月別: 2018年3月

ロボットコンテスト!~5年生 技術科~

ブログ担当 高学年

3月16日(金)、5年生が技術化の授業で作ったロボットを使った、ロボットコンテストが行われました。

このロボットは配線から三角柱方の本体作り、デザインまで自分たちでやり、

image6

このロボットは配線から三角柱型の本体作り、デザインまで自分たちで仕上げたものです。

コンテストはボール運び、タイムトライアル、デザインの3つの部門に分かれ、行われます。

image5

一つの部門を意識して作られたもの、オールマイティに作られたもの、たくさんの形があり、

コンテスト後はそれぞれの表現が良く見える作品が児童玄関に並んでいました。

image4 (2)

image3 (2)

つる小はねとらまい!

ブログ担当 低学年

 

3月19日(月)、つる小はねとらまいの発表会がありました!

はねとらまいは三陸海岸沿いに伝わる「虎舞」を基にした踊りで、

10年以上前からこの時期に1年生が踊っています。

この間、虎舞がどんな場所で踊られているか、どんな役割を持っているか、などしっかり学び、

少ない時間ながらも練習をしてきた子どもたち。

image8

image9

秋祭りではアイヌの踊りを踊った子どもたち。

それとはまた違った雰囲気の踊りでしたが、とても精悍な顔つきで楽しそうにお囃子の声を上げ、

一人ひとり、この1年間での成長を感じました。

image7

舞が始まった後はまた雰囲気も変わり、

しっかりと腰を落とした踊りは本場のそれにも負けない堂々としたかっこよさが出ていました。

 

インフルエンザでのお休みもあり、全員での発表にならなくなってしまったのが心残りですが、

見に来てくださった保護者の方々、どうもありがとうございました。

自分らしさ~4年 特別授業 こころとからだ~

ブログ担当 中学年

4年生は今、「大人にむかう私たちのからだ」について、学習しています。

今日は特別授業として染谷カツオさんに来ていただいてお話を聴きました。image1

カツオさんは合宿に来ていただいている看護師の方のお知り合いで、

心は男性、からだは女性で生まれた方です。

この特別授業は今年で3年目になります。

image2

高1の時に性別違和を感じたこと、自分が自分を一番受け入れられなかったこと、

初めて友達や親にカミングアウトしたときのこと、など自分の体験や、

LGBTのこと、からだとこころ、好きになる人(性的指向性)は一人ひとり違っていること、

など一般的なことも、写真やクイズなどを使いながら楽しく話をしてくれました。

 

子ども達は自分の知らなかったことでもきちんと受け入れながら話を聞いており、

最後の質問ではたくさん手が挙がっていました。

プライベートな質問などもありましたが、カツオさんにはしっかりと答えていただき、

子ども達もたくさんのことを感じた授業だったのではないかと思います。

最後にカツオさんから

「男性と女性以外にもいろいろな人がいます

でもそれは目に見えない

男性らしさ女性らしさよりも『自分らしさ』を大切にしよう」

というメッセージをいただいて、授業はおしまいになりました。

卒業式、そして、最後の帰りの会

ブログ担当 全校

2017年3月14日、6年生70名が鶴小を卒業しました。

image5

5年生が準備を進めてきた「在校生の言葉」は、

5年生が丁寧に在校生から集めた言葉をまとめており、在校生全員の6年生への想いが卒業生へ伝わるとても温かいものでした。

6年生がこの学校のリーダーとして子ども達とどういう関係を築いてくれていたのか、

ということがしっかりと感じられました。

image1_1

そして、6年生による「卒業生の言葉」。

6年間和光鶴川小学校で過ごしてきた6年生。

その6年間で感じてきた想いを、一人一人の言葉や歌に乗せて伝えてくれました。

一つ一つの言葉が力強く、沢山の愛を持ってこの学校で過ごしてきてくれたのだということがよくわかり、在校生には6年生の姿がより一層大きく見えたことと思います。

和光鶴川小学校の卒業生のために、卒業生保護者が10年前、作詞作曲提供してくれた、

「今、光の中で」は涙なしに聴くことはできませんでした。

image2

3年生が用意してくれた垂れ幕の間を通って、1年生が作ったメダルを首にかけてもらいながら

6年生は退場していきました。

見送る1年生が「いなくならないで」と涙を流す姿から、

改めて6年生が大きな存在だったということを気づかされました。

 

これから、涙を流していた1年生は2年生に、送る会や卒業式を準備してくれた5年生は6年生に、

また一歩、歩みを進めます。

そんな在校生をリーダーとして引っ張ってきてくれた6年生、6年間ありがとう。

また鶴小に遊びに来てね。いつでも待っています。

 

image1

『はばたけ6年生!!』

ミニ技術展??~6年生 工作・技術~

ブログ担当 高学年

今日から児童玄関にて、6年生が技術の授業で作った作品がいくつか飾られ始めました。

image3

image1

image2

image4

時計は一つの厚い杉材を糸鋸で好きな形に切り出し、デザインから作りました。

ノミを使って裏を削り、時計が入るスペースも作っています。

焼き物は身の回りにある土から粘土を取り出すという原点から作り始めています。

それぞれカップの形にしたあと塗料を使って好きな模様にデザインしました。

 

木目の使い方、ヤスリのかけ方、色の使い方、形の作り方…

本当にそれぞれの想いがよく表れていて、こんなにも自由に物を作り上げる子ども達の姿に圧倒されます。

是非、卒業式の前に、少しでも立ち寄ってみてください。

 

卒業の日を迎えるために~卒業式予行~

ブログ担当 全校

今日は最初で最後の卒業式の予行練習が行われました。

午前中は6年生の予行、午後は1~5年生の予行練習です。

image2

午後の様子です。

各学年がそれぞれ2列で、前に並ぶ6年生と向き合う形で並びます。

image1

6年生が通る花道です。

出席者の方全員に見守られながら、入退場時や卒業証書授与時に通ります。

一人一人の顔をよく見ることができる瞬間です。

image3

5年生の「在校生の言葉」や歌の練習もしました。

それぞれしっかりと「卒業式」というものを自覚していたようです。

1年生から5年生まで、6年生の姿を想像しながらよく集中できていました。

 

 

ついに明日が卒業式です。

 

6年生のと~6年生と遊ぶ会、6年生を送る会~

ブログ担当 中学年, 低学年, 全校, 高学年

6年生にとって、今日は濃厚な1日でした!

まず、午前中は2年生主催の「6年生と遊ぶ会」。

image10

1,2,6年生が一緒になって2年生が準備してきた会を楽しみます。

司会は2年生。まずは全員で猛獣狩り!

image7

image6

全学年が一緒になって遊びました!

image8

入学式で手を引いてくれた大好きな6年生にたっぷり甘えられてとっても嬉しそう。

 

次は2年生が用意したゲームコーナーを1年生と6年生がペアになって回ります。

image4

image3

image5

ゲームコーナーはボウリング、もぐらたたき、たからさがし、

ストラックアウト、的あて、ボール入れの6つ!

2年生が2班ごとにルールや使う道具などしっかり準備をしました。

そこら中で「つぎはどこに行きたい?」と優しく聞いている6年生の声が聞こえてきました。

 

最後に6年生からお礼の合奏。

image2

image1

1年生、2年生共に、6年生という存在の大きさを見つめている姿がありました。

 

午後は3~6年生が集まる6年生を送る会。

各学年が出し物をして6年生を送る気持ちを伝えます。

image3 (2)

image2 (2)

 

まずは3年生の川柳と歌の贈り物。

image1 (2)

6年生への想いを川柳に乗せて各クラス2つずつ作りました。

それから「あの青い空のように」を贈りました。

 

つぎは4年生から先日の劇の会で6年生が演じた劇の一部のパロディと歌の贈り物。

image7

image4 (2)

あの名シーン(?)をもう一度!

会場は笑いに包まれていました。

image6

6年生も自分たちの姿と重ねながら4年生が作った劇を楽しんでいました。

その後は「はじめの一歩」を歌いました。

歌い終わった後に4年生が言った

「6年生がいなくなってしまうのはとても寂しいけれど、私たちも6年生もはじめの一歩を踏み出す気持ちで楽しんでいきましょう。6年生の皆さん、応援しています!」

という言葉は全ての学年の気持ちを代弁しているようでとても印象的でした。

 

5年生からは6年生全員に聞いたアンケートを基にしたクイズとリコーダーで「オブラディオブラダ」の演奏を。

image5

image4

さすが5年生。丁寧なクイズを作っていて6年生もとても楽しんでいました。

クラス対抗のクイズ勝負で勝ったのは1組。

「6年間で1番好きな踊りは何?」「一番好きな合宿場所はどこ?」

など、6年間の思い出を振り返る良いクイズでした。

 

その後、5年生の学級代表からアルバムの贈り物。

image3

懐かしい自分たちの姿を思い出して笑ったりしんみりとしてみたり。

6年生にとってはこの学校で過ごした全てを思い出すような時間になっていたようです。

他の学年も6年生が過ごした6年間という時間の中に一緒に引き込まれていたようでした。

 

最後はやっぱり6年生から合奏の贈り物。

image2

子ども達は集中して、6年生に憧れの気持ちを持ちながら観ていました。

演奏終了後、子ども達から自然にアンコールの拍手が沸き起こり、

それに応えた6年生が素敵な演奏を再演してくれました。

次に最上級生になる5年生はその姿から自分たちの先の姿を想像していたようです。

どの学年も6年生を送り出す気持ちにあふれていてとても幸せな時間でした。

6年生という存在は本当に大きな存在なんだということを改めて感じた1日でした。

そこにいるだけで大事な人~2年生 生活べんきょう(たん生)~

ブログ担当 低学年

今、2年生ではたん生の学習をしています。

その学習の一つとして、また、2年生は3年生に向けてクラス替えがあるので

仲間のことを知る機会のひとつとして、1組のKちゃんのお母さんにお話を聴きました。

image1

Kちゃんは生まれたときから難聴を抱えていて、いつも補聴器をつけて生活をしています。

なんとなく知っていた子ども達もちゃんと話を聴くのは初めて。

どんな世界を感じてるのか、どういう風に接したらわかりやすいのか、

などいろいろなお話を聞きました。

image2

image3

Kちゃんのお母さんから

「得意なことがあっても苦手なことがあっても、障がいがあってもなくても、

関係ないと私は思います。何でだと思う?」と聞かれ、

「しょうがないから!」「自分のせいじゃないから!」

と答える子ども達。

「それは、みんながそこにただ存在するだけ大事な人だからだよ」

と言われると、

「大事な人…」とその言葉を噛み締めているような様子もありました。

 

その後、質問の時間を取ってもらうと

「耳が聞こえないと分かったとき、どう思った?」

「Kちゃんはどうやって言葉を知ったの?」

など、色々な質問が出されていました。

クラスの仲間のことをしっかりと受け止めているようでした。

丁寧に答えていただいたKちゃんのお母さん、本当にありがとうございました。

2017年度が終わりました~終業式~

ブログ担当 全校

2017年度最後の終業式が行われ、和光鶴川小学校の2017年度を終えました。

image2 (2)

6年生が卒業し、1~5年生のみの集会でしたが、

最初に歌った「春の歌」はとても元気がよくて、2017年度の締めくくりに相応しいものでした。

image1 (2)

2組の発表では2017年度で楽しかったこと、思い出に残ったことなどが発表され、

「算数のくりあがり、くりさがりができるようになったよ」と語る1年生や、

たくさん練習してきたけん玉を披露した3年生、

6年生になる決意を話す5年生の姿がありました。

 

その後、加川先生からは

「さっきの歌も卒業式の歌も素晴らしいなぁと思いました。

1年生は2年生に、5年生は6年生になる準備がしっかりできているんだな、と思いました」

という話がありました。

 

次に学校に来るときはひとつ学年が上がった教室に行きます。

みんながどんな顔をして学校に来るか、今から楽しみです!

全校朝の会がありました。

ブログ担当 全校

image5

今日は全校朝の会がありました。

image6

まず、副校長の成田先生から2011年3月11日に起こった

東日本大震災と地震が起こった時の話を聴きました。

 

東日本大震災や阪神淡路大震災でどんなことが起こったか、

地震が起こったときには「たまごがた(だんごむし」の体勢で

机の下に隠れること、

学校の中での避難場所はグラウンドや中高グラウンドであること、

などたくさんの話を聴きました。

 

鶴小では2011年の地震の日から、毎年、この話をこの時期にしています。

毎年聴いている6年生も今年初めて聴く1年生もしっかりと話を聴いていました。

地域の避難場所などの話もしたので、おうちでも自分の家の近くの避難場所はどこか、など

子どもと話してみてください。

 

image7

その後は保健係のポスターコンクールの表彰です。

今回のテーマは「トイレのやくそく」。

集まったポスターは32枚。投票総数171票の中から選ばれた人たちが

前に出てきて表彰されました。

選ばれたポスターはトイレの近くに掲示されます。

 

これで2017年度の全校朝の会は終わりです。

全校生徒が集まるのは残すところ、卒業式だけとなりました。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る