国語科

休校中の気持ち…

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
6nen

6年生は、入学式前にはできなかった1年生の教室飾りつけをがんばっています。1年生の教室がどんどん楽しくなっていっています。

その6年生が国語の授業で「俳句・川柳・短歌」を学び、休校中の気持ち、出来事を短歌に表していました。

「春なのに コロナのせいで 今日もまた 家で課題だ 登校できず」

「人と人 間をあけて 近づけない 死者とさみしさ 増えてくばかり」

「家にいて 感かくにぶる 何もかも コロナのうずに まきこまれてく」

「突然の コロナウイルス はやり出し 普段の暮らし 奪われる」

「罪のない 命うばわれ ないように 手洗いうがいに 心がける」

「じしゅく中 もう勉強で たいへんだ とほうにくれて 体育ずわり」

「コロナさん あなたがじしゅく してください そろそろもとに なおしてくれよ」

「コロナ禍で キャンプなくなり 思い出が 一つ一つと なくなっていく」

やはり話題は、新型コロナウイルスですね。担任の先生もつくっていました。

「工夫して 授業動画を つくったが 加工しきれぬ コロナ太りよ」

mei

和光小学校は、詩、川柳、短歌、作文、生活ノート・・・様々な表現方法で自分の気持ちを伝え、共有しています。

お家の人も一緒に”川柳”

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
IMG-0046

和光小学校は、保護者の方も一緒に学びを愉しんでもらうことを様々な場面で大切にしています。休校中に6年生が川柳づくりに取り組んでいますが、お家の方も一緒につくって送ってくれているので、紹介させてください。

 こんなにも 脚光浴びる日 来ようとは ” マスクの気持ちになって作ってくれました。たしかに、毎日ニュースになっていますね。

”お日様さん 今日も出てきて ありがとう” 雨の日はどうしようもないですものね…。

突然の スローライフに 日々発見” 突然の日々に、こんな捉え方ステキですね。

朝食後 昼夜調理に とりかかる” ”朝昼晩 飯炊き母さん ネタ切れた” 本当にわかります…。日々、ありがとうございます…。

写真は、6年生の新しいロッカーです。子どもたちが来るのを、今か、いまかと待っています。保護者の皆さん、毎日本当にありがとうございます。

6年生の川柳

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
IMG-0561 (2)

休校中の6年生への課題の一つに”川柳をつくろう”というものがあります。少しずつ担任に送られてきており、等身大の子どもたちのことばが面白いので、紹介させてください。

”桜の木 花が咲いても 家の中” MF

”桜ちる 川に流れる 花びらよ” SM

今の季節ならではの情景なのですが、何とも言えないもどかしさを感じますね。

”遊びたい 家でダラダラ つまんない” IS

”ストレスは貯金と違ってすぐ溜まる” NA

お見事!…と言いたいところですが、切実な子どもたちの気持ちが伝わってきます。

”一年生 とっても顔が 見たかった” YK

”6年の 大事な時間 減ってゆく” EY

6年生としての自覚がヒシヒシと伝わってきます。大丈夫!これから取り戻していきましょう!

子どもたちの表現を見ていると、蕾からパッと花を咲かせてとても良い香りを放つジャスミンを思い浮かべます。ちなみにジャスミンの花言葉は「愛らしさ」だそうです。子どもたちの作品、そして、子どもたちが本当に愛らしいです。6年生の皆さん、まだまだお待ちしています!

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する