2年 身近な所から”かけざん”を見つける

ブログ担当 低学年ブログ タグ: ,
yuuna

2年生の算数は「かけざん」の学習が進んでいます。子どもたちは「かけざん」と聞くと、すぐに九九を唱え始めますが、和光小学校のかけざんの学習はかけざんの意味をしっかりと理解した上で、九九の学習へと入っていきます。

かけざんは、「1あたりのかず」×「いれもののかず」=「ぜんたいのかず」が出てきます。「1あたりのかず」は、自分たちの生活の中にたくさんあります。子どもたちが沢山見つけてきてくれて発表してくれます。

PA150053

1袋あたり5枚いりのおせんべいを、2袋持ってきてくれました。

PA080009

「これも1あたりのかずじゃない??」 「人間にもあるよ!」 「車にもある」

1あたりのかずがあって、いれものがあれば、ぜんたいのかずがわかってしまう!便利な計算なのです。タイルとカップを使って、答えを出すことだってできます。

PA120018

生活と算数がつながること。操作をしながら、答えを出せること。意味をつかむこと。和光小学校が大切にしている算数の学びです。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する