歴史に残る卒業式 ~2019年度 和光幼稚園・和光小学校卒業式 式辞~

和光小学校 校園長ブログ
kitayama2

3月2日からの臨時休校、その後の春休みと、教室から子どもたちの声が聞こえなくなってそろそろ1ヶ月が経とうとしています。

東京都の感染者数が増えていく中、子どもたちはどのような気持ちで日々を過ごしているのでしょう。保護者のみなさまも、私たち教職員も先が見えない不安を抱える日々ではありますが、私たちは2020年度の開始を目前にし、子どもたちに少しでも楽しく実りある学びを準備したいと思っています。

新年度の開始日、入学式の日程については、学園対策会議を経て、改めてお知らせ致します。

さて、臨時休校が続いている中、3月17日、和光幼稚園、和光小学校の卒業式が行われました。感染拡大を防止するための方策をとりながらの挙行でした。

幼稚園、小学校の子どもたちに向けた式辞です。

<幼稚園>
卒業生のみなさん、急に幼稚園に来ることが出来なくなって寂しかったりつまらなかったりしたことと思います。先生たちもみんなと一緒ににやりたいことがたくさんあったのに、急にそれができなくなって悲しかったです。
でも、和光幼稚園でみんなが仲間と一緒にたくさん遊び、生活してきたことはみんなのからだの中に詰まっています。どうぞ胸を張って1年生になって下さい。
1年生になるみなさんに、北山先生から大事にしてほしいことを2つ、お話ししたいと思います。
1つめ、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分でやってみる、ということを大切にして下さい。小学生になると、本で読んだり、だれかから聞いたりして新しいことを知ることもふえてきます。それでわかったつもりになることもあります。でも、“自分で”確かめることをせひ大事にして下さい。
2つめは、自分が思ったこと、感じたことを大切にする、ということです。他の人と違っていても、自分はこうしたい、と思うことを大切にして下さい。
これからみなさんはそれぞれにちがう小学校へ進んでいきます。新しい場所で新しい人との出会いを大切に、大きく育っていって下さい。そして、「和光のこども」であったことをいつまでも忘れないでいてくれるといいな、と思っています。
卒業、おめでとうございます!

2020年3月17日
和光幼稚園 園長 北山ひと美

<小学校>
今年ほど今日という日を待ち遠しく、また緊張感を持って迎えたことはありません。2019年度の卒業式は、まさに歴史に残る卒業式となりました。
2月末、突然の臨時休校に、卒業までの大切な日々を奪われてしまったみなさんの気持ち、和光小学校での最後の日々を共に楽しみにして下さっていたおうちの方々の気持ち、みんなといっしょにやりたいことがたくさんあった担任を初め先生たちの気持ち・・・・・・ ほんとうにどこにも持って行きようのない多くの気持ちがありました。そのような日々の中で迎えた今日の卒業式です。

歴史に残る、ということでは2つの卒業式のことをお話ししたいと思います。
9年前、東日本大震災の瞬間、私は鶴小の6年生担任として「6年生を送る会」に参加していました。その後に続く余震と東京電力福島第一原発の事故による計画停電で休校が続き、日程を変更した卒業式を行いました。今年ほどの長さではなかったのですが、卒業までの最後の日々にやりたいと思っていたことがすべてなくなり、放射能という見えない敵が立ちふさがる不安の中、卒業を迎えたのです。みなさんの中には3年生の時、津波の大きな被害にあった大川小学校を訪れた人もいると思いますが、被災地の学校では卒業式どころか、多くの方が命を落とし、日常の生活が戻るのに長い年月がかかっています。
75年前の3月、太平洋戦争の末期、米軍が沖縄に迫ってくる中、中山きくさん、島袋淑子さんたちは女子学徒隊として戦場に駆り出されました。昨年10月の沖縄学習旅行で訪れたひめゆり平和祈念資料館の最初の部屋には、戦争が始まるまでの楽しい学生生活の様子が展示されています。きくさん、淑子さんたちは卒業式を目前にした3月23日、学徒隊として従軍するために、先生と一緒に南部へと向かったのでした。ひめゆり学徒隊の卒業式は、南風原陸軍病院壕のそばの三角兵舎で行われました。その時は卒業証書もなかったそうです。

沖縄戦に駆り出された学徒隊の方たち、東日本大震災の被災地の方たち、そして今回の新型コロナウイルスによる突然の臨時休校となってしまった6年生のみなさん、到底比べることはできませんが、当たり前の日常生活が何ものかの力によって突然奪われてしまい、そのことに抗いようがないということでは、沖縄で出会った証言者のみなさんのお話しが実感を持って迫ってくる想いがします。
ただ、私たちはウイルス感染を避け、いのちを守るために学校生活を手放さざるを得なかったということであり、大きな地震と津波によって多くの人が命を奪われた被災地の人たち、いのちを奪い合う戦場に駆り出されたきくさんや淑子さんとは、見えている未来が違っています。

この2週間、みなさんも様々なことを感じ、考えて過ごしたことと思います。人類はこれまでもウイルスとの戦いを続けてきました。SARS、新型インフルエンザは記憶に新しいところです。今回もほんの2か月前までは海外での感染の広がりであり、直接私たちに関わることはまずないだろうと思っていたのですが、今や世界的な感染拡大の中、私たちの日常生活がすっかり変わってしまうという状況になってしまいました。みなさんは、どうしてこれが今年なんだ、というやりきれない思いを持っていることでしょう。私もそう思っています。
でも、最後の日々がなくなってしまった悔しさはあるものの、みなさんが和光小学校で過ごした日々、学んだこと、仲間とともに作り上げてきた生活、行事などなどは消えることはありません。
1組の2月26日の学級通信には、円の面積の求め方をあれこれ考えたみなさんのノートが紹介されています。何千年も前からいろいろな国の学者たちが試行錯誤して求めたことを、同じように試行錯誤してみる、仲間の考え方を知り、さらに考えを深める… 低学年の時からみなさんが身に着けてきた学び方です。
2組は休校が決まった最後の日に書いた「6年間をふりかえって」が、休校中も学級通信で交流されていました。総合学習では「沖縄」のことを書いている人が多かったのですが、私は5年生で取り組んだ「羊羹」がとてもこころに残っています。「本物」に近づけるために試作を繰り返し、プロの方々と出会い、プロの方が舌を巻くような意欲的な探求を行う… 自ら問いを持ちそれを解き明かしていくおもしろさを体感しているからこその学びの姿だと思いました。
運動会、キャンプ、いちょうまつり、そして花組との交流会、どれもこれまでの6年生の二倍の仕事をこなしてもらわなくてはならず、それでも活き活きと活躍している姿がまぶしく感じられたものです。
とりわけ最後の劇の会、「ミラボロリン」「ハッピーバースディ」は、脚本を決めていく過程、キャスト、スタッフを決め練習を進めていく様子から、自分たちの劇を自分たちの力で作る、という意気込みが伝わってきました。どちらの劇も見ている人たちに届けたいメッセージがあり、自分たち自身がこの劇づくりの中で家族のこと、仲間のこと、人間が生きていくということを深く考えることになったのではないかと思います。

いよいよ中学生になります。これからも自分の目で確かめること、直接体験すること、そして自分の頭で考えることを大切にして下さい。学習も生活も、これまでよりぐんと広がり、深まっていきますが、和光小学校で培った力を信じて新しい世界に羽ばたいていって下さい。
卒業、おめでとうございます!

2020年3月17日
和光小学校 校長 北山ひと美

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する