2年生のげきづくり①おはなし・脚本えらび

ブログ担当 低学年ブログ タグ: ,
resize-1DSCN0062

和光小学校では、2,4,6年生が毎年劇の会でクラス全員での劇づくりにとりくんでいます。

2年生は2学期に「ていがくねんげきの会」、4,6年生は3学期に「中高学年劇の会」として上演しています。今年も2年生がげきの会で上演しました。

今年の2年生の「げきづくり」の過程をふり返ってみます。

例年低学年では、脚本から劇をつくるというよりも、絵本やよく知られているお話から劇をつくっていくことが多いです。resize-1DSCN0015

resize-1DSCN0062

今年の2年1組では「王さまと九人のきょうだい」「ばんねずみのヤカちゃん」「ばんばのにしき」「むらのえいゆう」の四つのお話を提案して、「ばんねずみのヤカちゃん」を、2組でも同じような提案の中から「王さまと九人のきょうだい」をえらぶことになりました。

36人のクラス全員がでることができて、見てくれる1年生にお話がわかるもの、そして場面を工夫しながら面白くつくっていけるもの、という条件の中から毎年いろいろなお話をさぐりながら、子どもたちと劇づくりに入っていきます。resize-1DSCN3183

脚本選びの過程で、図書室と司書の先生にも関わっていただきながら、その年の子どもたちにはどんなお話がいいか、劇にしていけるかということも相談していきます。ふだんから読み聞かせや読書の時間で図書室でたくさんの本と触れている子どもたち、自分達で劇にして演じてみるというところから、絵本の世界を自分たちなりに広げていく姿も見えてきます。

和光小学校の資料一式を無料送付いたします。

資料請求する