJbUcAABlcO

『あこがれの空の下』の公開が12月19日(土)より渋谷ユーロスペースにて始まりました。初回の上映後に、卒業生でありジャーナリストの堤未果さんのトークイベントが開かれました。

image_6483441

堤さんのことばの一部を紹介します。

「(中にいる時は気づかなかったのですが、)社会に出てから和光のすごさを実感しました。」

「なぜ?ということを問い続けさせる学校でした。」

「Google先生が何でも教えてくれる時代だからこそ、大切にしたい学びです。」

「こんな今こそ、この映画を多くの人にみてもらいたい。」

「アメリカに行って色々なことがあった。差別もされたし、辛いこともあった。そんな時、背中を押してくれたのが、向き合ってくれた和光の先生たちの姿でした。」

「すぐに答えを出さなければいけないし、すぐに結果を求められる世の中。熟して花を咲かせるまで待ってくれるのが和光の教育。」

「信じて待つ。種まきとしての教育。それが和光の教育。」

「和光と同じで、この映画が教育の、未来をつくる種まきになってくれたら嬉しいです。」

image_50399489

堤未果さんのお話を聴きながら、何度もうなずいてしまいました。私たちが常日頃から考え、意識していることと一致していたからです。結果がすぐに求められる今の時代…スマホに入力すればすぐに情報は入ってくる。そんな時代に生きている子どもたちだからこそ、大切にしていきたい学びとは何か。 映画を多くの方に観ていただきたいのは、単に「和光小学校のことを知ってもらいたい」のではなく、“教育”、“子育て”について共に考えていきたいのだということを改めて思いました。

「種まきとしての和光の教育のように、この映画が種まき、草の根で広がっていくことを願っています。」という堤さんのことばのように、ユーロスペース公開後も、日本全国で自主上映が広がってくれたらいいなと思っています。教育機関、幼稚園、保育園、地域のサークル等、ご関心ある方はぜひお声がけください。

映画館に足を運んでくれた保護者の方の感想も紹介します。

「今日家族で『あこがれの空の下』を観てきました。改めて今日見てつくづく良い学校だ、、子どもという生き物は本当に素晴らしいなと再確認しました。映画を観ながら、和光学園の教育理念『子どもたちが主人公』ということ。改めて、深く受け止めてみたくなりました。『学び』とは何か?何のための学びなのか?『豊かさとは何か?』『自由とは何か?』 先生方の日々の探究心やまた寄り添う姿勢に子どもたちはどれだけ、刺激や安らぎを覚えていくのだろうと思います。答えが一つであったとしても、そこに行き着くまでの子どもたちの発想を大事にして進めていく手作りの学びと授業。本当に今通っているあなたたちは幸せだと思うよ! と。でも、本当ならば、それは和光に限らずどの学校でもそうであってほしい、と願うばかりです。和光が特別なのでなく、このような教育こそがスタンダードになる社会になれば良いのにと思う反面、でももしかしてこういう学校だからこそ、唯一無二の逸材が社会で羽ばたく可能性を秘めた学校なのかもしれないとも思ったりもしました。良い映画でした。沢山の人が見てくれたら良いなと思いました。(在学保護者の方の感想より)」

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する