1年生 「3」のものを見つけよう

ブログ担当 低学年ブログ タグ: ,
DSC04370

仲間集めをいろいろと楽しんできた1年生も、いよいよ数字を使った学習が始まっています。まずはじめに「3」を学習します。「さん」という言葉、「3」という数字、3つのモノ、3個のタイル、それぞれを結び付けながら学習しています。身近にある「3」のものを探してみよう、と呼びかけると、いろいろな物が集まりました。3個のボール、3本の鉛筆、3枚の折り紙・・・などなど。そのなかで、3つのぬいぐるみを持ってきた子がいました。

DSC04369
その3つは、茶色のクマ・ハリネズミ・白いクマのぬいぐるみでした。すると他の子から意見が。
「それはクマ2つと、ハリネズミ1つじゃないの?」
「それは『しゅるい』がちがうよ。」
「いや色が全部ちがうから、1つと1つと1つだよ」
「でも、ハリネズミには白も茶色も入ってるよ」
「全部ぬいぐるみだから、ぬいぐるみ3つでいいんじゃない?」
「だっこするもの3つにしたら?」などなど

仲間分けをやってきた1年生は、どんな「集合」ならば「3」と言えるか、ということに敏感です。色や形で分けることもできるし、もっと大きな括り方でも分けることができます。

これは次のたし算の考え方に結びつきます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する