工作技術科

生活のなかの道具作り~職人さんの仕事に学ぶ~

ブログ担当 高学年ブログ タグ: ,
PA040030

6年生は工作技術科の授業で、「生活の中の道具作り」としてスプーンやバターナイフなど、木の板から彫りだして作っています。今回はその授業の延長で、生涯の仕事としてものづくりに取り組む、漆工芸職人である手塚俊明さん・戸枝恭子さん(青梅市・朱文筵工房)をお招きした特別授業を行いました。

 

最初に手塚さんより、漆器ができるまでのお話と職人としてのこだわりをお伺いしました。「手動の力での作業や木を育てて作ることは、時間がかかり効率はよくないが、環境にやさしい。プラスチックや石油を燃やした電力は便利で速いが、その裏側にあるものを考えてほしい。」という言葉を真剣なまなざしで受け止めている6年生の姿が印象的でした。

PA040019

手塚さん・戸枝さんの作品も実際に手にとらせていただき、使い心地や、その感触をじっくり味わっていました。

PA040016

実技では、手引きの木工ろくろを用いて、木のブロックから器の木地を作る作業を教えていただきました。刃物をあてる角度や強さなど言葉で表せられない繊細な操作から、最も木が削れる位置を探りあてます。綱の引き手は削り手の様子を見ながら速さ・強さを調節していきます。まさに二人の呼吸が合わなければ成しえない作業です。

PA040022

手引きの木工ろくろを操作を学び、木を削った6年生。今後の授業で塗りも含めて完成させていきます。「生活に使える道具」づくりの難しさ・大変さ・楽しさを堪能した一日でした。

PA040031

※ 東京新聞の取材を受けました。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/134962?rct=t_news

※ J:COM(地デジ11ch)の番組で取り上げられます。
10月8日(金)「ジモト応援!つながるNews」
(アプリ「ど・ろーかる」でも視聴できます。)

ガラス越しの作品展

ブログ担当 中学年ブログ, 全校, 高学年ブログ タグ: , , ,
shuusei1

子どもたちの焼きものの作品が玄関を彩っています。
Shusei2

4年生は花瓶を作りました。自立すること、水が漏れないことを条件に、思い思いの作品をつくりました。中に挿す花も自分たちでセレクト。自分の花瓶に似合う花を選ぶ様子は、まるで生花を楽しむようでした。

IMG_9621 (1)

5年生は飲み物を飲める器です。持ちやすさや、口当たりにもこだわって作りました。自分で釉薬を選び、釉薬による色の違いなども楽しみました。

shusei3

緊急事態宣言の続く中、校舎に入ることができない日が続いています。そこで玄関のガラス越しに作品を飾り、外からも見ていただけるようにしました。近隣にお住まいの方からも、子どもたちの作品っていいですね。とお声かけいただきました。

IMG_9695

お近くにお越しの際は、ぜひご覧になってください。

個性的な作品がズラリ

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
IMG_2295

本当なら今日から始まるはずだった3学期。「緊急事態宣言」を受けて、和光小学校がどのように教育活動を展開していくか教職員で話し合う1日となりました。来週からのことは、学内の方にこの後「マチコミ」を通してお伝えします。

学校玄関には、6年生が工作技術科で取り組んだ「やきものの食器」が並んでいます。工作技術科の授業では、生活の中で使う道具を作ります。

IMG_2291

土の粘土で形を作って焼き、釉薬というガラス質の粉をかけて焼き、約半年かけて、おもいおもいの器を作りました。色・形・もようなど、個性的な作品にしあがっています。

IMG_2294

IMG_2293

本来ならじっくりと見ていただきたい所ですが、このような状況なので、大人の方には来校していただくことができません。子どもたちのみんなには、ぜひ登校した所でゆっくりと見てもらいたいなと思っています。

子どもたちのステキな作品!

ブログ担当 全校 タグ:
IMG_6516 (1)

校内を歩いていると、子どもたちのステキな作品に出合います。

工作技術科では、5年生がしめ縄かざりを完成させました。

image2 (3)

6年生は、先日の漆器職人の方の特別授業で取り組んだ木の器を完成させています。

PC210234

3年生の教室前には、街が広がっていました。電車が走り、タワーマンションが建ち、動物園があり…夢のようなステキな街です。やりたい人が集まって、休み時間にコツコツと創っているそうです。街はまだまだ建設中です。

IMG-1951

IMG-1952

職員室前の通路に置かれている下駄箱の上には、いちょうの葉っぱで作られた花がそっと置かれていました。

PC150187

子どもって本当に”アーティスト”だなって思います。

技術科 職人さんをお招きしての特別授業

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
PC110135

6年生の工作技術科の授業では、漆器を作っている手塚俊明さんと戸枝恭子さんをお招きしての特別授業を行いました。お二人は、木地づくりから上塗りまでの全ての工程を、自分の手で行うというこだわりを持たれている方々です。その技術や、職人さんとしての姿を子どもたちと出合わせたいと思うと同時に、子どもたちにも漆器づくりの一部を体験させたいと考え、初めての授業を設定しました。

まずは会議室にて、漆器とは何か、その工程についてのお話しを聴きました。

PC110120

PC110121

PC110126

その美しさと、お話しにひき込まれる子どもたち。お話しを聴いた後は、クラスごとにわかれての作業です。「木工ろくろ」を使い、木を削っていきますが、この「木工ろくろ」はこの日の授業のために特別に作ったものです。

PC110135

やり方を学習した後は、二人一組になって作業していきます。

PC110149

ひもを交互にひっぱることで、ろくろが回転します。

PC110152

手塚さん、戸枝さんも手取り足取りで教えてくれます。子どもたちもどんどん慣れていきます。

PC110141

削った木がどんどんお椀の形になっていきます。残念ながらこの日は完成するところまで行きませんでしたが、漆器づくりの一端を体験することができました。子どもたちにとって、貴重な出会いと体験の一日となりました。手塚さん、戸枝さんありがとうございました。

技術科 「しめ縄かざり」づくりに挑戦!

ブログ担当 高学年ブログ タグ:

5年生は、田んぼで刈り取り、収穫したお米の稲わらを使って「しめ縄かざり」づくりをしました。「しめ縄かざり」とは何なのか?地域によって様々な形で作られていることなどを学習した後、いよいよなうことに挑戦です。

PC080040

両手を使いながら上手になっていきます。

PC080039

一人ひとりちがった、味のあるステキな作品ができあがりました。

PC080041

ぜひお正月にかざってね!

PC080038

それにしても、お米(稲)はムダになるところがありませんね!

技術科 五寸釘のナイフ

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
IMG-1859

工作技術科では、五寸釘からのナイフ作りに挑戦しています。釘を熱して800℃くらいまであげてオレンジ色にします。

IMG_6379

IMG_6377

IMG-1851

金床にのせて、金づちで叩きます。1kg以上ある金づちはとても重く、6年生にとっても大変な作業です。

IMG-1853

何度も何度も叩いて、釘を薄くしていきます。

IMG-1856

IMG-1855

この釘を研いでナイフにしあげていきます。出来上がりが楽しみです!

工作技術科「粘土のウラ話」

和光小学校 全校 タグ:
2020100904

天気のいい夏のある日、校庭にこんなものが現れました。

泥の入った桶のようなもの。通りがかる子どもたちはみな興味深々。

2020100901

実はこれ、原土を水に溶かしてかき混ぜた「粘土」なのです。乾くとこんな感じ。やわらかく、よくのびる、いい状態の粘土になりました。

2020100902

子どもたちは、この粘土から作品を作ります。同じ作りかたでも、人によって大きさも形もそれぞれ。とっても個性的です。

2020100903

作った粘土の作品はしっかり乾かし、窯に入れて焼き上げます。和光小学校には立派な窯があり、一度に2学年分の作品を焼くことができます。

2020100904

素焼きをし、釉薬をかけ、本焼きまですると、持ち帰って実際に使える器が完成します。

2020100905

2020100906

2020100907

(作品の写真は、こちらからもどうぞ ↓)
工作技術科では、3〜6年生まで、毎年ねんど・焼きものに取り組んでいます。
粘土は何からできているの?どうやって粘土が焼きものになるの?というような子どもたちの知的好奇心に応えながら粘土に向かいます。土の感触を楽しみつつ、生活の中で使える本格的な作品を仕上げることで自己肯定感を高める、そんな授業を目指しています。
作った作品はずっと家で飾られたり、使われたり。そんな生活に根差したものづくりに取り組んでいる工作技術科の授業です。

6年生バターナイフ作り

ブログ担当 高学年ブログ タグ:
P9110193

6年生の工作技術の授業では、ブナの木を使ってバターナイフ作りに取り組んでいます。ナイフ作りを行う、6年生の手元が何だかステキだったので、今回は手元に注目してみました。

P9110195

 

P9110196

 

P9110197

 

P9110194

さぁ、どんな作品に仕上がるかな??

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する