よくある質問

10/13入試説明会後にいただいた質問と答え

ブログ担当 入試情報新着 タグ: , , ,
PA130141

10月13日(水)に開催されました入試説明会にご参加いただき、ありがとうございました。終了後に「感想フォーム」に寄せていただいたご質問に答えさせていただきました。ご確認ください。

PA130146

Q1. ICT教育について拝聴できたら幸いでした。スマートフォンやインターネットの関わり方等についてどのようにされているのか気になりました。
→学校としてスマホを学校に持ってくることを良しとしておりません。携帯電話は安全上の理由から、申請制にしております。ただ、学校外の所で、スマホやネット、SNSに関わるトラブルが起こっていることも事実です。学習会を組んだりしながら、子どもも大人も学ぶ機会を作っています。コチラもご覧ください。

 

Q2.幼稚園や中学校、高校、大学との交流の有無や頻度について教えていただきたいです。
→和光学園は“タテ”の関係で育つことを大事にしていますので異学年での交流や活動は多いです。和光幼稚園とは同じキャンパスですので交流会を行っています。中学校以上との交流は、キャンパスが変わりますので、1年に1回ほどの交流となっています。(中学生とは合唱交流、高校生は本の読み聞かせなどをしてくれます。)

 

Q3.服装髪型、話し方含めて自己表現が上手な子が多いなという印象を受けました。子供が和光小学校のスタイルに合えばすごく楽しい6年間を過ごせそうですが、合わない場合も無いか不安に感じました。
→自分が自分らしくいられるのが和光小学校です。大人の目から見て、自己表現がなかなか上手ではない子どももそれぞれの表現方法で楽しんでいます。それもその子らしい“自己表現”だと思っています。

 

Q4.授業が大変面白かったので、他の科目と低中学年がどのような内容でやられているか知りたくなりました。
→限られた時間の説明会なので、すべてをお見せできず、お伝えできず、申し訳ありません。今後、様々な授業を観ていただいたり、お話しを聴いていただく企画を行ってまいります。

 

Q5.例えばですが、親の仕事の関係で1~2年海外に行かなければならないような事があった場合は、どのような扱いになりますか?
→1年以上在籍していた場合は、帰国後に戻ってくることができます。

 

Q6.自由な校風がとても良いと思っています。しかし、中には放任のつもりが野放しになっているご家庭もあるのではないかと想像しますが、実際はいかがでしょうか?
→子どもの様子やクラスの様子は、毎月行われる親和会(クラス懇談会)で共有し、子どもの“今”を考えあっています。子どもに課題が見られた場合はご家庭と共有させていただき、共に考え合っています。

 

Q7.鶴川校もありますが、交流はありますか?また、教育理念として大きな違い等はありますか?
→教育理念はまったく同じ学校です。地域のちがいにより、扱われる教材や題材がちがうことはあります。子ども同士の交流は、年に数回あるお祭りに一緒に参加したりする程度です。教員同士は研究会を年に複数回設定しており、共に学び合っています。

 

Q8.試験の際に、親と離れたがらない子供や、試験を受けたがらない子供はいますか?
→毎年数人の子どもは見られます。気持ちが安定するまで、しばらくは見守っております。

 

Q9.お友達同士、集団で学ぶことでの協調性の育て方が気になります。
→様々な他者と共に生きていくことは和光学園で大切にしていることです。コチラもご確認ください。

 

Q10.教科書がないことは魅力的な半面、学力面でマイナスになることなど卒業後の進路に影響しないのかなど。また、和光幼稚園からの小学校への進学率、小学校から和光中学校への進学率(内部生の割合)が知りたいです。
→教科書を使わないことは、そのことを「学ばない」わけではありません。内部進学の率は毎年変わりますが、多くの子どもたちが内部進学をしております。

 

Q11.英語教育や異文化国際理解など、日頃からメディアで報道される分野の学びについて、和光小学校がどう考え、どう推進されているのかという点は、まだまだ伝わり切っていないとも感じます。
→和光小学校の異文化国際理解教育(英語)についての考え方はコチラをご覧ください。

 

Q12.子供の自主性を大切にする反面チャイムがないなどの中で低学年、特に一年生等は時間の概念などがどのように身につくのかと思います。
→朝の始業時刻、休み時間の終了時にはチャイムが鳴って、子どもたちに伝えています。1年生ではしっかりとした時間の概念が身についているわけではありませんが、困っている子どもはおらず、ゆっくりと小学校のペースに慣れていっています。

PA130148

ご参加してくださった皆さま、感想フォームへの入力をお待ちしております。

9月15日入試説明会でいただいたご質問とご回答

ブログ担当 入試情報新着 タグ: ,
0915

9月15日(水)に行われました入試説明会にご参加いただきありがとうございました。オンラインでの開催となってしまいましたが、皆さまに和光小学校の教育をお伝え出来て嬉しかったです。今回は、在学保護者の方のお話しを聴いていただきました。いただいた感想を一部紹介させてください。

 

「保護者の方のお話を伺えてとてもよかったです。入学希望者への話となると、なんだか堅苦しくなりそうなところですが、スピーカーの方も、こうしなきゃ、とかいい事言わなくちゃというような気負いがなく、何を言ってもいい自由というのをお互いに保証し合ってるような安心感がベースにあって、親和会の効果もすごくあるのだろうな、と思いました。また、それぞれ皆さんが和光を愛していて教育や学校のカラーが先生・保護者・子供 の三者で成り立っていることを深く感じました。」

 

「現在の保護者の方の率直なご意見を伺えて参考になりました。保護者のみなさまがとても楽しんでいらっしゃるのがわかり、入学してこのような方々と子供や学校のことをお話しできると、とても楽しいだろうなと思いました。」

 

「皆さんおっしゃっていたのが「親も楽しい、親も子供と一緒に参加したくなる。それが和光の小学校」という言葉が印象的でした。親和会の参加率の高さにも驚きました。義務的というよりは親も情報共有したい、参加したいという思いが強く参加しているという言葉は新鮮でしたし、実際お話ししてくださった保護者の方を見ていて本心であるということが伝わりました。」

 

「保護者の皆さんのリアルな声は非常に参考になるものでした。時代が変わっていくけれど、和光での経験は変わらないとおっしゃっていたことが印象深く行事での経験は、いつになっても子どもたちを大きく成長していくことに深く頷いてしまいました。長く子育てしている方の貴重なご意見でした。そして、在学保護者皆さんの貴校への愛が伝わりました。」

 

「3名の方のお話は、和光小学校の様子を知る上で大変参考になりました。皆さんが和光小学校に深い愛情を感じており、お子様や先生方と信頼関係が築けていることが伝わってきました。親も子も一緒に学び、成長し、振り返ったときに和光小学校で過ごせて本当に良かったと思えるような学校なのだと思います。特に印象に残ったエピソードは、和光小学校に入学後、お子様の言動に変化が見られたというエピソードです。お母様が適当に話を聞いていると「どうしてそう考えたの?」と鋭い指摘をするとのこと。何に対してもよく考え、躊躇せず自分の意見を表現できるのは素晴らしいと思いました。」

 

感想を寄せてくださった皆さま、ありがとうございました。まだの方もぜひお願いいたします。

 

フォームの中の、「さらに聞いてみたいこと」のご質問に対するご回答もさせていただきます。

 

Q1.学業については大変丁寧にご説明いただきよくわかりました。その他の教育、例えば、性教育やネットリテラシー教育などには、どのような内容でしょうか。

→性教育は「こころとからだの学習」として総合学習の中に位置づけ、1年生から6年生まで毎学年で発達段階に即した形で行われています。ネットリテラシーについても総合学習の中でトピック的に学習しています。

 

Q2.通知表はあるか?宿題はどのくらいか?

→学期末に「評価カード」として、すべての教科で1枚ずつ渡し、到達している点、不十分な点を伝えています。合わせて担任からの所見も伝えています。宿題は、各学年の状況に合わせて取り組んでもらっています。

 

Q3.不安ではないのですが、先生方を「先生」と子どもたちが呼ばないとこについて。先生と生徒の立ち位置、関係性がどのようなものか知りたいです。

→子どもたちには”大人”に対しての安心感と信頼感を持ってもらいたいと思っています。「〇〇先生」と呼んでいる子どももいますし、どちらかに強制しているわけではなく、自然な関係を目指しています。子どもに対しても、一人の人間として尊重しています。

 

Q4.授業の科目の中に外国語(英語)がないように見えますが、外国語教育は何か取り組んでいるのでしょうか

→「外国語」という授業ではなく、総合学習の中で”異文化国際理解教育”として取り組んでいます。ことばにとどまらず、人との関りをベースに、文化も共に学び、異文化に興味や関心を持つことを大切にしています。

※このような場でのご回答のため、十分でなく申し訳ありません。10月13日の学校説明会では、教員とのミニ懇談会を予定しております。改めてご説明いたします。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する