1学期終業式での話し

ブログ担当 全校 タグ: , ,
P7210541

終業式での副校長のことばです。せっかくの夏休み、体験を通した研究を追求してもらいたいです。

 

「今年、増田先生は5年生と6年生のみずがきキャンプに参加しました。このみずがきキャンプでとても不思議な体験をしました。7月14日(水)、6年生のキャンプ最終日のお昼に、みずがき山荘のご主人が作ってくれた鳥丼弁当を美味しくいただきました。そのお弁当を食べた瞬間に、フーッと力が抜けて、何もやる気がしなくなってしまったのです。増ちゃんにとってはキャンプの折り返し地点、これから5年生のキャンプが始まるというのに、体の力が抜けて立てなくなってしまいました。自分の体に何が起こったのか!?ビックリしてしまいましたが、しばらくしてその理由がわかりました。このみずがき山荘の“鳥丼弁当”は、毎年必ずキャンプ最終日のお昼、バスで出発する直前に食べます。つまり、このお弁当を食べる=キャンプの終わりなのです。お弁当を食べたら、あとはバスに乗って東京に帰るだけ。それまでピーンと張っていた“気持ち”が一気に緩むのです。数えてみると、2006年に初めてみずがきキャンプに来てから、今年はちょうど10回目のみずがきキャンプでした。長い間、安定した美味しさを保っているみずがき山荘の鳥丼弁当だけに、その香りと味が、増ちゃんの体の中に沁みついていました。その体が勝手にみずがきキャンプの終了の信号を出したのです。では、そこからどうやってもう一回“みずがきスイッチ”を入れたのかと言うと…栄養ドリンクを飲んだことと、突然の雨に降られてしまい、その対応に追われてそれどころではなくなってしまったことでした・・・。

これから夏休みが始まります。まだまだ新型コロナウイルスが流行っているので健康と安全には十分に注意しつつ、沢山遊んで楽しい夏休みにしてもらいたいと思っています。しかし、せっかくの長い休みなので、普段なかなかできないような研究や工作、“コツコツドカン”に挑戦してもらいたいとも思っています。残念ながらインターネットからは匂いや味を感じることはできません。実際に行ってみたり、やってみたりすると、その場所や、物の匂いや香りを感じることができます。人間の五感の中で、記憶に最も直結しているのは嗅覚(匂い)なのだそうです。その“研究”に取り組む中でかいだ香りは、一生自分の中に残り続けます。増ちゃんは、今でもホームセンターの木材売り場に行くと、小学生の夏休みに取り組んだ木工作のことを思い出します。おもて面に紹介した伊藤幸太さんは、和光小学校の卒業生であり、総合学習や夏休みの研究の中で、カンカラ三線を作ったり、「南灯寮」に出かけたり、研究を深めて今の幸太さんにつながっているのです。自分の人生や生き方につながる、そんな研究を!…とは言いませんが、自分の体を通して一つのことをつきつめてみること。そうすると、きっとみんなの中に何かが残ると思いますよ。増ちゃんの“鳥丼弁当”のように。皆さんの夏休み研究、コツコツドカンの発表を楽しみにしています!充実した夏休みにしてくださいね。1学期、本当にお疲れさまでした。子どもたち、お家の皆さん、先生たちも!

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する