いよいよ明日は劇の会!

ブログ担当 全校

昨日、4年生と6年生による、中高学年劇の会のゲネプロがありました。

中高学年劇の会では、3学期の始まりから脚本を選び、自分たちが作り上げてきた劇を4年生と6年生が演じます。そして、1年生~3年生、5年生がお客さんとなって、一緒に劇の会を作ります。

中高学年劇の会では本番のお互いの劇を観ることはありません。

ゲネプロで観るのが最初で最後になるので、4年生も6年生もお互いが見合うという点では1回目の本番です。

本番の劇の会の順番で演じ、それぞれの劇を子ども達だけでやりきりました。IMG_6263

4年生は初めての舞台上での劇です。

お客さんを目の前にして少し緊張していたようですが、広いステージを思い切り使いながら今までの練習の成果を出しきっていました。

見ていた兄弟学級の子どもや6年生の子ども達を笑わせていたり、しっかり劇の中に引き込むことが出来ているようでした。

IMG_6264

4年生の劇では裏方を教師が手伝う場面もあるのですが、6年生は音響や照明なども子ども達が役割を持って、全てを作り上げます。

2回目の舞台劇ともなって「さすが!」と思う場面もあったのですが、まだまだ改善点があったようです。

終わってから、「2組の方が絶対面白かったよね!どうしよう!」と職員室に来る1組の子どももいました。

 

いよいよ明日が劇の会です。

2月23日(土)@体育館

9:10~  4年1組「ふしぎの国のアリスたち」

9:55~  4年2組「赤ぞうきんちゃん」

10:40~ 6年1組「みんなが知らない白雪姫」

11:35~ 6年2組「夢から醒めた夢」

 

子どもたちはゲネプロを終えて、今日、最後の調整を行いました。

それぞれが昨日の反省を生かしながら、よりよい劇を作ろうと練習をしていました。

本番のその場所で感じる空気や声は、後で画像や映像で見るものとは全く違うものです。

上演学級以外の保護者の方も観覧可能です。ぜひ子どもたちの姿を観にいらしてください。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る