「頭の中に思い出が入りきれないほど…」3学期終業式

ブログ担当 全校 タグ:
P3240790

1年間のしめくくりでもある、3学期の終業式が行われました。「密」になりすぎないように、1組と2組にわかれての実施です。校長先生の”ふりかえり”を聴いた後は、1年生から5年生の子どもたちが1年間をふり返ったことばを言ってくれました。

P3240785

1年生「こくごで ひらがな、かんじ、としょしつがたのしかった。びじゅつで えはきらいだったけど、こうさくならたのしかった。ともだちがふえてうれしかった。かえるを おりがみでおったのが ほんとうにたのしかった。こまでつよくなったなぁとおもう。たいいくで ねらいがよくなった。おにごっこで あしがはやくなったなとおもった。」

2年生「1年かんでぼくの心にのこっていることはパン作りです。なぜかというと、パンがおいしいと言ってくれたからです。ほかにも心にのこっていることは、いちょうまつりです。なぜかというと、まとあてなど、そういうゲームてきなものがおもしろかったからです。まだ心にのこっていることがあります。それはあら馬です。なんでかというと、しっぱいしたところもあったけど、きれいに はねられたからです。先生、みなさんありがとうございました。」

3年生「3年生になっていろいろなことができました。たとえば、いちょうまつりで自分たちのお店をひらくこと、理科しつに行けることなどです!コロナで3年生の1年間はみじかくかんじたけれども、あたまの中に思い出がはいりきれないほど、思い出ができました。4年生になってもよろしくおねがいします。」

4年生「今年はコロナでえんきになったり、中止になった かもくがあったけど、その中でも中止やえんきにならないで出来たかもくがあったので良かったです。その中で一番いんしょうにのこっているのは多摩川学習です。多摩川を伝える会は、前みたいにおおぜいの人に見せられなかったけど、3年生に見せられて良かったです。5年生になったら「食」の勉強が始まるので、「食」の事をがんばりたいと思っています。5年生はお米を育てるので楽しみです。4年生はすごく楽しかったです。」

P3240804

5年生「今年は色々な事があった年でした。しかし、色々なことがあったからこそ学べたことがあったと思います。例えば、行事がふだん通り出来ることがとうぜんではないなどのことです。このコロナ禍でも、行事や「食」の勉強や稲の勉強ができて良かったです。ぼくの心に一番残っている行事は運動会です。今年は負けてしまったけど、来年はぜったいゆうしょうしたいです。そして、来年は和光小の最高学年の6年生なので、他の学年をひっぱりたいです。」

本当に色々なことがあった1年間でした。皆さんお疲れさまでした!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する