3年生 総合「なぞの苗・・・その正体は”白菜”でした」

ブログ担当 中学年ブログ タグ: ,
IMG_8927

IMG_8071 2

3年生は総合学習「韓国」に絡めて9月から白菜作りに取り組みました。「なぜ韓国で白菜?」と思うかもしれませんが、その理由は後々お話ししていきます。(ちょっぴり長編ブログです・・)IMG_8082

IMG_8088

まず始めに白菜を植えるために土作りから自分たちで行いました。手を真っ黒にして雑草をむしり、土をならしていきました。


IMG_8152 2

IMG_8161 2

土に肥料が馴染んできたら、いよいよ白菜の苗を自分たちで定植します。この時はまだ子どもたちに何の野菜の苗かは伝えませんでした。今回は大玉と小玉の2種類を植え、それぞれの違いや特徴を見つけながら謎の苗の正体を探って行きました。

IMG_8308 2

2週間もすると葉っぱがとっても大きくなりました。でもこの時にはまだまだ白菜だとは分かりません。子どもたちは当番制で自分たちが植えた謎の苗をお世話していきました。

IMG_8656

IMG_8865

1ヶ月もすると、外側の葉っぱが大きく硬くなり、白菜らしくなってきました!内側も少しずつ引き締まってきているのも面白いです。このあたりまで育つと子どもたちも「白菜じゃない・・?」と気がついてきました。
IMG_8904 2

この日は世田谷で農家をしている内海さんをお招きして成長途中の白菜の中身を見してもらいました。根っこがついている白菜を見るのもなかなかない経験です。

IMG_8907 2

IMG_8908 2

白菜を収穫してみると、普段見慣れた白菜になるまでたくさん外側の葉っぱをむいていかなければなりません。「むき終わった葉っぱはどうするの?」という子どもの疑問に対して「捨てちゃうの」という衝撃の事実を知ります。1個の白菜からこれだけの量の廃棄が出ることを知り「もったいない!」と思う子どもたち。

IMG_8911 2

この日は採れたての白菜を生のまま食べてみました。「水水しい!」「甘い!」と自分たちが育てた白菜に感動している様子でした。やっぱり自分たちが作った野菜は格別に美味しいです。

 

 

IMG_8970

そして先日はいよいよ白菜収穫の日がやってきました。大きく育って重たくなった白菜をみんなで協力して抜いて行きます。この日は小玉の白菜を収穫したのですが、大玉の方はアブラムシにやられて収穫することは難しそうです・・・。ここまで育ててきて残念ですが、これも自然と付き合って作物を育てる厳しさのひとつ。やってみて肌で感じる学びですね。IMG_8937

さあ、話を最初に戻して「なぜ韓国で白菜なのか」。実はこの後、自分たちで育てた白菜を使って韓国の有名料理「キムチ」を作って行きます。本場のキムチ作りをゲストを呼んで教えてもらう予定でいます。子どもたちの白菜との生活はまだまだ続いて行きます・・。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する