3.11特別授業を行いました。

ブログ担当 高学年ブログ タグ: ,
IMG_4607

今日は「3.11」、東日本大震災から11年が経ちました。・・・と、東京に住む私たちはつい言ってしまいますが、いまだに避難生活を余儀なくされるなど、「3.11」がつづいている方々がいらっしゃいます。どこか風化してしまっているところもあり、和光小学校では、毎年この日の前後に各学年での特別授業を組んでいます。

6年生は、和光大学の副学長である制野俊弘先生をお招きしての授業を行いました。制野先生は当時、宮城県の東松島で中学校の先生をされている中で被災しました。6年生は真剣に話しを聴き、活発に質問が出されました。

IMG_4602

子どもたちのふりかえりの文を一部紹介します。

〇今回お話しを聞いて、助け合う大事さを知りました。知り合いに「物資がほしい」と言ったら、どんどん広まり、めっちゃ集まったり、協力すれば、できないような事もできるかもしれない。最後に出てきた作文は泣ける。自分のお母さんが死んだらとか、絶対いやだなと思った。地震が起きたら高い所に逃げる、津波が終わったらあとは協力すれば何とかなる!これを覚えておけば生きのびるかもしれない。この授業をしておいて良かった。(SH)

〇とにかく問題がむずかしかった。避難所では、ただ落ち込むだけではなく、生活のために工夫をして、チラシを配ったりする事がすごいと思いました。そして、避難所ではみんなが助け合ったりして生活しているのだと知りました。避難所以外の日常でも助け合うという事は大事だと思います。これからは助け合って生きていきたいです。(AJ)

〇すごく3.11で知らないことだらけだった。今回話しをしてくれたおかげで、次からの教訓にもなるし、知れて良かった。津波がくる動画を見た時に、制野先生が言っていた、「とっている人は、まだ自分たちの所に津波がくるとわかっていないからとっている」それを聞いた時に、今まで毎回この頃になると3.11の特集が組まれて、その時に出てくる映像はだれがどういう思いで撮影しているんだろう?という疑問がスッキリ晴れた。どの学校の人やお年寄りも、ちょっとしたことで、明日の自分の運命が変わるんだなと感じた。この30年以内に必ず大地震がくるとウワサされてて、いつ地震がくるかわからないから、ちゃんと準備をしておきたい。(TR)

〇「そこにいなくてもいるように」考えるということが、初めてで新鮮でした。今まで僕は「自分の命が最優先」と考えていました。しかし、もし本当にそこにいたら、人を見捨てることはなかなかできないと思う。そんな中で、死んでしまった人に対する悲しみをこらえながら最善策を打ち出す人たちは、とてもスゴイと思いました。やはり災害はこわいが避けようがない。だから、受け止めて最善をつくす。それが大切だと思いました。(SS)

〇お話しをしてくださってありがとうございます。私は3.11を経験しておらず、どんな災害だったか想像しにくかったです。でも、動画を見せてくれた時、実際その場に居たような気持ちになって、とても怖かったです。”津波”というのは、高潮みたいに上からくるものかと思っていたけど、押すようにやってきていてビックリした。避難生活は何が必要か、パッと考えなきゃいけないのが難しいと思う。今からでも家族と話し合おうかな…。物資を集めるのに一苦労だなと話しを聞いて思った。手作りでチラシを作るのは名案だと思う。東京に大きい災害が来た時、まず自分の命を守る行動をしようと強く思った。最後に読んでくれた作文は、思わず涙が出てきてしまった。(SH)

 

制野先生、ありがとうございました。とても大切な学習となりました。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する