感想

「ただただ感動の一言です。」【入学式の感想】

ブログ担当 低学年ブログ, 全校 タグ: , , ,
P4120283

入学式をふり返って、1年生の保護者の方が感想(ふりかえり)を寄せてくださいました。一部紹介させていただきます。

 

〇入学式は、在校生の心のこもった丁寧な歓迎に感動しました。特に歌を歌う時に全員の声が大きく、心のこもった歌声に涙が出るほど感動しました。頼もしい先輩がたくさんいて、これからがますます楽しみになりました。

〇「式」というかイベント全体も大変たのしく、明るく、和光に入ってよかったなと思いました。和光の入学式は一般的な日程よりやや遅いですが、その理由は準備に時間がかかるのだ、ということがよくわかりました。

〇昨日の入学式、とってもよかったです。コロナ渦であっさり終わる式も多い中、子どもたちの歌声が聴けてとても嬉しかったです。

〇コロナ渦の中でもこれだけあたたかく迎えてくれたことに本当に感謝です。2年生、6年生だけとは思えない元気な歌声でしたね!一年生だけで歌いはじめた「せかいじゅうのこどもたちが」に2・6年生の声が重なった時のおどろきと、「これでみんなも和光小のなかまになりました」という飯島先生のことばに、とても感動しました。3番の歌詞には、戦争がおきている今のこの世の中でこれからこの子たち、私たちは生きているんだなということも考えずにはいられませんでした。こんな世界だからこそ、和光小の6年間で学ぶ時間が本当に大切なものになるにちがいないと思います。

〇いざ入学式が始まると、見るからに個性豊かな子どもたちがたくさんでとてもキラキラしていました。冒頭のごあいさつから笑いあり、型にはまらない和光らしいスタートで、そうだった~!と心がゆるんでいき、私自身の子ども心に返っていました。入学式というのが、新入生の入学をみんなでお祝いして歓迎する、という原点にあって先生方、親和会の方、在校生のみんなが同じ気持ちで準備して用意してくださったんだな・・・と出席して胸の熱くなる思いで一杯でした。これから広がっていくであろうワクワクいっぱいの世界が垣間見れ、私自身もこの6年間子ども心に返って楽しませていただきたいです。

〇自身の入学式を思い返してみましたが、こんなにも手作りで愛がつまったものではありませんでした。ただただ感動の一言です。

〇式では2年生の踊りに興味津々な表情。家へ帰ってきてから「どう思った?」ときいてみると「これを自分が踊るのかーと思った」と言っていました。3年生のプレゼントわりばし鉄砲は「どうやってやるのかなあ」と教えてもらうのを楽しみにしているようです。4年生のあやとりひもは「あんなこと、できるようになると思う?」と言っていました。5年生のプレゼントの会場のメッセージとくす玉には「本当に作ってくれたの?」とすごいなあと思っているようでした。6年生の踊りは「格好よかった!!」と言っていました。親の私も6年後こんな風に格好良い6年生になれるのかしら?と6年生のステキな姿に目頭が熱くなってしまいました。最後に急いで1年生の椅子を運んでくれる6年生の姿にまた感動しました。世界中の子どもたちが…の歌のように2~6年生のみなさんが1年生を包んで励まし和光小の仲間にいれてくれるのかなあと感じました。みなさんからの愛をたくさん感じた入学式でした。

〇素敵な入学式の開催ありがとうございました。兄の時は異例の6月の入学式・・・。在校生も6年生のみで・・・歌も民舞もなく静かな入学式でしたが、今回の入学式では全校生徒ではなかったですが、6年生と2年生も参加し、アイヌやみかぐらを生で見ることもでき、また歌もありこれぞ和光の入学式!!と言った感じでとてもうれしかったです。まだまだコロナも落ち着かない中での開催で、先生方も色々と考え、対策をしてくださったと思います。また在校生たちの心温まる準備ありがとうございました。

IMG_0297

「この日を笑顔で迎えられて嬉しいです」

ブログ担当 全校 タグ: , , ,
PB270536

いちょうまつりは終わりましたが、まつりでの成長やがんばりを全校で確かめ合っています。本日の学校通信で紹介した2年生から5年生のお家の方の”ふりかえり”を紹介します。

〇いちょうまつり、先生方お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。1年のアイヌとはちがって、あでやかな色に包まれて、みんな荒々しく踊れましたね!少しだけ上級生になった2年生。昨年よりも表情もやわらかくて、でも真剣な眼差し。力強さを感じました。成長しているんですね!胸が熱くなりました。Oは練習し始めの頃は「なんだか荒馬イヤだな~」と話していたのですが、練習が進むにつれて、「だんだん楽しくなってきたよ!」とか、ハチマキを作った時の話しや、ジャンケンで負けて自分の好きな色の馬で踊れなくて最悪だ…とか、いつもより沢山自分の気持ちを伝えてくれました。驚いたのは、「けっこう自信あるよ、踊るの!」と話してくれたことです。園田先生が夜に語る会で仰っていましたが、民舞を通して“自信がつく”と。まさにその通りでした。すごいなぁと、改めていちょうまつりのすごさを感じました。いちょうまつりを観て、和光に通わせたいと思って入学を希望したこともあったので、本当に和光の魅力に魅せられたいちょうまつりでした。Oは、次は篠笛をやりたいそうです。今年の5,6年生は特にすごかったですね。全体感がまとまっていて、力強くて、元気があって、でも優美でした。6年生のエイサーは格段にかっこ良かったです!!4年後あんな立派になるのか、今から楽しみでもあります。(2年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつり、本当にお疲れさまでした。遅くなりましたが感想を一言だけ。今回拝見しながら強く印象に残ったのは、やはり一緒に踊りを支えてくれている大人の姿でした。こどもたちの踊る姿ももちろん素敵で大いに感動したのですが、それを下支えしてくださっている先生方の踊りや演奏の本気度にもあらためて心を動かされました。そして実行委員の皆さんのサポートにも。大人が本気であれば、子供たちもそれに動かされるところが大きいですよね。あの子供たちの素敵な踊りは、大人の「本気」に見守られているからこそのものだと思いました。(3年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつりお疲れさまでした!!まずは、コロナ禍に開催時期が変更になり、おどりの広場では子どもたち寒そうでしたが、楽しそうな嬉しそうな顔をたくさん見ることができました。まつりの広場は、後半チームでした。最初の10分を父親、その後私、という交代制にしたのですが、私が行った時点では、子どものお店の大半が終わっていて(売り切れ)、どんな品物が売られていたのか見ることもできず…でした。食も一つも食べられず…来年こそは、朝イチから参加できるといいなぁ!(略)おどりの広場は、6年生の圧巻のエイサーに号泣でした!!みんなかっこよすぎる!!沖縄学習旅行で、現地で教えてもらったり、それぞれに様々沖縄の歴史を感じてきた後でのエイサーは、例年とは思いの強さが違うように感じました。気持ちがぴったり一つにあわさっているのが伝わってきました。七頭舞は、子どもたちが楽しそうでしたね。わが子は道具の扱い方に苦労しつつも、踊りの種類の多さに苦労しつつも、踊れるようになっていくことが嬉しそうでした。欲を言えば、いちょうまつりがあと1週間先だったら、もっと自分のものになっていたかなとも思いますが、いちょうまつりが終わっても踊り続けていくと思うので(笑)←現に家でもすでに踊っている、今後も楽しんでいってもらいたいです。先生方お疲れさまでした。(4年生の保護者の方より)

 

〇練習の日々、様々な配慮をしながらの開催、、これまでの背景を想像しながら観るみんなの舞は生き生きとして眩しく、本当に素晴らしいものでした!娘は篠笛にも参加していたので、下級生の、自分たちもやってきた踊りを見ながら吹いた気持ち、、、などまたいつか思い出すことがあるでしょう。これが終わると、いよいよ最後なのか、ついにエイサー、、すでに胸が熱くなるのですが、その前に騎馬戦がありますね!(5年生の保護者の方より)

 

〇1年生から6年生 踊りの違いが本当に面白く最後の6年生のエイサーは堂々たるものでしたね!5年生のみかぐらは扇使いの集大成、ステップから腰の入り方などエネルギー溢れていました。わが子も踊りが大好きなので、舞台に立っているような表情と舞でした。自信を持って嬉しそうに踊る姿に感動しました。この日を笑顔で迎えられて嬉しいです。5年生は一体感ありましたね!(5年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつり、コロナ禍で開催して頂きありがとうございました。きっと裏ではたくさんの苦労があったと思います。今年も変わらない、子どもの為のいちょう祭でした。寒さや風の強さか、また恥ずかしさもあってか少しもじもじした感じで始まったみかぐらでしたが、全体がきゅっとスイッチの入る瞬間があり、さすがの高学年の踊りでした。娘は練習期間中、覚えるのに難しそうにしていたので本番どうなるかとソワソワしていましたが、堂々と踊っていてカメラも撮らず見惚れていました。来年がさらに、たのしみです。(5年生の保護者の方より)

「本当にすばらしいおまつりでした。」

ブログ担当 全校 タグ: , , , ,
PB270730

いちょうまつりが終わり、お家の皆さんからの沢山のふりかえり文(感想)が届いています。和光小学校は、子ども・保護者・教員…みんなでその行事や活動をふり返りながら、一人ひとりやクラスの成長を確かめ合っています。今日は初めてのいちょうまつりだった1年生と、最後のまつりとなった6年生のお家の方の文を紹介します。

 

〇今日は初めてのいちょうまつりの参加でした。先輩保護者の方々から話しは聞いていたのですが、本当に感動いっぱいの楽しいすばらしいおまつりでした!!!コロナ禍でも子どもたちのためにと様々な工夫をしてくださり開催できたこと、子どもたちのキラキラした一生懸命の姿を同じ場所で見ることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。わが子に毎日、歌を厳しく教えられていました。そのわりに踊りは忘れちゃったーーと言うので、本番どうなることやら、、と思っていましたが、想像以上に楽しそうに堂々としている姿を見て、(ちょこちょこズレたりしてましたが)とても嬉しい気持ちになりました。最後の輪踊り(ポロリムセ)で先生も一緒にみんなで手をつないでまとまって、最後に輪になっていく様子がクラスの様子と重なって感動でした。踊りから文化や道具作りなどなど、何より一緒に楽しみ踊りきる達成感。すばらしいことがたくさん学べて、本当にすばらしいおまつりでした。我が家ではまだまだアイヌの踊りと歌の指導が続いています!(1年生の保護者の方より)

 

〇子どもたちの店番やお買い物に向かう姿、興奮(特に低学年)してとてもイキイキしていました。娘はお金を落としてしまったそうですが、ちゃんと届けられていたそうです!私は一歳の弟を連れて6年生のボールの的当て?をしましたが、順番を待ちきれずくずってしまった一歳児を、それはそれは素晴らしい対応で笑顔にしてくれました。母の出る幕なし、圧巻でした!ひとつの小さな社会のようないちょうまつりには、明るい未来、大きな成長がありますね。毎年たのしみです。他学年の踊りでも涙が出るほど、子どもたちの姿が輝いていました。先生方の熱心な解説、自ら踊る姿がそうさせたのかもしれません。娘の一年生の踊りからは、自然の美しさを細やかに見事に表現しているアイヌ文化の力が伝わってきました。生の歌に本格的な衣装、大人と子供が一体となり、ほんとうに素晴らしかったです。娘は三連休の間もまだまだいちょうまつり気分で、毎日毎時踊り、お買い物したもので遊んでいました。(1年生の保護者の方より)

 

〇今年もすばらしい民舞を、感動を本当にありがとうございました。各学年、20分弱があっという間に感じてしまう不思議なエネルギーの空間でした。去年に比べてわたしも子どもたちや先生方の名前と顔が一致するようになり、クラスみんなが兄弟のような、先生の子どもたちのような温かい雰囲気に、今年も時間を忘れて、寒さも忘れて見入りました。特にエイサーでは子どもたち個々に、きっと楽しいだけでは語れないたくさんのドラマがあったんだろうなーと思い浮かべながら、目は子どもたち一人一人の演技を追うのにも忙しく、始まってしばらく先生の存在を忘れかけていて、、途中からすごく気が利く優しい白塗りのチョンダラーの子がいるな、、と感心していた矢先それが先生だったと気づいて本当にビックリしました。あのお顔で笑、時に子どもたちの衣装を凛々しくお母さんのように次々と直してくれている姿が愛おしすぎて、そのギャップにもキュンとしました。いつも自然体で子どもたちに寄り添っている先生だからこそピッタリとはまった役柄は、一日で作り出せるものではない尊いものだと思います。簡単に真似のできるものではない、さすがの一言でした。来年はもう見られないのかと思うと寂しいですが、こんなに一生懸命にみんなで作り上げた作品と経験はわが子の、わたしたちの最高の宝になりました。これから何度もいちょうまつりを経験できる一年生や二年生、まだ数年ある三年生四年生、来年エイサーを踊る五年生、そしてこれから和光小に来る未来の和光生みんなが本当に羨ましいですが、これから始まる素敵な時間、熱い和光小の先生方と共に存分にエンジョイしてほしいと思います。そしていつかまたわが子も卒業生として、かけがえのない仲間たちと一緒にいちょうまつりに帰って来られる日を、わたしも楽しみにしています。今年もすばらしい時間を、経験を、本当にありがとうございました!(6年生の保護者の方より)

 

〇沖縄学習旅行に続き、いちょう祭りも無事に終える事が出来て、ホッとしております。そして、先生方には、本当に感謝です。有り難うございます!今年は、最後のいちょうという事で私も、見かたが例年とは違う気持ちでいっぱいでした。各学年のおどりを、当時のこの子たちと重ねて見ていました。それぞれに、その時のおどりの様子が鮮明に思い出されて、胸がいっぱいになりました。今も、こうして感想を書いてるだけで泣けて来ます(笑)全学年、どの子も、とてもいい顔をしておどっている様子を見ながら、この6年間こうして、いい時間を積み重ねて来たのだな、、、。と改めて思います。どんどんエイサーの順番が近付くにつれ、見たい気持ちと、まだ順番が来なければいいと思う気持ちで何だか震えました。あの衣装を付けている姿だけでも、最高学年の、象徴ですよね。いよいよ、我が子たちがあの衣装でおどるのか〜。と思いつつ、更に泣けて(笑)どの子も、凄くカッコ良くて、なんでしょうね、こんな堂々としたイイ顔をするんだなぁ!って。そして、もう言う事なしに私の中では最高のエイサーでした!!子どもたち、ひとり1人に「凄くカッコ良かった!有り難う!」と言いたいほどの、気持ちです。(6年生の保護者の方より)

 

〇いちょうまつり、お疲れさまでした、そして、ありがとうございました!本当に素晴らしかったです!皆が集中しているのが伝わってきて、大太鼓・締め太鼓・男手・女手と、振りや動きは違うのに、一体感がすごくて、音も声も動きも、全体が一つになって、大きな“うねり”みたいになっている!と感動しました。そして、どの子も、1年生、2年生、3年生の頃の幼さの残る姿を覚えているだけに、体つきもしっかりとして6年生の表情で、躍動感とキレのあるエイサーを舞っている姿に感動もひとしお…。「わぁ、○○はこんな風に踊るんだな」とか「□□は、こんなダイナミックな踊りをするようになったんだな」とか、ひとりひとりに魅せられて、あっという間の時間。もっともっと見ていたいと感じました。思春期らしい感情や視点も育ってくるであろう時期に、これだけ体全体を使って表現し、周りと一緒に一つの踊りを真剣に仕上げられること自体、本当に稀有なことじゃないかと思います。後で話を聞いたら、みんな手にマメや傷を作ったり、腰に大きなアザを作りながら、ここまで練習してきていたようで、これだけ真剣に、夢中になれるなんて本当に素晴らしい…!今年も去年に続き、沖縄学習旅行の後でのいちょうまつりでしたが、沖縄学習旅行も含めてのいろんな経験があのエイサーに詰まっているように感じ、子どもたちにとっては色々と例年通りにできないことも多かったこの2年弱でしたが、子どもたちはそんな制約もものともせずしっかりと成長していることを感じました。こんなエイサーを見せてもらえるなんて、それだけでとっても幸せで、この6年間に大満足だなぁと感じました。ありがとうございました。(6年生の保護者の方より)

「考えさせられる会でした」~夜に語る会~

ブログ担当 お知らせ, 全校 タグ: , ,
PA150196

10月15日(金)に行われました『あこがれの空の下』の上映と、ディレクターのお二人による「夜に語る会」に多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。参加していただいた方の感想を、一部紹介させていただきます。

 

〇映画をつくった方のお話しが聞けたのはうれしかったです。とても素敵なお二人で、これからも応援していきたいと思いました。是非良い作品をつくって下さい。日本の教育を考えていく為に、「教育」を考える一助となってもらいたいです。(在学保護者の方)

 

〇本日は映画を見ることができませんで、夜に語る会のみの参加になってしまったのですが、本当に残念な気持ちになるくらい、とても映画にも和光小学校にも興味津々になる語る会でした。そして、何よりも卒業生の方々や、中学生の女の子がお話しされている言葉が、とても心に響きました。ありがとうございました。(外部からの参加者の方)

 

〇初めて和光に来ました。制作者の方々、外から見た和光や日本人の本質を聞き、考えさせられえる会でした。日本の教育について考えると、自分が受けてきて思い出に残っているのは、良くも悪くも小学、中学生の頃だったと思います。その頃の受けた影響はとても心強かったと思います。今後どうしたら公立でも和光のような教育が広がるのか・・・。(外部からの参加者の方)

 

〇卒業生含め、堂々と自分の意見をはっきり伝えられる子どもたちに感激でした。中国から見た日本という視点も発見だらけでした。私は、自分が子育てする上で「子どもを信じる」ことを最終的に大切にしたいと思っているのですが、それと重なる部分があり、背中を押された気持がしてうれしかったです。このままで彼は大丈夫だろうか…?将来困るのでは…?とか、考えるとキリがないと思いますが。でも、最後はやっぱり彼自身の生きる力や彼の人生の中でこれまで培ってきた力を多少ムリヤリにでも、無条件に信じるということ。社会の荒波にもまれる中で、親だけは少なくとも彼の味方でいてあげたいし、「彼なら大丈夫」と思えるくらい、一緒に考え、悩み、成長していきたいです。そして和光の教育、そして、関わって下さる先生方を心から信頼し、信じ、子どもを導いていただけることに感謝したいです。和光の魅力をさらに感じた一日でした。(在学保護者の方)

 

次回は、11月19日(金)19時~ 『続和光小学校の民舞』 園田洋一(元和光鶴川小学校校長)です。ぜひご予定ください。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する