卒業式

保護者の方からみた和光小学校

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ: , ,
P3160484

卒業式では保護者(親和会)の方からもことばをいただきました。一部編集をして紹介させていただきます。

<親和会より>

6年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。ここでいっしょにお祝いさせてもらえること、とっても嬉しく思います。親和会会長、といっても、みなさんと接点があったわけではないので、一体誰なんだと、思っていることでしょう。たくさんいる下級生の親のひとりだと思ってください。接点があったわけではないけど、みなさんのことは、ずっと、見てました。ちょっと気持ち悪いかもしれないけど、ほんとうに、わたしだけじゃなくて、どの学年のお母さんお父さんも、みんなのことをずっと見ていました。

今年の4月、うちの末っ子が入学したとき、いっしょに入場してくれたのはみなさんでした。もちろん1年生もかわいいんだけど、6年生になりたてほやほやのみんなも、かわいかったです。うちの子が1年生になったんだなぁ、という感動とおなじぐらい、これでみんな6年生が始まるんだね、と、感動して見ていました。

騎馬戦も忘れられません。5年生たち、2組の子たちですが、負けてめちゃくちゃ泣いてました。負けた悔しさより、6年生を勝たせたかった、っていう涙だったと思います。涙が出るほど、みんなを勝たせたかったんだなぁ。勝った1組も含め、6年生が、騎馬戦にかける熱い想いを見せてくれたからだなぁと、わたしも泣きました。

先日の、うたの会。みなさんの声で高らかに歌われた、平和の訴え。マスクがぐちゃぐちゃになりました。またまた涙が止まりませんでした。ひとりの大人として、みなさんの背中に重いものを背負わせたくはないです。でも、やっぱりみなさんこそが、わたしたち大人の希望だなぁと、舞台に並ぶ姿が光って見えました。

コロナのせいで、できないこともたくさんあった小学校生活だったと思います。でもみなさんは、もうすでに、失った機会以上のことを、自分たちで生み出せた、すごい人たちです。大人の誰も経験していない時代を、切り開いて生き抜いていく、すごい世代です。まっすぐで、やさしくて、まだまだかわいいけど、でもしっかりとたくましい姿を見せてもらえて、知らないおばちゃんだけど、本当に誇らしく思っています。

親和会より、記念品も用意させてもらいました。手にとるときは、この体育館のこと、校庭のこと、教室、理科室、美術室、グリーンベルト、こどもの森、いろんな学校の景色を思い出して、それから、そこにいたたくさんの大人が、みなさんを見つめていたこと、どうか思い出してもらえたらうれしいです。

改めまして、本日は、おめでとうございます。

P3160483

<卒業生保護者より>

卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます!卒業生保護者代表として挨拶させていただきます。

まずは、わが子が入学した当時の和光小学校の印象を話したいと思います。もう「ぶっ飛んでるなぁ、この学校!!」でした。特に驚いたのは先生たちでした。スーツを着てネクタイをしめて「我こそが先生です」って感じの先生が一人もいなくて。でも、子どもたちの目線で物事を考えようとしてくれる先生たちばかりで時には「子ども」のようでもありました。運動会になると子どもたち以上に熱くなって、感情をあらわにして飛び跳ねている姿もよく目にしました。これはみなさんにとってあたり前の光景なのかもしれませんが、きっとここでしか得られない、素晴らしい光景だということを、とってもしあわせな場所だったのだということを、まず伝えさせてください。

僕も歳をとったと強く感じるのですが、同じことを先生方を見て感じることがあります。昔のキビキビした姿は少し影を潜め、落ち着きを纏い、きっと腰とか、肩とか、あちこち痛い所も出てきてるんだろうなぁ、と想像もします。それでも今も尚、熱い情熱と愛情と優しさで、子どもたちと根気強く向き合ってくださって、本当に本当にありがとうございました。これからも未来を背負う子どもたちをよろしくお願いします。

そして、卒業生のみなさん。みなさんが産まれてから今日まで、世界は大きく変わりました。インターネットが普及し、多くの人がスマートフォンを持っています。いとも簡単に、たくさんの情報を得ることができるようになりました。それまで、大人が手取り足取り子どもたちに教えてきたようなことは、みんなウィキペディアやYouTubeやホームページにあがっています。親としては寂しいけれど、どこかあきらめのような、受け入れなくてはいけないような、そんな気もしています。親に聞くよりもはるかに早く、正しいことを知ることが出来るなら、それも良いと思います。寂しいけど。。だから、親としては、親じゃなきゃ出来ないこと、親じゃなきゃ伝えられないことを伝えたいと思います。

ここにいる私たち親はみんなのことが大好きです。これからもずっと大好きです。中学生、高校生になって親を煙たく思ったとしてもそれは変わらないと思います。大人になって社会に出ても同じです。だから、もしこの先、ネットのどこを検索しても答えがあがっていないような問題にぶつかったら、安心して信頼して相談して欲しいと思います。いつでも待っています。

最後に、みんなのおかげで最高に楽しい、「親としての時間」を過ごすことができました。幸せです。本当にありがとう。

引き続き、中学校生活も楽しく過ごせるように願っています。卒業おめでとうございます!

P3160485

心に残る卒業式でした。

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ: , ,
P3160556

卒業式の1日を紹介します。

P3160488

まずは開式前の6年生。リラックスして過ごしていました。

P3160493

P3160495

いよいよ卒業式の開式です。卒業式の主役は、もちろん卒業生である6年生。壇上に座ります。

P3160517

「卒業証書」は、花道を歩いて会場の中央で受け取ります。

P3160529

卒業生からのことばです。一人ひとりが、小学校生活をふり返って語ります。

P3160556

和光小学校の卒業式は、「儀式」というよりも、「最後の授業」という位置づけです。卒業生のことばを一部紹介します。

「どんぐりの中身を取り出してドングリ笛を作りました。だいぶ気に入って、笛をふくのが楽しかったです。麦を1から作って、パンを作っていちょうまつりで売ったのはとても印象に残りました。とても楽しかったしおいしかったです。」

「ぼくはチームリーダーとしてコロナの中全力でがんばった。結果は負けてしまったけど、その分本気でものごとをやって結果失敗してしまうことの悔しさを知れた。また、6年間の運動会で全力で行うことの大切さや周りの人と協力して物事をこなすことについて学べました。」

「コロナが流行して、4年生の3月に急に休校になってしまい、そのまま5年生の6月まで学校がありませんでした。友達にも会えず、みんなで授業も受けられなくて、友達に会えないさみしさや、みんなで授業を受ける楽しさに気づかされました。」

「戦争についてたくさん学んだ。人生で一度しかできない体験。涙が出るほどつらい話や、知りたくないことも学んだ。そのおかげで、戦争の怖さ、生きることの大切さを学べた。絶対に忘れたくない。」

式の最後には、4年生が作ってくれたくす玉が見事割れました。

P3160583

低学年が作ってくれたレイを首にかけてもらい、胸を張って退場です。本当に逞しくなりました。

P3160596

和光小学校での学びを胸に、大きく羽ばたいていってください!

2021年度和光小学校卒業式 式辞

ブログ担当 全校, 校園長ブログ タグ: ,
P3160563

2021年度卒業式が行われました。校長の式辞を紹介いたします。

 

2021年度 和光小学校卒業式 式辞

今年、2022年3月に和光小学校を卒業していくみなさんの姿を、特別な想いで見つめています。

4年生3学期、最後の一ヶ月を突然の休校で奪われ、そのまま高学年のスタートの2ヶ月も休校、ようやく再開した学校生活もしばらくの間は分散登校でした。総合学習「食」は調理活動ができない中で始まり、授業も休み時間もお弁当の時間も、「感染対策」が最優先となる学校生活、それでも友だちと会えず、みんなといっしょに授業を受けることができない自宅で過ごす日々よりはいい、とよく我慢してくれました。小学校6年間のうち3分の1がコロナ禍に見舞われ、今日のこの卒業式もマスクのままみなさんを送り出さなければならないこと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そんな高学年の生活の中で、できることを精一杯頑張っている姿を何度も目にしました。去年の5月、「話があります」と校長室に詰めかけた数名の6年生から手渡されたのは、「運動会で騎馬戦をやりたい」という「嘆願書」と「署名」でした。署名用紙は白い紙に定規で線を引いた手書きのもので、高学年4つの教室を回って対話をしながら集めたのでしょう、鉛筆の文字がこすれている部分もありました。「コロナで騎馬戦ができないことはわかるけれど、私たちは5年生の時もできなかったんです。このままだと和光小学校で騎馬戦を経験しないまま卒業することになる。そうなったら和光小学校に入った意味がなくなるんです!」と涙を流しながら訴えたNさんのまなざし、いっしょに来た6年生たちの真剣な表情は、今でも私の目に焼き付いています。その時私の胸に浮かんだのは「あこがれ」ということばです。毎年の運動会で繰り広げられる競技を、自分がこの学年になったらやるんだ、という気持ちで見つめ、上級生たちの姿は「あこがれ」となって胸に刻まれてきたのでしょう。これは、いちょうまつりの商品作りや民舞、げきの会、うたの会での表現、美術展、技術展で目にする作品も同じなのだろうと思います。そうして「あこがれ」てきたものが、コロナというまったく理不尽な理由によって奪われてしまったことへの悲しみ、怒りを乗り越え、何とかして実現できないものかと考え、行動に移した6年生の姿に、ほんとうに心打たれました。このときは緊急事態宣言中でもあり、組み合う6人の子どもたちにサポートする3人の先生たちを加えると、どう考えても「密」にならざるを得ない騎馬戦を行うことができない、と返答するしかありませんでした。その答えも、冷静に受け止め、それならば、と新しい競技を考え前を向いて進んでいったみなさんの後ろ姿はとてもまぶしかったです。

理不尽な理由によって奪われてしまうこと、今、まさにウクライナで起こっていることに世界中の人たちが心を痛めています。みなさんはこの1年、「沖縄」を学び、学習旅行では77年前に起こった沖縄戦のことを玉木利枝子さん、島袋淑子さん、中山キクさんから、体験した方のことばとして、戦争が大切なものを奪い去っていくことを伝えられました。沖縄ではガマに入り、オスプレイの並ぶ普天間基地や新基地建設のための埋め立てが進む辺野古の海を目の当たりにし、伊江島では怒りに満ちた謝花悦子さんのお話を聞きました。かつて戦場であったその場に身を置き、空気を感じ取り、当時のことを想像しました。「戦争は人災」であるという川満先生のことばを実感として胸に刻んだことと思います。

そのみなさんが、日々ニュースで目にするウクライナのことを、“痛み”とともに感じ取っていることが、授業の振り返りで書いていることばから伝わってきました。その中には、自分たちと同じ年代の子どもたちに思いを寄せていることばもあります。当然のことですが、戦時下であるウクライナの子どもたちは学校に通うことができていません。地下通路や地下室で生活するしかない子どもたちも多くいます。長い休校を経験した私たちは学校に通うことができない辛さを知っていますが、さらに、砲弾が飛び交う音、爆撃音を耳にしながら生活することはどんなに怖いことでしょう。

みなさんは社会科や「沖縄」の学習の中で“情報”についても学んできました。今、ロシアでは戦争遂行に都合の悪い報道はしてはいけないとされ、政府に反対するジャーナリストは口をつぐむしかないという状況です。かつて日本が戦争をしていた時代もまったく同じことが行われ、ほとんどの人は「大本営発表」を信じ、新聞、ラジオはうその情報を流していたのです。戦争が行われるというのは、こうして真実の情報を奪われることであり、その中で私たちは簡単に戦争に巻きこまれていくのだということも学びました。

そういう私たちも、今、目にし、耳にしている情報が真実であるのかどうかを常に考えてみなければなりません。1組のAさんは、「今回はウクライナで戦争が起きてしまって世界が注目している。でもミャンマーのクーデターはウクライナと違って注目されていない。ミャンマーでは軍の力が強くて政府までが倒されてしまった。たくさんの人たちが無差別に殺されている。ミャンマーでもこんなにひどいことが起きているのに世界が支援しないという違いは何なんだろう。」と授業の振り返りで書いていました。私たちに届けられるニュース、情報もまた、この日本の政治と無関係ではないということもわかっていなければならないと思います。2組が劇の会で演じた『謎の大捜査線』は、まさにそのことがテーマでした。

戦後77年目の今年、こんなに身近に戦争の危機が迫っていることを感じることになるとは、少し前までは想像もできませんでした。でも私たちには「二度と戦争をしない」ということを誓った日本国憲法があります。この憲法の下で生きている私たちには、武器による攻撃はやってはいけないと世界中に訴えていく使命があるのだと思います。その想い、願いは、うたの会で聴かせてくれた「HEIWAの鐘」の歌声に満ち満ちていました。

6年前、あどけない顔で入学してきたみなさんが、この6年間和光小学校で学び、体験し、こんなに立派に成長したこと、今年ほど強く感じる卒業式はありません。6年後には選挙権を持ち大人の仲間入りをします。この先も様々なドラマが待っているでしょうが、今生きている現実の中で事実を見つめ、真実を見つけられる日々であることを願っています。

卒業、おめでとうございます!

2022年3月16日    和光小学校   校長 北山 ひと美

いよいよ卒業式!

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ: , ,
P3160474

本日、第89回和光小学校卒業式です。

きのうは6年生が思い出のランドセルに「メッセージを書いてー!」と職員室に来ていました。

P3150461

P3150463

今朝の教職員の朝の打ち合わせでは、6年生の両担任に花を贈り、今日一日のエールを送りました。
P3160473

P3160471

6年生の担任からは2年間の思い出が語られます。

ステキな卒業式、良い旅立ちの日になりますように!

和光小学校卒業式 式辞

ブログ担当 全校, 校園長ブログ タグ:
kitayama2

今年は春の訪れが早く、みなさんの卒業を祝福するように、子どもの森の桜が満開になりました。先週、桜の木の下で1年生や幼稚園の子どもたちと遊ぶ6年生の姿を目にし、1年前のことを思い出していました。

昨年の今頃、最後の2週間は学校に来ることができずに5年生を終え、和光小学校の最終学年は臨時休校の中でスタートしました。教科の学習、総合学習、6年生になったらこれをやるんだと思い描いていたものができないまま自宅で過ごす日々、みなさんやおうちの人たちの心の内はいかばかりだっただろうと思います。特に、1年生の時から毎年優勝目指して取り組んできた運動会、6年生の姿にあこがれ、いよいよその6年生になったという緊張感を持っていたことでしょう。6月に学校が再開しても通常の授業、活動ができるのはいつになるんだろう、2学期に運動会はできるのだろうか、沖縄学習旅行にはいけるのだろうか・・・・等々、みなさんやおうちの方たちが抱いた不安は、私たちも同じでした。コロナウイルスへの感染対策をしながらできる限りいつもの学校生活を送ることができるようにしたい、と考え、私たちも手探りで進んできた1年でした。それでも夏の林間合宿を行うことはできず、みなさんにとっては最後の瑞籬キャンプに行くことができませんでした。“できなかったこと”を嘆いても前には進めない、と3月になってテント張り実習、キャンプでの調理実習、騎馬戦を伝える会を行い、これまで和光小学校で取り組んできたものを次の学年の人たちにつなげることを、6年生のみなさん自身が意識していたことを、とても心強く感じています。

長い休校とその後の感染対策をしながらの学校生活、その中で「学校って何だろう」ということを多くの人が考えたことと思います。6年生のみなさんは教室で率直に話し合いました。休校期間にはネットを介した学習にも取り組み、オンライン朝の会も行いましたが、「なぜかやる気にならなかった」というNくん、Sくんの、動画を見てやる学習は「なぜか学校でやっている勉強より楽しくないというのか、おもしろくないというのか、何かが抜けている気がして変な感じでした。やっぱり学校でみんなとやった方が意見も言い合えるし一緒に考えられるので、学校で学ぶ大切さを身にしみて感じました。」ということばに、学校で学ぶことの意味が示されています。インターネットを開けば知りたいことをすぐに調べられる時代になり、パソコンの画面を通じて「授業」を受けることも可能になってきています。が、和光小学校で過ごしてきたみなさんは、一人で画面に向かっているだけでは得られないもの、学校に集って仲間と共に考えるからこそ得られるものがあることをよくわかっています。6年生の学びの中で仲間と共に実感を持って学ぶことを最も大切にしているのが総合学習「沖縄」です。みなさんの沖縄学習旅行は、10月末に実施できましたが、やはり例年どおりにはいかないこともありました。それでも、沖縄戦を体験した玉木利枝子さん、中山キクさん、島袋淑子さん、平田文夫さん、文子さんから直接話を聴くことができ、南部戦跡を回り、座間味の海にも入りました。コロナ禍で多くの学校が修学旅行を取りやめたり旅行先を変更したりしている中、沖縄に行き証言者の方たちにお会いすることができたのは、34年にわたる和光小学校の総合学習「沖縄」の積み重ねがあったからだと思っています。なぜ沖縄を学ぶのか、沖縄の学びがこれからの生き方にどうつながっていくのか、もう答えを見つけた人もいるでしょうし、この先何年か後に見つける人もいるでしょう。それがわかったとき、沖縄で和光小学校の6年生が来るのを待っていてくださる方たち、コロナ禍であってもなんとしてもこの学習旅行は成功させたいと願う多くの人たちの想いを受け止めることができるのだと思います。

和光小学校は“ことば”を大切にしています。ことばで伝える、ことばを受け止める・・・1年生の時からたくさん「はっぴょう」し、友だちの「はっぴょう」を聞き、「あのねのーと」「生活ノート」を書き、授業や活動のたびに「ふりかえり」を書いてきました。いや、みなさんからすれば“書かされた”という感覚かもしれません。子どもだけではなくおうちの人にも行事や親和会の感想を届けてくださいと声をかけ、とうとう今年は「おうちの人の卒業文集」までできあがりました。こうやって自分が感じたこと、考えたことを“ことば”にすることは、実は自分の頭の中を整理し、新たな疑問を導き出すことになり、次の学びにつながっていきます。そうして重ねてきた学びは、みなさんの中に「想像力」を育んできました。ケンカをした後の相手の気持ち、物語を読んでそこに描かれている世界、風景、76年前、沖縄の戦場で起こった出来事、今、辺野古の海に基地を造ることに反対している人たちの願い、3・11の津波で大切な人を亡くした人の胸の内、「花ばぁば」の授業で日本軍慰安婦にされた方たちの想い・・・・ これまで学んできたこと、その時に感じたことを思い出してください。想像することでさまざまな感情が揺さぶられ、相手の痛みがわかるようになります。「沖縄を伝える会」でみなさんの“ことば”が伝わるのは、沖縄で見たこと、聞いたこと、感じたことが実感を伴って語られるからです。それはみなさんが沖縄の過去、現在に想像力を働かせたからに他なりません。当時のこと、現地の方の想いに想像力を働かせ紡ぎ出された“ことば”は、相手の心に染み渡っていきます。

いよいよ中学生になります。これからも自分の目で確かめ、直接体験し、自分の頭で考えることを大切にして下さい。そして今まで以上に想像力を働かせてください。学習も生活も、これまでよりぐんと広がり、深まっていきますが、和光小学校で培った力を信じ、新しい世界に羽ばたいていって下さい。

卒業、おめでとうございます!

 

2021年3月22日

和光小学校 校長 北山ひと美

和光小での学びを胸に~第88回卒業式~

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ:
P3220734

第88回和光小学校卒業式が行われました。新型コロナの影響で、在校生の参加をしぼったり、保護者の参加人数を制限したり…と、例年とはちがう卒業式となりましたが、無事に6年生が和光小学校を旅立っていきました。

P3220692

想いおもいの格好をして卒業式に参加する6年生。

P3220734

今日の主役は卒業生である6年生です。

P3220703

式場の中央で、校長先生よりしっかりと卒業証書を受け取ります。

P3220725

「卒業証書授与」の時間は、6年生が交替でピアノ演奏をします。何から何まで子どもたちがつくる卒業式です。

P3220747

卒業式の最後には、4年生が作ったくす玉が見事に割れました。胸をはって退場します。本当に立派に成長しました。

P3220771

学校を去る前に、教職員全員でお見送りします。お世話になった先生たちとの記念撮影。

6年生の皆さん、心より卒業おめでとう!和光小学校での学びを胸に、大きくはばたいていってください。

 

2017年度が終了しました

ブログ担当 全校 タグ:
DSC_2118

先日、和光小学校の2017年度が終了しました。

今年度も多くの活動を経験した子どもたち。1年生から6年生までそれぞれの学習の中で、一人一人が大きく成長した1年間でした。

そんな、和光小学校で6年間を過ごした子どもたちが、先日卒業式を迎え、それぞれが旅立って行きました。その卒業式の様子をご紹介します。 (さらに…)

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する