5年生 ご当地うどん作りに挑戦!

和光小学校 高学年ブログ タグ: ,
20191127IMG_2193

5年生の子どもたちは、総合学習で「食」をテーマに学んでいます。2組の子どもたちのテーマは「うどん」です。これまでに5回のうどん作りを行い、うどん作りの技術を高めてきました。

一般的な「うどん」が作れるようになってきたところで、学習は後半に移ります。好きなご当地うどんごとにグループを作り、そのうどんを調べたり作ったりする学習が始まりました。

子どもたちは本やインターネットで調べるだけでなく、電話やファックス、インタビューなどで調べ学習を進めてきました。

この日は初めての「ご当地うどん作り」の日でした。

銀座のお店にインタビューしに行った稲庭うどんグループ。麺を綯うために道具も用意しました。

20191127IMG_2188

伊勢うどんグループは伊勢うどん大使にインタビューをして準備してきました。麺はなんと50分も茹でるのだそうです。

20191127IMG_2187

学習では「麺作り」をメインに取り組んでいますので、つゆは既製品を使用することもあります。食べてみると、外はむにゅっと柔らかく、でももちっと噛んだ感触もある、美味しいうどんができました。

20191127IMG_2190

こちらはひもかわうどんグループ。この実習の前日に、現地から取り寄せたひもかわうどんを食べてみて、イメージを膨らませました。この平べったい麺、まさしくひもかわうどんですね。

20191127IMG_2193

もちろんうまくできなかった班もありました。水沢うどんグループは自分たちの麺と、手本となる取り寄せた麺を同時に隣で茹でて、完成した姿を比べてみました。「え〜全然違うじゃん、、、」と子どもたち。茹でたら水を吸って太くなってしまったね。次はどんな太さに切るか、作戦を立てよう。

20191127IMG_2195

極太の麺をとぐろ状にして1時間以上茹でたのは、一本うどんグループ。これだけ長く茹でても、麺が崩れずにちゃんとうどんの形になっているのがすごいですね。このグループはつゆも自作し、煮込んでいました。

20191127IMG_2196

今回のご当地うどん作りを振り返って、来月の2回目のご当地うどん作りに向けて準備を進めます。

さて、次はうまくいくかな??

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する