月別: 2018年2月

子どもたちの“絵”多くの人に見てほしい・・・・学校自慢①

副校長 お知らせ, 副校長室の小窓

手前味噌ですが・・・私の学校にはいいな~と思えることがたくさんあります。

その一つが「美術展」です。

fu28

その美術展が2月28日から始まります。

美術室をのぞいてみると、6年1組が自画像の仕上げに取り組んでいました。最後の仕上げに入っていて、どの子もとても真剣に取り組んでいました。

授業の最初に野々垣先生が仕上げで大事にしてほしいポイントとして、すでに仕上がった作品を例に「髪の毛の光・質感」「洋服の質感」「首の暗さ」「目の光」の描き方を説明していました。

その後、一斉に作業が始まります。鏡を見つめ、自分の描いた絵をながめる。その往復が何度も繰り返されます。

開校間もないころ、美術の教材として、6年生で自画像に取り組むことの意義を語り合ったことを思い出しました。「思春期の入り口・自分づくりの入り口」に立つ子どもたちが、こういう形で自分としっかりと向かい合う時間をつくることは、本当に大きな意味があると、子どもたちを見ながら改めて感じました。

美術展では、幼稚園の子どもたちから6年生まで全員の子どもの作品が並びます。子どもたちの表現の技術がどう伸びていくかだけでなく、その表現を作り出す子どもたちの内面の成長も、9年分の作品が一堂に集まると、よく見えてきます。

一人でも多くの方に見てほしいと思います。

美術展 2月28日(水)~3月4日(日)

  水~金  9:00~16:30

  土・日 10:00~16:00

fu28-2

4・6年生、劇の会の練習が進んでいます

ブログ担当 中学年, 高学年

2年生の劇の会も終わり(その模様については後日アップします)、

いよいよ今週末は4年生、6年生の劇の会です!

どの学級も明後日のゲネプロに向けて、動きの確認、通しなど、

毎日のように練習しています。

 

image3

4年2組はインフルエンザによる学級閉鎖にもなりながら、クラスで協力して劇を作っています。

 

image2

6年生は演出から照明、音響、キャスト、すべて自分たちで作っています。

6年1組は生徒が考えたオリジナル脚本です。

image1

学校内を歩いていても劇に取り組んでいる姿があります。

衣装を着たまま、自分が演じる役のプロフィールや他のキャストとの関係性を考えたり…

 

劇の会本番は全校生徒、保護者で観劇します。

2017年度 4・6年 劇の会

2月24日(土)開場9:00  開演9:10

@和光鶴川小学校体育館20180220160806864_0001 (640x452)

20180220160806864_0002 (640x452)

4・6年生劇の会は一般参観も可能です。

保護者の方々も、そうでない方も、たくさんの方々をお誘い合わせの上、

全員で作り上げた劇の会、そして6年生最後の行事を、是非、観に来てください!!

 

白駒荘に「再建支援カンパ」を届けてきました

副校長 全校, 副校長室の小窓

5日に白駒荘にみなさんから寄せられた「再建支援カンパ」とメッセージを届けに行ってきました。来年度の3年生の合宿の事もあり教務主任の和田先生も一緒に行きました。fu26-1

白駒荘の方は白駒の池から数キロ離れたところにある八千穂高原スキー場で、「モンブラン」というレストハウスも経営されていて、そちらにうかがいました。主人の廣茂さんと、おばあちゃん、てらさんが迎えてくれました。

fu26-2

出火した前夜の12月30日は珍しく予約の宿泊客がおらず小屋のスタッフ全員で八千穂で過ごしたそうです。31日の明け方に対岸にある山荘から火事の連絡を受け廣茂さんたちがスノーモービル(国道は冬季間閉鎖のため)で駆け付け消火に当たりました。消防も駆けつけてくれたそうですが道路閉鎖と雪のため山荘への到着にはかなり時間がかかったそうです。その間、白駒の池は結氷していて水も汲めず、ローターリー式の除雪機で雪を飛ばして新館本館をつなぐ渡り廊下にかけ、本館までの延焼をくい止めたそうです。新館の焼け方が激しく、消防や警察の現場検証でも原因は特定できないとのことで、廣茂さんは「翌日からは年越しのお客さんの予約が入っていたこともあり、いつものように床暖はつけたままにしていたので、そこの不具合があったのかも知れない。けが人が出なかったことがせめてもの救いでした。」と話していました。

白駒荘は4月28日から焼け残った本館を整備し営業を始めるそうです。3年生の白駒合宿の受け入れも大丈夫とのことです。ただ、本館には入浴施設がないために近くにある施設で入浴も対応してくれるとのことで、その施設の下見も行ってきました。今は、廣茂さんの弟の「もりさん」が白駒荘に登り焼け後の整理を進めています。雪解けと共に新館の再建工事を始めたいとのことでした。ただ、国立公園内ということもあり、手続きに時間がかかり、「子どもたちが新館も使って活動するには、間に合わないかもしれません。」と見通しを話してくれました。

1月中に105名の方から「632000円」の支援カンパが寄せられました。1次分として届けました。寄せられたメッセージも一緒に届けました。「おばあちゃん」はそのメッセージを読みながら、ぽろぽろ涙をこぼされ「皆さんに心配とご迷惑をかけ本当に申し訳なく思っています。こんなにもあたたかい言葉をかけていただき、かならず、また皆さんを白駒でお迎えしたいと思います。」と語ってくれました。3月末に再び、再建支援カンパを届ける予定です。引き続きのご協力をお願いします。

◎1口(1000円)以上のカンパをお願いします。

◎いずれかの方法でお願いします。

 「カンパ申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、現金を添えて、直接学校まで届けてください。      

②会の口座に振り込んでください。

 横浜銀行鶴川西支店 口座番号(普通)6058257   「白駒荘の再建を支援する和光鶴川小学校の会」

※振込の時は「白駒荘支援カンパ申し込みフォーム」に必要事項を書き込んでください。

◎2018年2月中旬と3下旬に集約し「協力者名簿」「メッセージ」と共に白駒荘に届けます。

2月2日今日は休校です。

副校長 お知らせ

町田市に出ている「大雪警報」は継続中で、雪が降り続いています。午前中は雪が降り続くとの予報が出ています。今日2日は休校とします。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る