みんなで見合うことで、広がっていくもの・・・

ブログ担当 中学年ブログ タグ:
IMG_1565

4年生の教室前には、子どもたちが休校期間中に取り組んだ課題を掲示しています。

「おすすめの本紹介」では、子どもたちが自分のお気に入りの一冊を紹介し、どんなところが好きなのか、おすすめの理由を言葉だけでなく絵で表現したり、一人一人の様々な工夫が見られます。 IMG_1564

早速掲示してあるクラスメイトの作品を観に来る子どもたち。「あっこれ持ってる!」「私もこのシリーズ読んだことあるよ!」など、課題を通じて子どもたちの繋がりが広がっていくのが分かります。
IMG_1559

「お気に入りの詩」では、自分が読んでみてその詩を自由に表現する課題がありました。同じ詩を選んだはずなのに、子どもたちの感じ方や表現はまさに千差万別。言葉の表現やそこから感じ取った色やイメージの違いは見ていて面白いです。

IMG_1563

「五七五を作ってみよう」の課題では、子どもたちが休校期間中に感じた想いがとてもよく伝わってきます。この課題では保護者の方にも協力してもらい、五七五を作ってもらいました。「〇〇のお母さんのおもしろすぎ!」「これどう言う意味?」など素直な感想を言葉にする子どもたち。

私たちは、子どもたちがただ課題に取り組むのではなく、それらをクラスみんなで読みあったり、見合う中で一人一人の感性や表現の幅が広がっていくと考えています。

そんな4年生の一場面でした。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する