1年生 麦踏みに出かけたよ

和光小学校 低学年ブログ タグ: ,
20180119IMG_3832

1年生は近隣の農家さんの畑を間借りして、麦を育てています。

昨年末にはみんなで麦蒔きに出かけ、一人ひとりが麦の種を蒔きました。(その様子はコチラから)

年が明け、無事に芽が出て育ってきたので麦踏みに出かけました。

学校から歩いて20分ほどで近隣の農家さんの畑へ到着。久しぶりに農家さんに会います。学外の人とも継続したつながりを大切にしています。
20180119IMG_3827

「あ!!芽が出てるよ!!」畑に入るなり子どもたちが気が付きました。何もなかった土に自分で種を蒔いて、それが育っているのだと実感をもちます。
20180119IMG_3832

農家さんからは麦踏みの意味を教えてもらいました。霜柱が立って土と根の間にできてしまった隙間を埋める必要があること、踏まれた麦はさらに丈夫に育とうと力強くなることを学びました。
20180119IMG_3829

お話を聞いてから、手分けして畑に入りました。もともと柔らかかった上質の畑ですが、霜柱によってさらにふかふかになっていました。
20180119IMG_3833

「えっ?先生、本当に踏んでいいの?」「ぎゅって踏んでいいの?」と戸惑う子どもたち。植物をわざと踏む、それも自分たちで種まきした麦ですから、びっくりしますね。
20180119IMG_3835

「しっかり踏んであげると、それだけ丈夫に育つよ」とアドバイスすると、思い切って踏み出す子どもたち。だんだん楽しくなってきます。
20180119IMG_3837

「踏む」と言っても、雑に踏む子は1人もいません。麦のために踏むのだと理解しているから、愛情を持って踏みます。
20180119IMG_3838

折れ曲がった麦。子どもたちは「本当にまたまっすぐ伸びるのかな」と心配する様子でした。
20180119IMG_3839

また麦の様子を見に行こうね。2年生になったら麦刈りをして、みんなでパンを作ります。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する