月別: 2020年10月

コロナ禍でも充実した活動ができました②~高学年「瑞牆キャンプ」~

ブログ担当 お知らせ, 全校, 高学年

5・6年生「瑞牆キャンプ」8月26日~28日:山梨県北杜市 瑞牆グリーンロッジ

高学年は、山梨県北杜市にある瑞牆グリーンロッジで、2泊3日のキャンプを行いました。例年より1日少ない3日間のキャンプになりましたが、子どもたちはうれしそうでした。バスを降りた6年生から、「かえってきたぁ~!」という声。4年生から毎年来ている瑞牆。とても楽しみにしていたことが伝わります。

001

002

003

瑞牆キャンプは、3日間のテント生活です。テント張りから食事作りまで、全て自分たちで行います。1学期に学校で「テント張り実習」と「牛丼づくり実習」を行い、必要な技術を学んでいるので、5年生も手際よく仕事を進めていました。6年生はさすがです。雨が降ったときのことも考えて、水場・調理場・かまど場を設置し、道具を管理していました。

004

005

006

1日目の夕食は「牛丼」でした。「うまい!」ごはんもうまく炊けています。あっという間に完食でした。次の日の朝は「みずがきサンドと野菜スープ」、最終日は「ミートソースパスタ」どれも美味しかったです。活動の合い間に、みんなで集まって過ごす時間は楽しいひと時。何をするか、班ごとに工夫していました。東京はこの日も猛暑日でしたが、瑞牆は22℃くらい。いい風が吹いてきて、鳥の声も聞こえてきました。

2日目、5年生「魔子の山」登山(1700m)

007

008

009

今年は3日間のキャンプだったので、まるごと1日活動できる日は、2日目だけです。5年生も6年生もこの日は登山を行いました。5年生はキャンプサイトから歩いて「魔子の山」に登ります。最初から急登になりますが、一歩一歩いいペースです。途中、木の伐採により視界が急に開けました。

010

011

012

6年生が登っている瑞牆山が見えます。「あんな山登れるの?!」と5年生。来年登るんだという実感が、少しわいてきます。そして尾根を歩くと魔子の人穴に到着。この穴は、人が掘った穴ですが、大男が住むとか、金脈を探すために掘った穴とか言われます。その上の展望台で瑞牆山をバックに記念撮影。「おーい!」と6年生のいる方に向かって呼びかけている人もいました。行程の標高差は500m、4時間と少し。みんな最後まで元気によく歩きました。

6年生「瑞牆山」登山(2230m)

瑞牆山は日本百名山です。水墨画のような山容は迫力があり、日帰りができるので多くの人が頂上を目指します。その行程の標高差は700mを超え、本格的な登山です。いよいよか…という表情の6年生。物資などでお世話になっている瑞牆山荘前から出発。いい緊張感です。

013

014

富士見平までの登り道は、まだ歩きやすいのですが、そこからいったん下って天鳥川をこえると、山はだんだん岩山の様子を呈してきます。大きな岩が真っ二つに割れている桃太郎岩。その横の木の階段をあがると鎖場が続きます。「がんばれー!」声をかけ合う子どもたち。

015

016

017

最後の急登は、大きな岩の間を縫うように登ります。そして最後の鎖場をこえると・・・。頂上です。さっきまで見上げていた大ヤスリ岩が下に見えました。八ヶ岳、中央アルプスの山々、金峰山の五丈岩もよく見えました。達成感を感じる瞬間です。

018

019

2230m、7時間余りかけて、みんな本当によくがんばりました。「今までの登山で一番大変だったけど、一番楽しかった。」そう話してくれた顔は、とても清々しい表情でした。

温泉、特製カレー、キャンプファイヤー、今年だから工夫して

登山のあとは、温泉です。バスで移動して増冨温泉に。今年は感染防止のため脱衣所の使い方や風呂場の勝手もいつもと違います。説明をきちんと聞いて入りました。やっぱり温泉は気持ちいい!すっかりリラックスして、帰りのバスは、寝ている人もたくさんいました。

020

021

この日の夕食は、カレーです。いつもなら5年生が、6年生にカレーを作って待っているのですが、今年は5年生も6年生も登山の日が同じ日。温泉に入る時間はなくせないので、今年の2日目の夕食は、先生と指導員さんが作る特製カレーになりました。おかわりの行列がすごかった。

022

023

そして、瑞牆キャンプ最後の夜は、5・6年生合同のキャンプファイヤー。いつもならクラスごとに替え歌を作って、コンクールをしたりしますが、今年は夏休み明けのキャンプになったので、準備ができません。子どもたちのキャンプ委員会で話し合って、今年はクラスで話す人を決めて、その人の話をみんなでしっかり聞こう、ということになりました。「今年はコロナウイルスで1日短かったけど、キャンプができてよかったです。みんなと一緒にご飯作りを協力したり、たくさん楽しい思い出ができました。」と5年生。「最後のキャンプができてよかったです。瑞牆登山では、あんな山に登ることができるのか心配だったけど、みんなに励ましてもらって、登りきることができました。コロナでも成功させることができて、本当によかったです。」と6年生。みんな自分の思いと重ねながら、いい顔で話を聞いていました。最後に先生たちの出し物で、盛り上がり、火が小さくなってキャンプファイヤーが終わるころ、空にはたくさんの星が見えていました。

024

025

この瑞牆キャンプでは、うまくいくことばかりではありません。仕事の進め方や仲間と活動をするときに問題も起こります。毎日、夜に開かれるキャンプ委員会では、班長がそれぞれの班の様子を報告し合い、キャンプ委員や先生たちとどうしたらいいのかを相談します。要求し合ったり、共感したり、そうして仲間とつくる経験が豊かになっていきます。自然と向き合い、人と向き合い、こうして今年の瑞牆キャンプも、無事に終えることができたのでした。

(次回は、4年生「瑞牆合宿」の様子をお伝えします。)

 

コロナ禍でも充実した活動ができました①~8月・9月林間合宿~

ブログ担当 お知らせ, 中学年, 全校

8月24日に2学期が始まって、2カ月が経ちました。コロナウイルスへの対策をとりながらも、学校生活は通常を取り戻しています。さて、この2か月、鶴小では1学期に行えなかった行事を実施し、無事に終えることができました。夏休み明けの8月終わりから9月にかけて「3年生から6年生の林間合宿(1・2年生は川遊び遠足)」を実施し、10月3日に「運動会」を行いました。何回かに分けて、それぞれの様子をお伝えしたいと思います。

いつもなら新しい学年が始まった5月に「運動会」を行い、7月に「林間合宿」を行っています。「運動会」は、新しい学年になった仲間とつながり、具体的な競技の目標の中でみんなが役割を持ち、主体的にかかわっていきます。「林間合宿」は、大自然の中で生活をする技を学び、仲間と集団生活を作ることが試されます。しかし、今年度はコロナウイルスの影響で、1学期の実施は、見送らざるを得ませんでした。6月に学校が再開すると、たくさんの子どもたちが「先生、運動会なくなっちゃうの?」「合宿は行けるよね。」と聞きにきます。学校も再開し、授業や生活の対策も大変な中でしたが、何とか行事を行うことはできないだろうか、1学期からその可能性を探りました。国などが出しているガイドラインを精査し、現地の情報も得ながら、教職員集団で何度も対策を検討しました。そして、バスの台数を増やし、食事内容を変更し、手洗い消毒、検温の時間をきちんと取るなど一つ一つ対策をとって、3泊を2泊に規模を縮小して実現できる見通しがついたのでした。「林間合宿」は季節の関係で夏休み明けに行いました。(低学年は宿の営業状況との関係で実施が難しく、1日の遠足となりました。)

○3年生「白駒の池合宿」8月26日~28日:長野県北八ヶ岳 白駒荘

01

IMGP0482

20200711_110138

02

03

04

北八ヶ岳、標高2115mにある白駒池のほとりにある白駒荘。来年で創業100周年を迎えます。当時、材を背負って作られた小さな小屋は今も残り、増築された本館は木造で、とっても趣のある山小屋です。となりにはできたばかりの新館があります。今年は1部屋に入る人数を半分にし、山小屋の協力もあって全館貸し切りで利用させていただけました。2000mをこえると空気がちがいます。コメツガの木の香りがします。「もののけ姫」の舞台になったところで、池を一周すると、苔がとてもきれいです。そしてなんといっても山小屋のご飯がおいしいのです。

05

IMGP0380

07

08

09

 

朝、池の向こうから太陽が昇ります。2日目はニュウ登山です。片道2時間くらいかけて登ります。白駒荘の寺岡さんの案内で、気持ちよく歩くことができました。途中に急登もありますが、みんなで声をかけあいながらがんばりました。頂上は360°の大パノラマ。「ヤッホ~!」白駒池も見えて、とても達成感を味わうことができました。白駒荘では、山小屋の人たちがふもとで育てた手作りの野菜や果物を食べさせてくれます。おやつのスイカの味は、最高でした。夜は空いっぱいの星空。「きれい!」みんなで観察することもできました。

コロナ対策の生活を余儀なくしている子どもたちの、嬉々とした表情や姿がとても印象的でした。

(次回は、5・6年生「瑞牆キャンプ」の様子をお伝えします。)

和光鶴川小学校の資料請求はこちらから。

資料請求