3年生 工作技術科「飛ばして遊ぼう」

ブログ担当 中学年ブログ タグ: ,
DSCN0165

和光小学校では、3年生から「工作技術科」の授業が始まります。工作が大好きな子どもたちにとって、待ちに待った授業。期待を膨らませて技術室に集まります。

工作技術科では、「作って遊べる、使って便利」をテーマにしたものづくりに取り組んでいます。
3年生の最初の課題は「とばして遊ぼう」
まずは三枚羽のブーメランづくりです。

DSCN0168
丁寧にハサミで厚紙を切り、3点を正確にピンで止めます。ペンを使って思い思いにデザインすると出来上がり。早速体育館でとばして遊びます。
「うまく飛ばないなぁ」「こうやって投げればいいんだよ」投げる技も交流しながら、嬉しそうに遊びます。

次の時間は、「マルスビー」真ん中に丸い穴のあいたフリスビーです。

丸の内側をハサミで切るのは、丁寧さが求められます。ブーメランのときより厚い紙をゆっくりと切っていきます。
DSCN0229
こちらも完成した人は体育館へ。まっすぐ正確に投げる人、より遠くに投げる人、カーブをかけて相手に届ける人、バウンドさせて投げる人。こちらも様々に投げる技を楽しみます。

遊びすぎて壊れてしまった人もいました。でも大丈夫。一度作り方を覚えた子どもたちは何度でも作り直します。学校用と家用と・・何個も作って楽しむ子どもたちもいます。

手づくりの遊び文化が広がっていく。そんな和光小学校の工作技術科の時間です。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する