4年生が教えてくれた 「はね娘」を伝える会

ブログ担当 中学年ブログ
haneko2

4年生が3年生に民舞の「寺崎はね娘」を教えてくれました。

haneko1

寺崎はね娘(てらさきはねこ)は宮城県石巻市桃生町寺崎地区で大切にされている踊りです。毎年3年生が踊っています。4年生も久しぶりに踊りましたが、みんなとてもよく覚えていて掛け声も大きく、気持ちよく踊って見せてくれました。

haneko2

運動会でのヨコタテの組合せで4年生が個別に指導してくれました。「扇の持ち方はこうだよ」

haneko3

「手取り足取り」とはこのことです。とてもていねいに、そして熱心に教えてくれました。

haneko4

「かまえる時はこうだよ」3年生も必死に4年生のまねをしようと頑張っていました。

haneko5

まとめの会では4年生から、メッセージがありました。「これから、覚えることがたくさんあるけど、楽しく踊ってください」あたたかい言葉を3年生にくれました。

haneko6

3年生の感想「やさしく教えてくれたから、だいぶおぼえることができました。」「ありがとうございました。」

4年生が3年生に民舞を伝えてくれましたが、秋には「多摩川を伝える会」で総合学習で学んだことを伝えてくれます。また、ほかの学年でも6年生が5年生に大森みかぐらを教えてくれたり、「沖縄を伝える会」で沖縄のことを伝えてくれます。伝えることで子ども自身が学び直すきっかけになり、それが学びをさらに深めるのだと考えています。

 

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する