2年生 スーホの世界をたっぷり楽しむ

和光小学校 低学年ブログ タグ: ,
IMG_0762

「スーホの白い馬」を国語で学んでいる2年生。白馬を想うスーホに心寄せ、横暴な王さまに対して本気の怒りを感じている子も多いようです。お話の舞台はモンゴル。同じアジアでも、あまり馴染みのない子も多い国です。そこで、馬頭琴の演奏家の皆さんや、モンゴルから日本に働きに来ている方にゲストとして学校に来ていただきました。

クグルシンさんたちは、遊牧民として生活しつつ演奏活動をされている方々です。本物の馬頭琴の音色を聞いて、「こんな音だったんだ」とみんな驚いていました。演奏後、楽器にも触らせていただき、みんないっぱしの演奏家の気分です。

IMG_0779
チョカさんはウランバートル出身。モンゴルでも都市部はゲームセンターもカラオケもあって日本とそれほど変わらないそうです。草原ばかりのイメージだったモンゴルの見方も変わります。

IMG_0806

特徴的な食べ物も紹介してもらい、用意していただいたジュースは、チーズのような香りがしました。また、シャガェという羊の骨を使った遊びも教えてもらいました。

IMG_0816
モンゴルに行ってみたい、と感想に書いている子がたくさんいました。「スーホの白い馬」は、絵本を1人1冊つかって読んでいます。国語の文学教材も、文字だけでなく、絵や人との出会いから、豊かに読み深めていきます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する