休校中の気持ち…

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
6nen

6年生は、入学式前にはできなかった1年生の教室飾りつけをがんばっています。1年生の教室がどんどん楽しくなっていっています。

その6年生が国語の授業で「俳句・川柳・短歌」を学び、休校中の気持ち、出来事を短歌に表していました。

「春なのに コロナのせいで 今日もまた 家で課題だ 登校できず」

「人と人 間をあけて 近づけない 死者とさみしさ 増えてくばかり」

「家にいて 感かくにぶる 何もかも コロナのうずに まきこまれてく」

「突然の コロナウイルス はやり出し 普段の暮らし 奪われる」

「罪のない 命うばわれ ないように 手洗いうがいに 心がける」

「じしゅく中 もう勉強で たいへんだ とほうにくれて 体育ずわり」

「コロナさん あなたがじしゅく してください そろそろもとに なおしてくれよ」

「コロナ禍で キャンプなくなり 思い出が 一つ一つと なくなっていく」

やはり話題は、新型コロナウイルスですね。担任の先生もつくっていました。

「工夫して 授業動画を つくったが 加工しきれぬ コロナ太りよ」

mei

和光小学校は、詩、川柳、短歌、作文、生活ノート・・・様々な表現方法で自分の気持ちを伝え、共有しています。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する