和光小学校ブログ

和光小学校での子どもたちのいきいきとした活動の様子をお届けいたします。

2017年3月25日

三ヶ国交流〜中国に行ってきました〜

和光小学校の異文化国際理解教育の取り組み、日中韓三ヶ国交流。年に一度互いの国に集い、ホームステイなど交流を深めます。

今回のホスト国は中国。和光小学校の3〜6年生有志と、韓国ミラルトゥレ小学校の子どもたちが、中国の杭州にあるグリーンタウン小学校を訪れました。

掲載日時: 2017年3月25日 14:21

ページの先頭へ戻る

2017年3月21日

三ヵ国交流へ出発!

 今年度、和光小学校で10回目の三カ国交流<和光小学校(日本)・グリーンタウン小学校(中国)・ミラルトゥレ学校(韓国)>が開催されましたが、この春休みに11回目の交流が、中国にて行われます。きのう、参加者が成田空港に集合し、元気に出発しました!中国では、三カ国の子どもたち同士での交流はもちろんのこと、3泊ともホームステイをします。6月に会った友だちに再会することも楽しみです!空港では、校長先生の話や、引率する先生から注意事項などを聞き、少しずつ緊張と期待が膨らんでいる様子でした。

IMG_20170320_081732.jpgIMG_20170320_081559.jpg

いよいよ出発です!お家の人たちに見送られながら、旅立って行きました!どんな交流が生まれるのでしょうか?!報告は、近日このブログで行います。

IMG_20170320_085359.jpg

定刻で、杭州の空港に到着した連絡が入りました。

掲載日時: 2017年3月21日 08:15

ページの先頭へ戻る

2017年3月15日

卒業式がありました

今日は卒業式。6年生の旅立ちの日でした。和光小学校の卒業式は、在校生みんなで感謝を込めて手作りします。1年生は6年生の首飾りを作り、2年生は6年生の似顔絵を描き、3年生は紙ばさみを作ります。5年生は6年生に「思い出の場所」カードをプレゼント。4年生は会場準備をしました。

大きな拍手に迎えられ、堂々と入場してくる6年生。

20170315RIMG1321.JPG

舞台の上には本日の主役である6年生が座ります。

20170315RIMG1330.JPG

在校生からは6年生との思い出のメッセージがありました。6年生からは在校生、先生、そしてお家の人へ向けた卒業の言葉と歌がありました。

20170315RIMG1333.JPG

卒業生父母代表の挨拶。お家の方が和光小学校とどのように出会ったか、どんな思い出和光小学校に子どもを入学させたかお話がありました。

20170315RIMG1337.JPG

6年間の学びを終え、無事に6年生全員が卒業証書を手に学校を旅立って行きました。和光小学校で学んだことがこれから彼らの中にどう位置づき、どう力を発揮するのでしょうか。皆さんの活躍が楽しみです。卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。

20170315RIMG1338.JPG

掲載日時: 2017年3月15日 19:40

ページの先頭へ戻る

2017年3月14日

3.11震災の授業 石巻で被災した布を使ったワークショップ(3年生)

和光小では毎年この時期になると、各学年の発達段階に合わせながら
東日本大震災のトピック学習をおこなっています。

今年の3年生は、自分たちが秋に踊った寺崎はねこ踊りのふるさとである
石巻市で津波にのまれて被災した着物の布をつかったワークショップに取り組みました。

このワークショップは、「ちくちくきものプロジェクト」という名前のタペストリー作りを通して、震災の記憶を語り継ごうと活動されている、しおみえりこさんたちによって企画されたものです。

17342137_1690776670947336_883555574_o.jpg

 

 

 

 

 

 

しおみさんたちは、津波で汚れた着物の布を一枚一枚ていねい洗い、
アーティストの衣装としてよみがえらせました。
そして、世界26カ国の人と協力して、このタペストリー作りをしているそうです。

17273259_10211615191924803_248510380_o.jpg

 

 

 

 

 

 

さっそくみんなも、針やボンドを使って、ちくちく、ペタペタ。
被災した布や、もってきたハギレを使って思い思いに自由な模様を作っていきます。


そして・・・はい、完成!
 

17310432_10211615180524518_1745552951_o.jpg

 

17310572_10211615176924428_1968439026_o.jpg

 

 

 

17310468_10211615178484467_1531626175_o.jpgこのタペストリーは、チャリティーコンサートなどで飾られるとのこと。

捨てられてしまいそうだった布が、こうしてみんなの手で作品としてよみがえり、震災の記憶を語り継ぐものとして残っていく。

あれから6年の月日が経っていますが、まだまだ私たちが考え続けなくてはいけない問題がたくさんあります。

ワークショップを通じて、被災地に生きる人々の想いが、少しでもつながればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

掲載日時: 2017年3月14日 23:09

ページの先頭へ戻る

2017年3月10日

3年生 表現活動の時間 パントマイムに学ぶ

 3年生の国語では、3学期の後半「表現活動」に取り組んでいます。
毎年、紙芝居や人形劇など、それぞれ自分のやってみたいことを選び
いろいろな工夫を凝らした表現を考えます。

今年は、プロから学ぼうということで、
パントマイムの方に来ていただきました。

CIMG8991.JPG

 サングラス姿で、某番組のハンターのように登場したのは山下大さん。
パントマイムおなじみの、壁があるように見える動きや、様々なパフォーマンスを見せてくれました。


CIMG9001.JPG


実際にこんな風に動かすんだよ、と教えてくれました。
ところがこれが難しい!なんで思うように動かないんだ!?と体の不思議も感じました。

「何もしゃべらないのに、そこに何かがあるように見えるのがすごかった」

言葉なしでも表現ができることは、子どもたちにも新鮮な驚きだったようです。
さっそくパントマイムやってみたい!という子もいましたが、
ミニ劇を企画している子たちの動きも、これでまた変わってきそうです。
 

 

掲載日時: 2017年3月10日 17:30

ページの先頭へ戻る