6年生

6年総合「5.15沖縄復帰」を考える【動画】

ブログ担当 高学年ブログ タグ: , , ,

5月15日の「沖縄復帰50年」を前に、6年生が授業を行いました。

授業を終えた子どもたちのふりかえりを一部紹介します。

〇沖縄が日本に復帰したところで、沖縄の人々の生活が「アメリカ世」の時とくらべてゆたかになるとは思えないけれど、沖縄の人々はデモをおこしてまで復帰したかったのだろうか。2022年、東京にすんでいると、考えるのはとてもむずかしいです。

なんかふくざつ・・・てっきり沖縄は日本にめっちゃもどりたいのかと思ったけど、全員がそういうわけではなかった。今も米軍基地があることにはだいたいの人がめいわくだと思うけど、そこで仕事ができる人もいる。でも、自分的に沖縄が日本にあってよかったと思う。

自分だったら日本に戻れるのはうれしいけど、それより望んでいることは米軍基地をなくすことです。なぜかというと、もし米国とどこかの国がたたかうと沖縄に鉄ぽうなどがとんでくるかもしれないとおもったからです。ドルから円にかわることでお金の価値はどうなるんだろう。

沖縄は米軍基地がない日本に帰りたいと願っていたけど、そうはならなかったということがわかった。沖縄の人はまだ今でも苦悩しているんだと思ったから、かわいそう。基地はどうにかできないんだろうか。

(米軍基地がなかったら)米軍基地で働いている人は困るんじゃない?それに中国やロシアから攻撃がきたらやり返せるという抑止力もなくなっちゃうんじゃない。だから、どちらもいいとは言えないなあ。

何で日本にもどされると言ったのに、米軍基地は残されるの?ただ平和になりたいと思っただけなのに。

6年総合学習「沖縄の草編み工作・うまぐゎー」

ブログ担当 高学年ブログ タグ: , , ,
IMG_2236

6年生は、様々な角度から沖縄を学習しています。今回は「沖縄の草編み工作」。もともとは草刈りの仕事を手伝う子どもたちの遊び文化だったそうです。笹舟やシロツメクサの冠などと一緒ですね。ただ気候の違う沖縄で育つアダンやヤシの葉は厚く丈夫なため、独自の草編み工作が生み出されてきました。

今回取り組んだのは「うまぐゎー」。沖縄の植物の代わりにシデ紐を使って作りました。足やしっぽの長さや、胴・首の長さなどで、多様な表情を見せる馬たちに、作り手の個性が現れます。

IMG_2256 (1)

IMG_2257

IMG_2258

20日(金)まで玄関に展示しています。学校にお立ち寄りの際には、ぜひご覧になってください。

IMG_2259

 

6年生工作技術 折り鶴に想いをこめて

ブログ担当 高学年ブログ タグ: ,
P4250413

6年生は工作技術の授業で折り鶴に取り組みました。ただ鶴を折るのではなく、佐々木偵子さんの絵本を読み、鶴を折ることの意味を学習してから取り組みます。

一通り鶴の折り方がわかった所で、一人ひとりがストーリーを考えながら折ることに挑戦します。一枚の台紙に”平和”を表現するのです。

「それぞれの道」

NN

戦争で家族を亡くした人や、戦争でつらい思いをした人が、色々な道へ自由に行くことをあらわした。これから立ち直ろうと思う人もいれば、ずっと悲しむ人もいる。戦争が起きないようにする人たちもいる。戦争はどんなことかを伝える人もいます。人それぞれ色々な道にすすんで行っていいと思うので、こういう作品にしました。

 

「ともだち」kn

見た目や性格が違っても、みんなで仲良くなって遊んだら楽しいよ、という作品です。

 

「成長」hrt

小さいのが赤ちゃん。真ん中が足がはえた20代くらい。大きいのが大人で旅立つ。立たせるのが大変だった・・・。

 

「草木が成長していく様子」

chr

横にあるピンクのしましまの鶴は太陽を表しています。真ん中は、少し出てきた葉っぱです。どんどん成長していって、りっぱになり、平和という感じを表しています。

 

「生きる。」

yn

黒い鶴は、罪もなく殺された人たち。1番前の鶴が0才~10才、2番目が10才~20才・・・。カラフルな鶴は戦争から生き残り、がんばって生きた人たち。戦争はやってはいけない。でも、戦争が起きた過去がある。がんばって生きた人たちを表した作品。

 

作品は、手仕事の部屋の飾り棚に展示しています。学内の方は、ぜひご覧ください。

いよいよ新年度!ありがとう6年生!

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ: ,
20220408IMG_2580のコピー

マスクをとってパシャリ!

いよいよ明日から新年度が始まりますが、それに先立ち、6年生が準備のお手伝いで登校してくれました。まずは教室の引っ越し作業。P4070005

P4070011

P4070013

何だか春休みをこえて、グンと逞しくなった気がします。さすが6年生、力持ち!

黒板や机、棚なども丁寧に磨いてくれます。

20220408IMG_2574のコピー

20220408IMG_2573のコピー

汚れたテニスボールも新しい物に付け替えてくれました。

20220408IMG_2570のコピー

20220408IMG_2567のコピー

このような作業を通して、”6年生”が”6年生”になっていくのです。いよいよ最高学年。6年生の皆さん本当にありがとうございました!! さぁ、準備万端。明日から2022年度が始まります。

未来をつくる!あたらしい平和学習

ブログ担当 高学年ブログ タグ: , , ,
IMG_4490

岩崎書店さんより発行されました、『未来をつくる!あたらしい平和学習 ④修学旅行での平和学習』にて、和光小学校の沖縄学習旅行を取り上げていただきました。

ぜひ手にとってご覧ください。

 

本日で今年度(2021年度)が終了します。1年間ありがとうございました。

また新年度も和光小学校をよろしくお願いいたします。

心に残る卒業式でした。

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ: , ,
P3160556

卒業式の1日を紹介します。

P3160488

まずは開式前の6年生。リラックスして過ごしていました。

P3160493

P3160495

いよいよ卒業式の開式です。卒業式の主役は、もちろん卒業生である6年生。壇上に座ります。

P3160517

「卒業証書」は、花道を歩いて会場の中央で受け取ります。

P3160529

卒業生からのことばです。一人ひとりが、小学校生活をふり返って語ります。

P3160556

和光小学校の卒業式は、「儀式」というよりも、「最後の授業」という位置づけです。卒業生のことばを一部紹介します。

「どんぐりの中身を取り出してドングリ笛を作りました。だいぶ気に入って、笛をふくのが楽しかったです。麦を1から作って、パンを作っていちょうまつりで売ったのはとても印象に残りました。とても楽しかったしおいしかったです。」

「ぼくはチームリーダーとしてコロナの中全力でがんばった。結果は負けてしまったけど、その分本気でものごとをやって結果失敗してしまうことの悔しさを知れた。また、6年間の運動会で全力で行うことの大切さや周りの人と協力して物事をこなすことについて学べました。」

「コロナが流行して、4年生の3月に急に休校になってしまい、そのまま5年生の6月まで学校がありませんでした。友達にも会えず、みんなで授業も受けられなくて、友達に会えないさみしさや、みんなで授業を受ける楽しさに気づかされました。」

「戦争についてたくさん学んだ。人生で一度しかできない体験。涙が出るほどつらい話や、知りたくないことも学んだ。そのおかげで、戦争の怖さ、生きることの大切さを学べた。絶対に忘れたくない。」

式の最後には、4年生が作ってくれたくす玉が見事割れました。

P3160583

低学年が作ってくれたレイを首にかけてもらい、胸を張って退場です。本当に逞しくなりました。

P3160596

和光小学校での学びを胸に、大きく羽ばたいていってください!

いよいよ卒業式!

ブログ担当 全校, 高学年ブログ タグ: , ,
P3160474

本日、第89回和光小学校卒業式です。

きのうは6年生が思い出のランドセルに「メッセージを書いてー!」と職員室に来ていました。

P3150461

P3150463

今朝の教職員の朝の打ち合わせでは、6年生の両担任に花を贈り、今日一日のエールを送りました。
P3160473

P3160471

6年生の担任からは2年間の思い出が語られます。

ステキな卒業式、良い旅立ちの日になりますように!

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する