6年生 算数「単位あたり量」の学習

和光小学校 高学年ブログ タグ: ,
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6年生の算数は、『単位あたり量』の学習を進めています。『単位量あたり』ではなく、『単位あたり量』として、『量』を大切にしています。この学習をくぐることで、自分たちの身の回りの生活や、社会の見え方が変わっていきます。
この日は、「速度」について考えました。

まずは、班ごとにおもちゃ作りに取り組みます。このおもちゃ、電池を入れると動くのです。

どんな「量」と「量」から、単位あたり量としての「速度」がわかるのかを考えます。これまでの学習から、「距離」と「時間」が必要であることが出されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メジャーとストップウォッチを使って、計測です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分たちが作ったおもちゃなので、愛着もわきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何度も動かしながら、測定し、平均を求めます。これまでの学習も生かされます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれの単位あたり量を出した後、本当にそうなのかを実際に競走させてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愉しみながら本質に迫ることを大切にする和光小の学び。今週末の公開研究会でも、「単位あたり量」の授業を観ていただき、検討していただきます。公開研究会にぜひ足をお運びください。(当日受付も可能です!)

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する