全校

5年生 いきいき代かき・しっかり田植え

ブログ担当 全校, 高学年

5年生は、毎年、田んぼ作りに挑戦しています。今年も少し遅くなりましたが6月の終わりに「代かき」「苗とり」「田植え」を行いました。

6月24日(水)は「代かき」と「苗とり」です。耕された田んぼには、水が張られています。土をさらに細かくする仕事を子どもたちが行います。といっても、田んぼに入って、ひたすら足で土を踏んで歩くのです。

CIMG9450

IMG_1482

はじめは、泥がつくことを気にしている子もいましたが、しばらくすると・・・

CIMG9432

楽しくなってきて、

IMG_1490

走り出していました。これが田んぼにとって、いい仕事になります。

IMG_1493

転んでも、楽しそう。終わるころには、みんな泥んこになって、すっかり代かきの仕事は完了していました。

CIMG9444

何か見つけたようです。

CIMG9445

今ではすっかりめずらしくなった、オケラでした。鶴小で借りている田んぼのまわりは、雑木林で囲まれた、とても自然の豊かなところです。沢から流れるきれいな小川の砂地のところには、絶滅危惧種のホトケドジョウも住んでいます。もう少ししたらホタルも飛びます。

CIMG9462

代かきが終わったら「苗とり」です。田んぼを貸してくれている市川さんが、畑で「うるち米」と「もち米」を種から育ててくれた苗です。畝で20センチくらいに育った苗をひとつかみ。根っこが切れないようにぬいて、あつまった苗を藁で束ねていきます。

CIMG9457

藁で束ねる仕事は、けっこう難しそうでしたが、みんな一生懸命やっていました。

二日後の6月26日(金)には「田植え」を行いました。「田植え」は「代かき」とちがって、ていねいな仕事が求められます。

IMG_1516

IMG_1512

先生が張ったロープを目印に、5本ずつ間かくをあけて、苗を植えていきます。しっかり泥の中まで差し込んで植えないと、あとで苗が浮いてしまいます。

CIMG9500

CIMG9504

みんな、とっても仕事が上手でした。1粒でも多く収穫できるように、苗を大切にあつかって植えているのがわかりました。

CIMG9510

この日は、40分くらいの仕事でしたが、作業が終わってながめると、

20200706_125448

なかなかいい田んぼが、できあがっていました。左側、下の田んぼが5年1組のうるち米の田んぼ、右側、上の田んぼが5年2組のもち米の田んぼです。まだ梅雨が続きますが、これから夏の日をいっぱい浴びて、ぐんぐん育ってほしいです。草取り、水の量の調節などしながら、秋の収穫まで、がんばって育てていきます。

 

1年生と「わりばしでっぽう交流」(3年生)

ブログ担当 中学年, 低学年, 全校

和光鶴川小学校では、入学した1年生と上級生が、いろんな形で交流します。入学式で仲良くなった6年生は、自主的に朝から1年生の教室に行って、朝のお仕事のお手伝いをしてくれています。それは休み時間のあそびにつながっていきます。1年生にとって、安心できるお兄さんやお姉さんができることは、うれしいことです。上級生にとっても、小さい1年生に慕われることはうれしいことで、楽しませてあげたい!という一心で関わっているのが見ていて伝わります。

今日は、3年生と1年生の「わりばしでっぽう交流」の様子を紹介します。

本当なら3年生は、入学式のプレゼントとして、手作りのわりばしでっぽうをわたす予定でした。ところが今年は、入学式に参加できなかったので、今週になりました。少しおくれましたが、3年生はやる気満々です。

IMG_1849

わりばしを短くしたり、わりばしに輪ゴムを巻きつけて固定する作業は、けっこう大変です。先生の説明と手順表をたよりに、もくもくと作っています。

IMG_1853

わからなくなったら、友だち同士で教え合ったりもしていました。何とか1つできました。飛ばしてみると・・・とばない・・・。きっちりゴムで固定できていなかったり、わりばしの角度があまかったり・・・、微調整します。

IMG_1842

そしてやっとのことで、「やったー!とんだ~!!」と、先生に得意満面の顔。でも、ここからが本番でした。1つ目は自分の分で、実は1年生の分をもう1つ作るのでした。その2つ目は、最初から自分でいろいろ工夫をしています。その手際の良さに感心します。

IMG_1859 CIMG4961

工夫は、さらに広がります。1年生がよろこぶようにと、まと作りを始めています。かわいいまと、大きいまと、小さいまと、様々です。

いよいよ、1年生との交流会の日。

IMG_0434

1年生の教室。3年1組の代表の人は、少し緊張して使い方や注意してほしいことを話します。「いっしょうけんめい作りました。」「人に向けないでね。」「持ったまま走らないでね。」「楽しく遊んでください。」3年2組の代表の人は、1年生にわかりやすようにと、うしとねずみのパペットを使って説明していました。

IMG_1880

はじめの会が終わると、自分の担当の1年生と、1対1のあそび交流が始まりました。やさしくゴムをかけてあげたり、できた一年生に「すご~い!」と声をかけていたり・・・。1年生も3年生もうれしそうでした。

IMG_8768

3年生は、1年生にメッセージカードも書いていました。「あおいさんへ わりばしでっぽうよくとびます。にゅうがくおめでとう。ひじりより」

IMG_6392

「みらいちゃん わりばしでっぽうでいっしょにあそぼうね!こまったことがあったらいつでもきてね。いっしょにあそびたいときは、3年2組にきてね。いっしょにあそぼうね。 はるかより」

IMG_6395

交流会が終わって、「めっちゃとんだよ~!」「よころんでくれてよかった~」「けっこうたいへんだった~」そう話す3年生の言葉と表情から、充実した時間だったのだなぁと感じました。3年生、ご苦労様でした。

3年生 カイコの飼育はじまる

ブログ担当 中学年, 全校

今年度の総合学習も各学年で始まりました。総合学習では、体験的に、探究的に、そして子どもが主体的に学んでいくことを大切にしています。今日紹介するのは、3年生の「カイコ」です。

わずか1か月で、たまご→幼虫→サナギ→成虫と、ダイナミックに変化するカイコに夢中になったり、むかし養蚕が盛んだった町田周辺の地域に出かけ、桑の葉を探したり、人に出会ったり、毎年子どもの発見や出会いから学習が進められています。そして、今年も4000頭を飼育するというのですから、その世話は、だんだん大変になっていきます。労働の追体験といってもいいでしょう。

そのカイコが、6月5日(金)に学校に届きました。といっても4000粒のたまごです。今年はコロナの影響でたまごの確保が大変でした。休校中、3年生の先生たちで、やっと長野県松本にゆずってもらえるところを見つけたのでした。

「こんなに小さいの~!」ゴマ粒よりも小さいたまごにみんなびっくりです。ライトスコープを使って、観察記録を書きました。すごい集中でした。

CIMG4991

たまごが届いたので、次に必要なのは・・・そうです。ごはんとなる桑の葉です。カイコが桑の葉を食べることはみんな知っていました。学校の裏に行ってさっそく桑の葉さがしです。

IMG_8722 IMG_8728

みんなすぐに、大きな切れこみが特徴の桑の葉っぱを見つけていきます。「ほんとだ!白い汁が出る!」と、調べたことを確かめています。

CIMG5004 IMG_8735

桑の葉の観察記録も書きました。よく見ています。

 

「うまれた~!!」6月11日(木)

朝から大さわぎです。どんどんカイコがうまれています。

CIMG5016

「なんか黒い・・・」「動いてる~」「かわいい!」反応はさまざまですが、ライトスコープで見てみると・・・、「なんか、みどりっぽく見える!」「よく見ると白っぽい!」「毛がはえてるー!」次々に大発見です。

けご観察①まほさんの観察記録

けご観察②ちさとさんの観察記録

生まれたばかりのカイコのことを「毛蚕(けご)」というのも、よくわかりました。「目はあるかな~」など言いながら、みんなじっくり見ていました。

 

「もうこんなに~!大きくなってる!!」6月15日(月)

IMG_1895

週が明けて、見てびっくり。わずか4・5日で倍以上の大きさになっています。「大きくなってる!!」「頭が大きくて体が小さい」「かわいい~」「色がかわってる」「もようがある!」じぃーっと見て、声があがります。

IMG_1873

IMG_1872

毎日、カイコから目が離せません。「どれくらい大きくなった?!」1日おきの分散登校ですが、子どもたちは学校に来るのをとても楽しみにしています。

カイコがうまれてから、いろんなものが教室に届くようになりました。お母さんのシルクのスカーフ、お父さんのシルクのバンダナ、などなど。「シルクって何?」「どうやって糸にするの?」「さわっていい?」「きれい!」「すべすべだね。」子どもたちが持ち込んだものや、情報からも学習は広がっているようです。これから1か月の学習がどうなっていくのか、とても楽しみです。

1年生の学校探検

ブログ担当 低学年, 全校

学校が再開して2週間がたちました。最初の1週目は、お弁当のない午前中の1組・2組日替わりの分散登校でした。次の2週目は、お弁当のない午前・午後3時間の1組・2組入れ替わりの分散登校でした。そして、今週からはお弁当のある1日5時間の1組・2組日替わりの分散登校となっています。少しずつ学校生活の時間が長くなってきています。

子どもたちは、1年生から6年生まで、それぞれ担任の先生の話をよく聞いて、マスク着用や教室に入る前の手洗いなど、意識して行ってくれています。

授業も始まりました。1年生は、先週まで学校探検をしていました。自分の生活の場となる学校には、どんな場所があって、どんな先生がいるのか探検するのです。

IMG_0279 IMG_0280

ちゃんと1列にならんで歩いていることに感心します。保健室には治療したり、休むベッドの他に、ソファーや畳スペースもあります。先生に「いつでもきていいんだよ~」といわれてうれしそうでした。

IMG_5682 IMG_0289

入学式をした体育館。「ひろ~い!」「ボールで遊んでいいの?」など、学校で一番広いところで遊べる日が楽しみになったようです。

IMG_0312 IMG_6230

音楽室です。広いので椅子も十分間隔を空けることができました。この日は、先生と一緒に、指あそびをやりました。

IMG_6196

美術室です。これから描く水彩画で、どんな道具を使うのか教えてもらいました。一つ一つの道具に興味津々です。よく話を聞いていました。

IMG_0291

ここは、校舎裏にあるヤギ小屋です。モチとユキがむかえてくれました。おそるおそる見る子、「かわいい~」という子、ヤギ小屋はみんなに人気があります。

IMG_6235

最後は、みんなが一番好きになる場所、雑木林のあそびの広場です。この大きなすべり台は、数年前にお父さんたちが作ってくれたものです。

IMG_6246

IMG_6241

そして、一番気持ちいいのが、ターザンロープ。最初は先生や上級生に手伝ってもらうことが多いですが、そのうち一人でも乗れるようになっていきます。高さもだんだん高く飛び出せるようになります。この日もとてもいい風が、雑木林を吹き抜けていました。今週から休み時間もはじまったので、雑木林に走っていく1年生の姿が、たくさん見られるようになりました。

やっと入学式ができました!

ブログ担当 全校

待ちに待った入学式を、1年1組は6月1日、1年2組は6月2日、と二日間にわけてやっと行うことができました。1年生の子どもたちとお家の方、そして在校生や鶴小の先生たちもみんな、本当にこの日を待っていました。いつもなら全校で迎える入学式なのですが、規模を縮小して2年生と6年生の兄弟学級がそれぞれ参加しました。

6年生は、1年生が来てすぐに、入学式までのお世話をしてくれました。「6年〇組の〇〇です。入学おめでとう。今日はよろしくお願いします!」マスクをしていますが、しっかりあいさつをして、お家の人から自分の担当の1年生をあずかっていきます。目の高さを合わせているところに、6年生らしさを感じ、とても微笑ましかったです。

DSC_2653 くつ箱の場所を教える6年生

IMG_5646 個人ロッカーの使い方を教える6年生

式が始まるまでわずかな時間しかありませんでしたが、少し緊張していた1年生も、6年生と少し関われたことで、安心しているのが伝わりました。6年生も「もし泣いちゃったらどうしよう」「じっと座っていられなかったらどうしよう」と心配していましたが、自然にたよってくれる1年生に、緊張がやわらいでいくようでした。

さて、入学式。いつもは2学級がならんでひな壇に上がります。今年はさみしいかな・・・と思っていましたが、そんなことはありませんでした。担任の先生に名前を紹介されると、「はい!」と、元気な声が返ってきたからです。また、ひかえめに手を上げてくれた1年生もいました。そんなひとりひとりの精一杯を見ていると、みんなうれしい気持ちでいっぱいになるのでした。

IMG_5653 6月1日 1年1組入学式

IMG_5662 6月2日 1年2組入学式

2年生は、お祝いの言葉やメッセージを代表の人が話してくれました。

IMG_5655

「がっこうはたのしいですよ。たーざんろーぷがあったり、めいじんがあったり、おもしろいよ。」「にゅうがくおめでとう!1ねんせいたのしみだね!こままわしはたのしいんだよ。いっぱいしっぱいしてまわすのができるんだよ。こままわしがんばってね。」2年生も全員、自分の担当の1年生にメッセージカードを書いてくれました。

30分ほどのあっという間の入学式でしたが、しっかり参加することができた1年生は、とてもえらかったです。いつもとはちがう入学式になりましたが、29回目のとても心温まる入学式ができました。

分散登校で 学校再開!

ブログ担当 全校

6月1日から分散登校で学校が再開しました。

6月1日は、1組の午前・午後の分散登校、2日は、2組の午前・午後の分散登校でした。久しぶりに友達や先生たちに会えて、みんなうれしそうでした。教室に入る前に手洗いをすることも、意識して行っている子どもが多かったです。教員は、自分の表情が見えたり、口の動きがわかるように、口元が見えるマスクをしています。

この2日間は、学級開きであっという間の時間でしたが、欠席する子どももほとんどなく、みんなの元気な顔が見られて、子どもも先生たちも安心できました。

DSC_2649

2年生の教室

DSC_2661

6年生の教室

教室は、1組・2組の2つの教室の壁をなくし、1学級で使っているので、机の間隔も十分取れました。写真には写っていませんが、教室の反対側はオープンスペースになっています。そこの窓も開いているので、雑木林からいい風が入って、ベランダ側に抜けていきます。

DSC_2648

開校以来、初めてのことになりますが、始業式の校長先生の言葉を放送で行いました。みんなが頑張ったから今日が迎えられたこと、しばらく分散登校が続くこと、感染を予防しながらも楽しい学校生活をつくっていくこと、そして全校そろって登校できるまでみんなで力を合わせることなどが話されました。どの学級もとても静かに話を聞いていました。6年生の教室では、話のあとに拍手が起こったそうです。

子どもがいる学校はいいな。当たり前のことですが、つくづくそう思う2日間でした。

 

1日目と2日目の午後には、学級別の入学式が行われました。その様子は、また次に紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ学校再開です!

ブログ担当 全校

いよいよ6月1日から学校が再開します。しばらくは分散登校ですが、学校が始まることはうれしいことです。子どもたちからも「やっとはじまる!」と喜びの生活ノートが届いています。家庭の協力も得ながら、学校としても対策をしっかりとった上で、少しずつ日常に戻れることを願っています。

 

明日6月1日は、1組の登校日となっています。午前中は3・4・5年生の学級開き、午後には2・6年生の学級開きと、新1年1組の入学式が行われます。(あさって6月2日は2組の登校日と新1年2組の入学式。)

 

ここ数日、先生たちは学校再開の準備をしてきました。手洗い場の設置や健康調査の内容、子どもの活動への配慮や指導の確認などです。

DSC_2641

中でも教室の机配置は、鶴小の校舎の構造を活かし、1組・2組の教室の仕切り壁を外し、2学級の広さを1学級で使用するようにしました。これで、机の間隔が広くとることができました。そして、もともと教室と廊下の壁がないオープンスペース構造なので、窓を開ければ、雑木林から心地いい風も入ります。この教室は6年生の教室です。

入学式の準備も行いました。例年なら全校で1年生を迎える準備をしますが、今年は先生たちで文字をつくり、飾りつけを行いました。

DSC_2636

休校中に2年生は、1年生に向けたメッセージを書いて送ってくれました。「にゅうがくおねでとう!1ねんせいは楽しいよ。」「わからないことがあったらきいてね。」「学校のぞうきばやしでいっしょにあそぼうね。」など書かれています。また、真ん中にはってある「にゅうがくおねでとう」の文字とお花の飾りは、2年生の男の子が作って送ってくれました。2年生はひとつ上のお兄さん・お姉さんになることが、うれしいことも伝わります。

DSC_2643

1年生の教室は、黒板を使わないようにすれば、横広に机を並べることができました。新しい道具箱や色鉛筆が個人ロッカーに準備されています。1年生の先生たちは、どんな学級開きにするか相談していました。

DSC_2642

体育館です。入学式の会場ができています。

DSC_2644

1クラスずつ行うので、いつもより人数はかなり少ないですが、明日、新しい1年生と出会えることをとても楽しみにしています。

 

 

 

休校中の学校と子どもたちの様子②

ブログ担当 全校

休校が続いていますが、先週から今週にかけて、全学年に新たな課題が発信されました。課題を出す先生たちも工夫しています。国語や漢字、計算以外に、3年生では「やったるぜ!!100チャレ」として、あそびや生活習慣のチャレンジが出されました。クラス替えがあった3年生は、この間、電話やオンライン面談で全家庭と家での子どもの様子など交流してきました。その様子からこういう課題を思いついたのでした。やってみた子どもたちから届くメールを見ると「10個できた!」と反応もいいようです。

20200519140318188_0001

休校中の学級通信の発行も続いています。今日は2年生、4年生、5年生の様子を紹介します。

前回のブログで先生たちが紹介した「紙でっぽうをつくろう」に挑戦した1年生の様子を紹介しました。実は、2年生も挑戦していました。ところが、1年生と少し視点がちがいます。送ってくれた動画を見て「なるほど」と思いました。

おすぎ1 おすぎ2

「ぼくは2年生で、1年生の子ははじめてだからいろいろ教えてあげたいです。今日は紙でっぽうを作ったので鳴らしたいと思います。(やってみる「パン!」といういい音!)思いっきりふったほど力が強くなって、音もすごく鳴りやすくなるので、やってみてください!」

1年生に教えてあげたいと、お母さんに動画を撮ってもらって、送ってくれたのでした。担任の先生のコメントには「ドキドキしている1年生も、2年生がおしえてくれたら安心するね。まだ学校がちゃんと始まってないのに、もう1年生のことを考えてあげていて感心したよ。」と書かれていました。もちろんこの動画は、1年生向けに紹介されたのでした。

 

4年生からはこんな生活ノートが届きました。「ユニット折り紙を11個作って、大きいのと小さいのと、もっと小さいのを作ってみました。そしたら積み木みたいにつめておもしろかったです。あと、折り紙でアマビエを作りました。今、アマビエが話題で、朝ニュースを見てたら、アマビエの本当の名前がアマヒコと言っていてびっくりしました。」4年生向けに紹介された「ユニット折り紙」も、広告をつかって大きいものを作ったり、自分で工夫しているようです。アマビエはもう100個くらい作って、お家のいろんなところに貼ってあるというのですから驚きです。いいおまじないですね。

IMG_20200430_175147

 

5年生では、総合学習で「食」をテーマに学習を進めることになっていますが、休校中、「なんでも情報カード」が課題として出されました。食べ物について自分の調べてみたいこと、やってみたことなど、まとめる活動です。学級通信にさっそく届いたものが紹介されていました。

001002003

 

こよみさんは、普段から疑問に思っていた「食べ物はどうしてくさるのか?」について調べました。とても分かりやすくまとめられています。しばらくして興味は、ヨーグルト、チーズ、納豆など「発酵」に広がり、さらに自分でつくった「保存食」の写真を送ってくれました。写真の左が「ほし芋」で右が「ほし飯」です。(「ほし飯」は大昔から携行食として利用されています。今でいうアルファ化米。)自分の疑問からやりたいことを、どんどん発展させているのが分かります。

こよみ3

このように、5年生の学級通信には、「うどん作りに挑戦しました!」「ポテトチップスを作ったよ。」「5月の旬の柑橘類について食べ比べしてみた!」などいろんな「情報カード」が紹介されています。学校でみんなとやりとりしながら交流できないことは残念ですが、自分でこんなことを学びたい、というものを一人一人が持っていることを感じます。鶴小では、「子どもから出発する学び」を大切にしています。子どもたちの様子を知って、もっと子どもの「知りたい」エネルギーを活かしたいと思うのでした。学校では、6月1日の再開に向けての準備が始まっています。

休校中の学校と子どもたちの様子①

ブログ担当 全校

5月31日まで学校は休校ですが、先生たちは課題を準備したり、学年別のサイトに、家での課題に参考になるビデオ配信したりしています。また、担任の先生たちは、学校メールに届いた「あのねノート」や「生活ノート」などの作文を学級通信にして各家庭に配信しています。そのやり取りが積み重なる中で、みんなの様子がわかったり、新しいつながりが広がったりしています。今日はそんな様子を少し紹介します。

ビデオ配信では、これまでに全校に向けて、

「うたってみよう」(音楽科:1年生~6年生別で)

「ヒンメリ~光のモビールを作ってみよう」(美術科)

「春の自然観察」(理科)

「体を動かそう」(体育科)

などが紹介されました。各学年では、

「紙芝居や絵本の読み聞かせ」(1年生)

「自分の名前で詩をつくろう」(2年生)

「算数『かたち』の学習解説」(3年生)

「技術『ユニット折り紙でキューブを作ろう』」(4年生)

「社会『日本の国土』解説」(5年生)

「技術『挑戦しよう鶴作り』」(6年生)

などのビデオ配信されています。

DSC_2614 1年生の先生たちが課題を準備している様子

DSC_2616 5年生の先生たちが社会の解説動画を撮っている様子

 

子どもたちからもお家での様子がメールで届きます。

1年生の学級通信には、

IMG_6443 IMG_6444

先生たちが紹介した「かみでっぽう」を作って「とてもおもしろく楽しんでいます」と動きが見えて、「パン!」という音まで聞こえてきそうな写真が届いたり、

yabe2 yabe1

「たけのこにょっきをしているしゃしんです。おやまあるきがすきです。しょうがっこうにある、ぞうきばやしであそびたいです。あと、さんぽしてたら、せーたかのっぽさんのたけのこをはっけんしたよ。」と散歩の途中で大きなタケノコを見つけて、音楽の指あそび「♪どのたけのこが♪」をやっているところが紹介されていました。

 

3年生の学級通信には、

image4 image0

「きのう動画を見て、モビールを作りました。おうちでぼーりんぐをしたよ。みたらしだんごを作ってたべたよ。ばるーんのふねを弟と作ったよ。パンダがすきなんです。先生がすきなどうぶつはなんですか」

「すてきにしあがっているね~。大きいヒンメリの中に小さいヒンメリが入っているね。先生がすきなどうぶつは、ねこだよ~」(担任の先生)

と書かれていました。学校にきてみんなで話したりはできませんが、こうやってみんなの様子が届き、通信で紹介できることは、先生たちにとってもみんなにとってもうれしいことです。

 

最後に6年生の学級通信の「生活ノート」を紹介します。

「先生、みんな、元気ですか。〇〇です。最終学年の担任の先生が(持ち上がりの先生で)とても嬉しくて発狂してしまいました。今から書く文章は発狂後に書く文章です。なので、少し狂っているかもしれません。ご了承ください。突然ですが、みんなは、この休み期間何をしていますか?私は、自転車にたくさん乗っています。気分転 換にちょうどいいので、ぜひやってみてください。

そして、少し勉強しています。1 日 1 回少しでもやると、終えてからとてもスッキリします。たまに、わか らない問題が出てくることもあります。そういう時は、全然違うことをしています。例えば、縄跳びをした りします。そうすると、なぜかスラスラ解けるのです!不思議ですね。(゚Д゚;)  そして、今、すき間時間にしている事は、テレビゲーム、本・新聞を読む、です。やっているゲームは「ゼ ルダの伝説」です。ゲームは、お母さんと協力してやっています。それぞれの得意なことを出し合って、ス テージクリアーしています。私は、パズル・記憶系、お母さんは、根気系の力を発揮します。昔のゲーム機なので、絵がガビガビで面白いです。

本は、「子どもの哲学」という本から、テーマを 1 日 1 個選んで読んでいます。そのテーマについて、家族 で意見交換しています。名付けて「土・日曜討論」。どっかで聞いたことがある名前ですね(NHK)。私は、 この土・日曜討論が好きです。家族の多様な意見も聞けるし、自分の言いたい事が言えるからです。今日 4 月 18 日のテーマは、哲学の本に書いてあった「学校は何のためにあるの?」です。みんなはどう思いますか?  新聞は、読むついでに原稿用紙に書き写しています。中には、何ページも書き写す物もあるので、何度も 何度も休んで、頑張って書き終えています。疲れますが、とても楽しいです。(^^♪

この新型コロナウィルスでできてしまったとてつもなく長~い休み。嫌なこともありますが、わかったこ とがあります。それは……

「家にもたくさん財産が眠っている」

です。この言葉の意味は、何か買わなくても、読んでいなかった本や、遊んでいなかった玩具が家の中にあ るよ、という事です。実際に、私の家にたっぷりと本が眠っていたのです!みんなも「ステイホーム」の今、 家の中の財産を探してみてはいかがでしょうか。  最後に言いたい事を言います。いいですか?

「早くみんなに会いたい」

でも、このご時世我慢するしかないですね。  では、また会う日までさようなら~!以上」

 

休校になってますます感じることは、学校が子どもたちの生活になくてはならない当たり前の存在であるということ。そして、子どもたちから届くものから読みとれるのは、みんなに会いたい!という願いです。「人と人との距離」をとらなければならない中で、「人と人のつながり」をどう作っていけるのか、今、学校に何ができるのかが問われているのだと思います。

 休校の措置が続く中で、学校と子ども、子ども同士のつながりをどう作っていけるのか、先生たちもいろんな工夫をしているところです。引き続き紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

新年度の学校体制です

副校長 お知らせ, 全校, 新型コロナウイルス対応

こんな形で、年度最初のお知らせをお届けするのは、私の教師経験の中で初めてです。

1年間の学校生活のまとめもできずに“学級を閉じ”子どもたちとお別れをし、また新しい担任の発表を、子ども達の反応を見ながら行えないというのは、仕方ない事とわかってはいても、どの先生も割り切ることのできない複雑な気持ちでいっぱいです。それは、父母の皆様や子ども達も同じだと思います。今は“コロナウイルスの感染から子ども達・父母・教職員”を守るという1点を大事にして、冷静に行動していきたいと考えています。ご協力をお願いします。

校長 加川博道    副校長 成田寛   教務主任 和田仁

1年1組石川義人  1年2組入沢雅代

2年1組斉藤かいと 2年2組大野裕一

3年1組小川恵   3年2組橋本紗弥

4年1組内山裕華  4年2組竹田孝宏

5年1組中村晴佳  5年2組米田梢

6年1組上野善弘  6年2組池田元

※学年所属についてはま「まちコミ」で送った「雑木林1」を参照してください。

音楽 祝亜紀 金子裕美

美術 野々垣実歩 飯田哲 伊東信治

理科 中井孝之 天野草太

工作・技術 小川恵 齊藤碧 中村源哉 成田寛

体育 山田智之   保健室 青野真澄

図書室 長谷部香苗

事務室  ○三村知広 工藤将 甲斐眞弓 大見直子 辻治人  九里由子

昨年度の評価カード・休校中にやってほしい課題・新しい学級の通信等は4月15日に郵送します。それを参考にしていただきたいと思います。

旧1年生の学級通信最終号・3年生のクラス分け名簿については「まちコミ」メールにてお送りしました。確認してください。

今、在学生のみが閲覧できる「和光鶴川小学校学年別連絡サイト」を準備中です。4月15日から、そのサイトを開設する予定でいます。このサイトには学習プリントはじめ、まちコミでは送ることができない大きなデーターもアップすることができます。開設準備が整い次第、まちコミにてアクセス方法について紹介します。

今後の始業式・入学式や今後の予定については、きまり次第、まちコミ・和光鶴川小学校学年別連絡サイト・ホームページ(公開できる情報)にてお知らせします。

和光鶴川小学校の資料請求はこちらから。

資料請求