全校行事

1年間をふりかえって 子どもたちのことばから【中・高学年】

ブログ担当 中学年ブログ, 全校, 高学年ブログ タグ: , ,
P3180644

久しぶりに全校で集った終業式。と言っても卒業した6年生はいません。各学年の代表の人が、1年間をふりかえってくれました。

P3180662

「3年生の思い出やいんしょうにのこっていることは、一つ目はクラスがえです。クラスがえして、新しい子といっしょになって、さいしょは少しきんちょうしたけど、3学期の今は新しい子とも友だちになれました。二つ目は、3年生は新しく技術と理科と総合と社会がくわわったけど、どれも楽しかったです。少しトラブルがあって、先生と二人で話したこともあったけど、今はまた仲良くなれたと思います。3年生、色々楽しかったから、4年生も楽しいと思います!(3年生)」

 

「3学期、はじめてのうたの会で、すごくきんちょうしたけど、みんなといっしょに歌えて楽しかったです。4年生もいっぱい新しいことがあると思うけど、みんなといっしょに楽しんでがんばりたいと思います。(3年生)」

 

「3学期はげきの会で、クラスみんなで通せたのと、多摩川を伝える会では自分たちの学んだことを伝えられてよかったです。あと、4年生全体では多摩川学習が楽しかったです。(4年生)」

 

「私の5年生での一番の思い出は、運動会のリレーです。自分より体が大きい6年生にぬかされたのがくやしかったです。でも、自分では根気強く走れたと思います。今年も運動会がんばりたいです。6年生は小学校最後の年なので、みんなで楽しい思い出作りをしたいです。(5年生)」

 

「今年度やったことをベスト3にしました。第3位は騎馬戦大会です。6年生ががんばって開催してくれて、5年生でできてうれしかったです。正直、5年生でできないと思っていました。第2位は卒業式です。私たちは今年初めて卒業式に出ました。来年、私たちが卒業することを実感しました。第1位は沖縄を伝えてもらう会です。6年生になったら、沖縄にすっごく行きたくて、6年生に伝えてもらい、少しこわくなったけど、興味が出てきました。最後の1年間を大事にしていきたいです。6年生がんばるぞー!(5年生)」

P3180673

最後は児童会執行委員長のことばです。

「1年間お疲れさまでした。3学期は、どの学年も、6年生のためにちゃんとやくわりをはたせていました。改めて、みなさんお疲れさまでした。みなさんそれぞれ、はじめてやったことはたくさんあると思いますが、また新しい生活がまっているので、がんばってください。自分も6年生になるので、みんなをひっぱっていけるようにがんばります。この間、児童会からの要求を校長先生に出しました。4月に返事があると思います。待っていてください。ありがとうございました。(児童会執行委員長)」

※次号で低学年のことばを紹介します。

2学期の終業式が行われました。

ブログ担当 全校 タグ: , ,
PC200347

2学期の終業式が行われました。2年ぶりに全校の子どもたちが集って行うことができました。

1年生から5年生までの子どもたちは、2学期にがんばったことや心に残ったことを発表してくれました。

PC200339

6年生は、学習旅行委員の人たちが10月末に行った沖縄学習旅行の報告をしてくれました。

PC200347

児童会を代表して、執行委員長が今学期をふり返って話しをしました。

PC200353

「2学期お疲れさまでした。2学期は様々な行事がありました。特に印象に残っているのは、いちょうまつりです。全学年、楽しめるいちょうまつりをコロナの中でしたができてよかったと思います。5年1組は和菓子を作って売りました。私の班はわらびもちを作りました。作ったものを仲間と売ったことがとても達成感を感じました。児童会としては、全校朝の会の後、アンケートボックスを設置しました。ぜひ使ってください。3学期も様々なことをがんばるので、よろしくお願いします!皆さん、メリークリスマス アンド ハッピーニューイヤー!! いい冬休みをお送りください。」

 

先生たちを代表して、校長が話しをしました。

「こうやって全校のみなさんが集まって学期の締めくくりの終業式ができるのは2年ぶりです。各学年のまとめの話をみんなで聞くことができるということも2年ぶりで、このように全校の子どもたち、先生たちがいっしょに集うことがようやくできるようになったのだなぁ、みんなが同じ空間に身を置いて同じ話を聞くことができるっていいなぁ、としみじみと感じています。今まで当たり前だと思っていたことができなくなって2年にもなります。ずっとマスクをしているので友だちや先生の顔がよくわからないままでいることも辛いことですね。今はずいぶん感染状況がよくなってきているので、何とかこのままコロナ感染が収束して、マスクをしないで学校生活を送ることができる日が一日も早く訪れることを願っています。

さて、2学期の終業式で、みなさんにお話ししたいのは、和光小学校で学ぶというのはどういうことか、和光小学校ってどういう学校なのかを改めて考えたい、ということです。和光小学校のドキュメンタリー映画「あこがれの空の下」、観たことがある人もいると思います。この映画は2018年度の1年間、テムジンという会社の房満満さんと増田浩さんが撮影に来て作られた映画です。今の6年生が3年生、4年生が1年生の時のことです。このポスターに映っているのは6年生のRくんとGくんです。この映画は、ちょうど1年前に渋谷の映画館で上映され、その後全国各地の映画館で上映されて、東京に和光小学校という私立の小学校があることを多くの人に知ってもらうことができました。最近は、自主上映といって、仲間を集めて観る映画会が各地で開かれています。和光小学校の話をもっと聞きたいということで私が話をしに行くこともあります。11月には静岡県の先生たちの集まりに呼ばれ、おとといは、福島県いわき市の上映会に呼ばれました。いわきでは、いわき市で一番大きな映画館の大画面での上映会に、学校の先生たちだけではなく、お父さんやお母さんといっしょの小学生、中学生たち、一般の人たちもたくさんいて全体で100名あまりの方が見に来てくれました。映画の後の話では、映画に出ていなかった授業の話や運動会で騎馬戦ができなくて6年生の人たちが署名活動をしたことなどを話しました。映画を観た人たちからは、公立の学校ではなかなかできないことを、先生たちがいろいろと準備してやっていることがすごい、子どもたちが自分の考えをみんなの前でしっかり話していることにびっくりした、どうしたら「発表」をしたり、算数で自分はこう思うという意見を出し合えるようになるのでしょう、というような感想を話してくれました。運動会で優勝するためにチームの人たちが必死で応援したり、終わった後のチーム集会でチームリーダーが泣きながら話している場面で涙が出てきたという人もいました。和光小学校で当たり前に行ってきている毎日の授業や運動会への取り組みなど、他の学校ではなかなかできないことなんだなぁと改めて思いました。たとえば、算数の問題をタイルを使って考えることは、和光小学校では1年生からずっとやっていることです。もしかしたらタイルを使うのはめんどうだなぁと思うこともあるかもしれませんが、どうしてこの答えになるのかを確かめるにはタイルはとても便利な道具です。そういう算数の授業の進め方も、どこの学校でもやっているわけではなく、配られた教科書に書いてあるとおりにやれば答えが出せるので、「なぜそうなるのか」をあまり考えないで進めていることが多いのかもしれません。この「なぜそうなるのか」を考えることは、物事の本質的なことを追求する上では絶対に必要なことです。和光小学校はどの授業でも「なぜそうなるのか」を考えることを大切にしているので、みなさんは訳がわからなくても答えが出ればいい、というようにはならないのだと思っています。和光小学校では生活勉強、総合学習があり3年生はカイコ、4年生は多摩川、5年生は食、6年生は沖縄の学習を進めてきました。楽しく夢中になる取り組みも多かったのではないでしょうか。1年生から毎日のようにやっている「発表」、2年生のパン作りも思い出に残っていることでしょう。このような取り組みができることも、とてもうらやましいという声がありました。民舞も和光小学校ならではの取り組みです。卒業生が卒業した後もエイサーを踊りたい、と「和光青年会」として活動していて、今年もいちょうまつりに向けての練習のお手伝いに来てくれました。いわきで和光青年会の方たちと交流したことがあるという人もいて、「和光青年会の人たちがこんなに温かい人たちばかりなのはどうしてなのか、映画を観てよくわかりました」と言ってくれました。子どもたち、先生たち、そして力を貸してくれるお父さんやお母さんたちといっしょに作っているのが和光小学校です。これからも夢中になって学び続けることができ、楽しい毎日を過ごすことができるような、そんな学校作りをしていきたい、と思っています。明日からの冬休み、2学期のことを振り返り、まとめの学期となる3学期にはどんなことに挑戦したいか、そんなことを考えながら、新しい年2022年を迎えてください。(校長 北山ひと美)」

いわきぽれぽれシネマ 北山講演

(写真提供:いわきポレポレシネマ)

「この日を笑顔で迎えられて嬉しいです」

ブログ担当 全校 タグ: , , ,
PB270536

いちょうまつりは終わりましたが、まつりでの成長やがんばりを全校で確かめ合っています。本日の学校通信で紹介した2年生から5年生のお家の方の”ふりかえり”を紹介します。

〇いちょうまつり、先生方お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。1年のアイヌとはちがって、あでやかな色に包まれて、みんな荒々しく踊れましたね!少しだけ上級生になった2年生。昨年よりも表情もやわらかくて、でも真剣な眼差し。力強さを感じました。成長しているんですね!胸が熱くなりました。Oは練習し始めの頃は「なんだか荒馬イヤだな~」と話していたのですが、練習が進むにつれて、「だんだん楽しくなってきたよ!」とか、ハチマキを作った時の話しや、ジャンケンで負けて自分の好きな色の馬で踊れなくて最悪だ…とか、いつもより沢山自分の気持ちを伝えてくれました。驚いたのは、「けっこう自信あるよ、踊るの!」と話してくれたことです。園田先生が夜に語る会で仰っていましたが、民舞を通して“自信がつく”と。まさにその通りでした。すごいなぁと、改めていちょうまつりのすごさを感じました。いちょうまつりを観て、和光に通わせたいと思って入学を希望したこともあったので、本当に和光の魅力に魅せられたいちょうまつりでした。Oは、次は篠笛をやりたいそうです。今年の5,6年生は特にすごかったですね。全体感がまとまっていて、力強くて、元気があって、でも優美でした。6年生のエイサーは格段にかっこ良かったです!!4年後あんな立派になるのか、今から楽しみでもあります。(2年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつり、本当にお疲れさまでした。遅くなりましたが感想を一言だけ。今回拝見しながら強く印象に残ったのは、やはり一緒に踊りを支えてくれている大人の姿でした。こどもたちの踊る姿ももちろん素敵で大いに感動したのですが、それを下支えしてくださっている先生方の踊りや演奏の本気度にもあらためて心を動かされました。そして実行委員の皆さんのサポートにも。大人が本気であれば、子供たちもそれに動かされるところが大きいですよね。あの子供たちの素敵な踊りは、大人の「本気」に見守られているからこそのものだと思いました。(3年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつりお疲れさまでした!!まずは、コロナ禍に開催時期が変更になり、おどりの広場では子どもたち寒そうでしたが、楽しそうな嬉しそうな顔をたくさん見ることができました。まつりの広場は、後半チームでした。最初の10分を父親、その後私、という交代制にしたのですが、私が行った時点では、子どものお店の大半が終わっていて(売り切れ)、どんな品物が売られていたのか見ることもできず…でした。食も一つも食べられず…来年こそは、朝イチから参加できるといいなぁ!(略)おどりの広場は、6年生の圧巻のエイサーに号泣でした!!みんなかっこよすぎる!!沖縄学習旅行で、現地で教えてもらったり、それぞれに様々沖縄の歴史を感じてきた後でのエイサーは、例年とは思いの強さが違うように感じました。気持ちがぴったり一つにあわさっているのが伝わってきました。七頭舞は、子どもたちが楽しそうでしたね。わが子は道具の扱い方に苦労しつつも、踊りの種類の多さに苦労しつつも、踊れるようになっていくことが嬉しそうでした。欲を言えば、いちょうまつりがあと1週間先だったら、もっと自分のものになっていたかなとも思いますが、いちょうまつりが終わっても踊り続けていくと思うので(笑)←現に家でもすでに踊っている、今後も楽しんでいってもらいたいです。先生方お疲れさまでした。(4年生の保護者の方より)

 

〇練習の日々、様々な配慮をしながらの開催、、これまでの背景を想像しながら観るみんなの舞は生き生きとして眩しく、本当に素晴らしいものでした!娘は篠笛にも参加していたので、下級生の、自分たちもやってきた踊りを見ながら吹いた気持ち、、、などまたいつか思い出すことがあるでしょう。これが終わると、いよいよ最後なのか、ついにエイサー、、すでに胸が熱くなるのですが、その前に騎馬戦がありますね!(5年生の保護者の方より)

 

〇1年生から6年生 踊りの違いが本当に面白く最後の6年生のエイサーは堂々たるものでしたね!5年生のみかぐらは扇使いの集大成、ステップから腰の入り方などエネルギー溢れていました。わが子も踊りが大好きなので、舞台に立っているような表情と舞でした。自信を持って嬉しそうに踊る姿に感動しました。この日を笑顔で迎えられて嬉しいです。5年生は一体感ありましたね!(5年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつり、コロナ禍で開催して頂きありがとうございました。きっと裏ではたくさんの苦労があったと思います。今年も変わらない、子どもの為のいちょう祭でした。寒さや風の強さか、また恥ずかしさもあってか少しもじもじした感じで始まったみかぐらでしたが、全体がきゅっとスイッチの入る瞬間があり、さすがの高学年の踊りでした。娘は練習期間中、覚えるのに難しそうにしていたので本番どうなるかとソワソワしていましたが、堂々と踊っていてカメラも撮らず見惚れていました。来年がさらに、たのしみです。(5年生の保護者の方より)

明日はいちょうまつり!

ブログ担当 お知らせ, 全校 タグ: , ,
PB260351

明日はいよいよ”いちょうまつり”です。今朝は、学校中でまつりの準備が進められており、大賑わいです。

2年生は、パン屋さんの看板づくりをしています。

PB260381

3年生、4年生は商品への値段づけや看板づくり。できあがったお店は、明日のシュミレーションもしていました。

PB260365

PB260370

5年生は、食のお店の準備です。ずいぶん技術があがりました。まるで本物の職人さんみたいです。

PB260346

PB260377

PB260345

6年生は、全校の子どもたちを楽しませてくれるコーナー準備。

PB260395

PB260351

1年生は、お店を出さないので、アイヌの学習です。本物の道具を見ながら、思わずウポポを口ずさんでしまいます。

PB260385

いよいよ明日はいちょうまつり!どんなお店があるのかな~と、ポスターをじっくりと見る子どもの姿も。

PB260358

残念ながら今年は、新型コロナウイルスの感染防止対策で、午前中の「まつりの広場」は、卒業生を含め、外部の方のご参加はいただけません。まつりの様子は、このブログや、Twitter、Instagramで紹介します。

午後の「おどりの広場」にお申し込みいただいた皆さまには、本日メールを送らせていただきます。ご確認ください。(午後も、卒業生やお申し込みいただいていない外部の方はご参加いただけません。)

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する