夜に語る会

11/19「夜に語る会」のお知らせ

ブログ担当 お知らせ, 入試情報新着, 全校 タグ: , , ,
そのせん①

(写真は1980年代のそのせん。上「黒川さんさ踊り」 下「中野七頭舞」)

『続・民舞に恋して~和光小学校の民舞と私~』

話す人 園田洋一(元和光小学校副校長・元和光鶴川小学校校長・民族舞踊教育研究会代表)

2021年11月19日(金)19時~20時30分 本校体育館

そのせん②

昨年、今年とコロナ禍で各地の祭りやイベントが中止になり、和光の子どもたちも参加できない日々が続いています。それでも、今年も「いちょうまつり」に向けて、民舞の練習が始まります。昨年は、和光小学校で民舞が導入された経緯、また導入された当時の和光小の様子を中心にお話ししました。今回は、その続編として、この20年くらいの「和光小の民舞の成熟期」、特に「3.11と民舞」を中心にお話しします。

和光小学校が民舞に取り組むようになっておよそ半世紀。いちょうまつりの子どもたちの民舞を100倍楽しんでいただくため、和光小学校の民舞教育の経緯と民舞の魅力を「民舞に恋したそのせん」がたっぷり語ります。そのせんはYouTubeでも民舞の魅力を伝えています。よろしければご視聴ください。(「民舞研web研究会」で検索してください。)

☆「夜に語る会」はどなたでもご参加いただけます。(申し込み不要)

☆保育体制はとれませんが、子どもは幼稚園体育室でDVDを観て待つことができます。一緒に話を聴いても構いませんが、幼稚園体育室以外の場所で遊んで待つことはできません。

☆今年度は「密」を避けるため、体育館で行います。また、学校玄関にて検温をさせていただきます。

☆換気のため、扉を開け放しての会となり、会場が冷えてしまうことが予想されます。温かくするものをご持参ください。

☆自転車での来校も構いません。学校駐車場横にとめてください。(幼稚園駐輪場にはとめないでください)

問い合わせ:和光小学校事務室(03-3420-4353) まで

「考えさせられる会でした」~夜に語る会~

ブログ担当 お知らせ, 全校 タグ: , ,
PA150196

10月15日(金)に行われました『あこがれの空の下』の上映と、ディレクターのお二人による「夜に語る会」に多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。参加していただいた方の感想を、一部紹介させていただきます。

 

〇映画をつくった方のお話しが聞けたのはうれしかったです。とても素敵なお二人で、これからも応援していきたいと思いました。是非良い作品をつくって下さい。日本の教育を考えていく為に、「教育」を考える一助となってもらいたいです。(在学保護者の方)

 

〇本日は映画を見ることができませんで、夜に語る会のみの参加になってしまったのですが、本当に残念な気持ちになるくらい、とても映画にも和光小学校にも興味津々になる語る会でした。そして、何よりも卒業生の方々や、中学生の女の子がお話しされている言葉が、とても心に響きました。ありがとうございました。(外部からの参加者の方)

 

〇初めて和光に来ました。制作者の方々、外から見た和光や日本人の本質を聞き、考えさせられえる会でした。日本の教育について考えると、自分が受けてきて思い出に残っているのは、良くも悪くも小学、中学生の頃だったと思います。その頃の受けた影響はとても心強かったと思います。今後どうしたら公立でも和光のような教育が広がるのか・・・。(外部からの参加者の方)

 

〇卒業生含め、堂々と自分の意見をはっきり伝えられる子どもたちに感激でした。中国から見た日本という視点も発見だらけでした。私は、自分が子育てする上で「子どもを信じる」ことを最終的に大切にしたいと思っているのですが、それと重なる部分があり、背中を押された気持がしてうれしかったです。このままで彼は大丈夫だろうか…?将来困るのでは…?とか、考えるとキリがないと思いますが。でも、最後はやっぱり彼自身の生きる力や彼の人生の中でこれまで培ってきた力を多少ムリヤリにでも、無条件に信じるということ。社会の荒波にもまれる中で、親だけは少なくとも彼の味方でいてあげたいし、「彼なら大丈夫」と思えるくらい、一緒に考え、悩み、成長していきたいです。そして和光の教育、そして、関わって下さる先生方を心から信頼し、信じ、子どもを導いていただけることに感謝したいです。和光の魅力をさらに感じた一日でした。(在学保護者の方)

 

次回は、11月19日(金)19時~ 『続和光小学校の民舞』 園田洋一(元和光鶴川小学校校長)です。ぜひご予定ください。

10/15(金)映画上映会と夜に語る会です!

ブログ担当 入試情報新着 タグ: , ,
image_50418177

今年度2回目の夜に語る会です。今回は、和光小学校を舞台にしたドキュメンタリー映画『あこがれの空の下』のディレクターのお二人に、撮影を通してみた和光小学校の教育について語っていただきます。申し込み不要、どなたでもご参加いただけます。

10月15日(金)19時~20時30分

和光小学校 体育館

話す人 増田浩・房満満(ディレクター)

『撮影を通して見た、感じた和光小学校』

 

夜に語る会に先だちまして、17時15分より、映画『あこがれの空の下』の上映を行います

上映会のみの参加、夜に語る会のみの参加等、出入り自由ですのでご都合に合わせてご来校ください。

☆校内ではマスク着用、手指消毒にご協力ください。室内履きもご持参ください。

☆自転車での来校も構いません。学校駐車場横にとめてください。(幼稚園駐輪場にはとめないでください)

☆保育体制はとれませんが、子どもは幼稚園体育室でDVDを観て待つことができます。一緒に話を聴いても構いませんが、幼体以外の場所で遊んで待つことはできません。

問い合わせ:和光小学校事務室(03-3420-4353)

7/2(金)夜に語る会があります

ブログ担当 入試情報新着 タグ: ,
20171220blog1

和光小学校では、和光学園の関係者に登場していただき、授業や、教育、その人のこだわりまで・・・様々な切り口から自由に語ってもらう「夜に語る会」を行っています。夜の設定ということもあり、語る方も、参加される皆さまも、肩ひじ張らない会にしております。

今年度の第1回目は、副校長の増田が『教育と子育て』について語ります。性格が真反対の、小学校5年生の女の子と、年長児の男の子の子育てで大切にしていることや悩みについて。また、学級担任をしていた頃に大切にしていたことなどについて語ります。 どなたでもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

<日時> 2021年7月2日(金)19時~20時30分

<場所> 和光小学校体育館

☆お申し込みは不要です。当日、直接ご来校ください。

☆今年度は「密」を避けるため、体育館で行います。暑いかもしれませんが、申し訳ありません。

☆自転車での来校も構いません。学校駐車場横にとめてください。(幼稚園駐輪場にはとめないでください)

☆保育体制はとれませんが、子どもは幼稚園体育室でDVDを観て待つことができます。一緒に話を聴いても構いませんが、体育室、体育館以外の場所で遊んで待つことはできません。

<問い合わせ>和光小学校事務室(03-3420-4353) 矢作(やはぎ)まで

 

<この後もつづきます!>

第2回 9月24日(金) 話す人:園田 洋一(前和光鶴川小学校校長・現東京民舞研代表)

「続和光小の民舞について(仮)」

第3回 10月15日(金) 話す人:増田 浩 、 房 満満(『あこがれの空の下』ディレクター)

「『あこがれの空の下』撮影を通して見える和光小学校の教育」

※当日は17:30より和光小学校のドキュメンタリー映画『あこがれの空の下』を上演します。

第4回 11月26日(金) 話す人:和光高校の先生と卒業生

「和光高等学校の話と、和光での生活(仮)」

第5回 2月18日(金) 話す人:矢作 圭充(和光小学校事務長)ほか

「事務から見える和光の子どもたち(仮)」

☆☆ぜひご予定ください!☆☆

 

今年もやります!”夜に語る会”

ブログ担当 入試情報新着 タグ: ,
20171220blog1

”夜に語る会”とは、昼間に開催される学校説明会とはちがい、和光学園に関わる様々な人が、肩ひじ張らず、ざっくばらんにお話しし、和光教育について知ってもらう会です。今年度も全5回の企画をしました。

日時と内容はコチラから

申し込みは不要で、どなたでもご参加いただけます。ぜひご予定ください。

※新型コロナウイルスの感染状況により、急遽中止や延期となる場合がございます。このHPにてお知らせしますので、近くなりましたらHPをご確認ください。

和光の先生と子どもたちの信頼関係の礎はまさにここにあり

ブログ担当 全校 タグ:
IMG-1866

20日(金)、園田先生による”夜に語る会”「民舞に恋して」がありました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。感想を一部紹介します。

「親御さんからの「なぜ今の六つの民舞が選ばれたのか」問いに「教師が出会ってきて惹かれた民舞なんです」というそのせんのことばが一番心に残りました。教師が興味をもち夢中になった題材だからこそ、子どもたちの心をひきつけ真剣になり夢中になれる。そして身に着けた踊りに自分らしさと自信を持った時、それは下級生たちのあこがれになる。和光の先生と子どもたちの信頼関係の礎はまさにここにあり、「和光らしさ」と民舞の深いつながりなんだなと思いました。」

 

「いちょう祭りでは子供たちが踊る姿にとても感動します。そう、目が違う。その秘密が何なのか?園田先生からお話を聞けるというので、とても楽しみに参加しました。たくさんの気づきの中で「出来る出来ないではない評価を、すごくする」というお話が印象に残りました。丸かバツかではなく、「なんかすごくいい、ここがいい」という子どもの感覚自分らしさを育てるという点で、民舞が和光の教育に根付いているんだなと気づきました。」

 

「和光は、シラバスをただこなすだけではない学校です。それだけでも十分奇跡ですが、保護者も先生方も日々学んで進化し続けていける素敵な学校です。私はこの学校に巡り会えた、この出会いに感謝したいし、世の中がどんどん五感の心地よさを削ぎ落としてギスギスする中での、一筋の光であってほしいと願っています。そんな思いになったそのせんの語る会でした。本当にありがとうございました。」

 

※内部の方で、参加できなかった方には録画データをお渡ししています。担任か副校長までお申し出ください。

IMG-1865

 

11月20日(金)夜に語る会のお知らせ

ブログ担当 入試情報新着 タグ:
そのせん①

今年度3回目の夜に語る会は、元和光小学校副校長・元和光鶴川小学校校長・民族舞踊教育研究会代表である園田洋一先生(そのせん)が登場します。そのせんからメッセージが届きました。

 

こんな話を予定しています。

・和光小で民舞が盛んなのはどうして? ・いつから民舞に取り組むようになったの?

・日本の学校で民舞を取り入れるようになったのはいつから? ・子どもたちは民舞がどうして好きなの?

・民舞で子どもの中に育つものは? ・「そのせん」はどうやって民舞に出会ったの?

今年もいちょうまつりに向けてどの学年も民舞の練習が始まっています。コロナ禍の中ですが、変わらず子どもたちは民舞を楽しんでいます。和光小学校が民舞に取り組むようになっておよそ半世紀。いちょうまつりの子どもたちの民舞を100倍楽しんでいただくため、和光小学校の民舞教育の経緯と民舞の魅力を「民舞に恋したそのせん」がたっぷり語ります。

そのせん②

11月20日(金)19時より

和光小学校の体育館にて行います。

☆「夜に語る会」は、申し込み不要で、どなたでもご参加いただけます。

☆保育体制はとれませんが、子どもは体育館でDVDを観て待つことができます。一緒に話を聴いても構いませんが、体育館以外の場所で遊んで待つことはできません。

☆今年度は「密」を避けるため、幼稚園体育室で行います。また、学校玄関にて検温をさせていただきます。

☆換気のため、扉を開け放しての会となり、会場が冷えてしまうことが予想されます。温かくするものをご持参ください。

☆自転車での来校も構いません。学校駐車場横にとめてください。(幼稚園駐輪場にはとめないでください)

問い合わせ:和光小学校事務室(03-3420-4353) 矢作(やはぎ)まで

10月16日”夜に語る会”

ブログ担当 入試情報新着 タグ:
20171220blog1

今年度2回目の”夜に語る会”は、本校養護教諭が語ります。この会は、お申し込み不要でどなたでもご参加いただけます。

『和光小学校の保健室から』

幼稚園から小学生まで、風邪もひきやすく様々な病気になりました。治るまでにかかる日数も長くて、漠然と大人にはなれないかもしれない…16歳までは生きてみたいなぁなどと思いながら、小学生時代を過ごしました。ところがそんな私の心配は杞憂に終わり、今も元気に生きています。お世話になることの多かった保健室の先生がたの優しさに触れ、「こんな大人になりたいなぁ。」と思い保健室の先生を目指しました。14年前、和光小学校の試験を受けた時、グラウンドから『かごめかごめ』をしている子どもたちの声が聞こえました。その時、「ここで働きたい!」と心から思ったことを覚えています。和光小学校で保健室から見える子どもたちの姿をお伝え出来たらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

☆自転車での来校も構いません。保育体制はとれませんが、子どもは体育館でDVDを観て待つことができます。一緒に話を聴いても構いませんが、体育館以外の場所で遊んで待つことはできません。

問い合わせ:和光小学校事務室(03-3420-4353) 矢作(やはぎ)まで

IMG_1314

 

これが和光なんだな~面白い!「夜に語る会」

ブログ担当 全校 タグ:
IMG_1313

今年度第1回目の「夜に語る会」が行われ、沢山の方にご参加いただきました。参加してくださった方の感想を一部紹介します。

 

待ちに待った夜に語る会で、すごく楽しみにしていました!やっぱり良いですね。先生の人となりが分かりそうで分からない(もっと知りたいなぁ)短かすぎる時間でした。教育哲学なんて今までアンテナが反応しない分野でしたが、すごく面白いなと思いました。ありがとうございました。(在校生保護者)

 

どのような会かわからず参加しました。先生のストーリーを聞く機会はなかなかないイメージでしたが、これが和光なんだな~面白い!!と思いました。親との距離も近くて最高でした。子どもにとって良いと選んだ学校でしたが、私も関われると楽しそうだなと感じました。(外部から参加してくださった方)

 

山下さんのご経験を自分の子供のころに重ね合わせ拝聴していました。自分の好奇心を優先し、大人から話し合いなく押しつけられ自分の肌や感覚に合わないなと思ったことに抗ってきました(全て逆らってきたわけではありませんが)。そしてそのことに「大人になった今も、なんとなく自分は逸脱した子供であったという否定的な思い」があったのですが、それは決して悪いことではなかった、とこの歳にして自己肯定をすることができました。今後、家族や自分に関わる人たちとどのように接していくべきか、見つめ直す契機となりました。このような機会に感謝します。(外部から参加してくださった方)

 

私は田舎の公立小中高出身で、まさに管理教育の中で成長してしまいました。自分に染み付いた「当たり前」といつも対峙しています。身についた経験から、子どもには大人に都合のよい対応をしてしまいがち。「ケアされた記憶がケア出来る人へ成長できる」のは子どもに限ったことではありません。とてもいい言葉を教えていただきました。山ピー様々な準備、プレゼンありがとうございました。(在校生保護者)

IMG_1314

 

☆次回は、10月16日(金)19:00~ です。どうぞご参加ください。

今年もやります!「夜に語る会」

ブログ担当 お知らせ, 全校 タグ:
20171220blog1

和光学園の教師が”こだわり”を語ったり、保護者の方に和光教育を語っていただく「夜に語る会」を今年度も開催していきます。「密」を避けるために、通常の倍の広さの会場で、換気をしながら行います。また、入校の際は、検温と手指消毒にご協力いただきます。マスク着用もお願いいたします。

今年度の第1回目は9月25日(金)に、2年生担任の山下先生が「和光に来るまでの右往左往 ~<子どもの権利条約>から<教育哲学>を学んで思うこと~」というテーマでお話しします。山下先生からメッセージが届きました。

「20才の私はその冬、スイスのジュネーブにいました。国連子どもの権利委員会を前にしてスピーチをするためにです。どうしてこうなった? 思い返せば様々な出来事が、今のじぶんをつくる「伏線」であったかのように、現在につながっている気がします。ひょんなことから「子どもの権利条約」に出会いました。先生になる気もないのに教育学部に行きました。自分の色々な価値観がひっくり返されました。教育哲学を学ぶ中で、教育って何なのか? 子どもって何なのか? 人間って何なのか? を考えました。そして現在、私は小学校の先生をしています。しかも和光で。偶然か、必然か、運命か。私が母子家庭に育ち、右往左往した末に和光にたどり着くまでの人生を、ちょっと語ってみたいと思います。」

夜に語る会は、申し込み不要、外部の方も参加していただけます。どうぞご参加ください。

<今年度の予定>

9月25日(金)山下淳一郎(本校教諭)「和光に来るまでの右往左往 ~<子どもの権利条約>から<教育哲学>を学んで思うこと~

10月16日(金)伊藤優子(本校養護教諭)「私のこだわり(仮)」

11月20日(金)園田洋一(前和光鶴川小学校校長・現東京民舞研代表)「私と民舞(仮)」

※時間はすべて19時~20時30分です。

※自転車で来校していただいても構いません。

※子どもたちの保育体制はとれませんが、DVDを見て待っていてもらいます。

お問い合わせは、和光小学校事務室(03-3420-4353)まで

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する