全校

3学期の始業式 「それしかないわけないでしょう」

校園長 全校, 校長おのせんブログ

3学期の始業式は新型コロナウイルス感染予防のため放送で行われました。そこで私は次のような話をしました。

「あけましておめでとうございます。2022年、新しい年が始まりました。今日から3学期、一年の締めくくりの学期が始まります。冬休みはゆっくり過ごすことができましたか?楽しめましたか?
さて今日は1冊の絵本を紹介します。絵本なので本当は絵を見せながら紹介したいのですが、放送なので絵は見せられません。ヨシタケ シンスケさんという人が書いている『それしかないわけないでしょう』(白泉社)という本です。有名な人の本なので読んだことがある人もいるかもしれませんね。全部は紹介できないので一部を紹介しますね。
ある女の子がお兄ちゃんに『ねえねえ、しってる?みらいはたいへんなんだぜ。みらいのせかいは、たいへんなことばっかりなんだってさ。ともだちがおとなからきいたんだってさ。ひとがふえすぎて たべものがなくなったり びょうきがはやったり せんそうがおきたり うちゅうじんがせめてきたり ちきゅうがこわれたり するんだって。』と言われます。これをきいた女の子は『ガーン』ショックを受けて おばあちゃんに『みらいがたいへんなの おにいちゃんがこんなふうにいってたの』と話します。おばあちゃんは『あー』といった後で、こう続けます。『だーいじょうぶよ!みらいがどうなるかなんて だれにもわかんないんだから!たいへんなことだけじゃなくて たのしいことやおもしろいことも たーくさんあるんだから!おとなはすぐに”みらいは きっとこうなる”とか”だからこうするしかない”とかいうの。でも たいていは あたらないのよ。あと おとなはよく”コレとコレ、どっちにする?”とかいうけれど どっちも ちがうなあーって おもったときはあたらしいものを じぶんで みつけちゃえばいいのよ!みらいは たーくさん あるんだから!』と話します。女の子は『そっか。ふたつとかみっつしかないわけないもんね』と納得し、おばあちゃんは『そうよ!それしかないわけないじゃない!』と応えます。
この絵本は続きもありますが、興味のある人は校長室にあるので読みに来てください。他にもヨシタケ シンスケさんの絵本は、たくさんあるので、図書室などでも読んでみてください。
地球温暖化で気候変動が起きたり、環境破壊が進んだり、新型コロナウイルス感染が広がったり、大人でもどうしたらいいのかなかなか答えが見つからない、むずかしい問題が、今、世界にはたくさんあります。でも、暗いことばかりじゃありません。若い人たちが中心となって世界中で手をとりあって温暖化が進まないように声をあげたり、SDGsと言って誰ひとり取り残されることなく人類が安定してこの地球で暮らし続けることができるように目標を持ち協力したり、世界の人たちが力を合わせて問題を解決していこうとする動きもたくさんあるのです。
これからの未来や社会をつくっていくのは きみたち子どもであり、共にくらす私たち大人です。どんな未来や社会を選ぶのか、それも私たちなのです。
どうしたらみんなが幸せに暮らしていける社会をつくっていけるか学び、考え続けていきたいですね。おかしいなと思うことがあれば変えていけばいいのです。みんなで考え、問題の答えをあーだ こーだ いいながら話し合って解決していけばいいのです。一人では無理なことも、みんなで考え力を合わせれば変えられることはたくさんあります。まちがえたって 失敗したっていいんです。あきらめないことが大事です。そんな力をつけるために学校はあるのだと思います。
3学期、劇の会もありますね。他にも楽しみなこと、たくさんあると思います。引き続き新型コロナウイルスの感染には気をつけつつ、みんなが充実した学校生活を送れることを祈っています。」

放送で話したので子どもたちがどんな風に受け止めてくれたのかわからず「低学年の子どもには難しかったかな?伝わったのかな?」などと思っていました。
その後、何人かの子どもが絵本のつづきを読みに校長室に来てくれました。うれしいことです。5年生のSさんは絵本の続きを読んだ後「それしかないものもあるよ。その人の作った作品」と話してくれました。確かに美術や技術で作った作品は”それしかないもの”です。3年生のKくんは考えて「たべもの」と応えてくれました。「だってその人しかつくれないたべものってあるでしょう」「なるほど。それしかないものもあるね。他にもあるかな?」とその話題で盛り上がりました。
3年生のあるクラスからは「続きを知りたい」「これから、どうなるの?」という声があったそうで、お弁当の時間にこの絵本を読みに行かせてもらいました。

大野先生読み聞かせ (1)

子どもたちはお弁当を食べながらも時々笑いながら楽しんで聞いてくれました。読み終わった後、ストーブの前で何人かの子どもたちが集まって、この本のことを話していたそうです。こんな風に子どもたちが話し合うきっかけになったことがちょっとうれしく感じました。私にとっても楽しいひと時でした。

校長 大野裕一

元気をもらった「秋まつり」

成田 寛 全校

緊急事態宣言の中での準備。多くの制限がある中で“充分な練習ができるのか”“子ども達は踊ることを楽しめるのか”と多くの不安の中での1か月間の準備。

10月に入って緊急事態宣言は解除されたものの引き続き感染対策が必要な状況。おまけに暑い日が続き熱中症対策も必要になりました。

そこで、開会の集いと踊りの広場を中心に行うこと。テントを出すと観るスペースが狭くなり、大幅な人数制限が必要になるので、グランドが日陰になる午後に、テントを出さず、卒業生と在校生父母のみに公開して行うことにしました。

秋まつりで踊る子どもたちの姿。真剣で生き生きとしていて「子どもたちから元気もらいました。」の感想が多く届けられました。

上級生が下級生の踊りを見ながらリズムに合わせて体を動かし、下級生は真剣に上級生の踊りを見つめる。感染対策を工夫しながら一堂に会する大きな意味を感じるまつりになりました。

秋まつりへ向けて「踊りを見合う会」をしました

成田 寛 全校

9月中は緊急事態宣言期間中。秋まつりへ向けた踊りの練習も感染対策を取っての実施になりました。

いつもなら学年合同で練習できたのですが、今年は密を避けるために学級ごとに練習をしました。

また、踊りの隊列や構成も近い距離で向かい合うことや、密を避ける工夫が必要になりました。

多くの制限の中での取り組みで子ども達が踊ることを楽しめているか心配していたのですが、

生き生きと楽しんでいる姿をいっぱい見つけることができた「見合う会」になりました。

 

夏休みの自由研究・作品の展示がおわりました。

ブログ編集担当 お知らせ, 中学年, 低学年, 全校, 高学年

今年もなかなかの力作ぞろいの夏の自由研究でした。たくさんの発表の中から1~2点を紹介します。

 

1年生からは、登山に挑戦したことやペットボトルで船をつくって遊んだことなどの発表がありました。

IMG_1874

IMG_1875

 

2年生からは、砂金さがしの報告やパンづくりの様子が紹介されました。

IMG_1876

IMG_1878

 

3年生では、工作の作品が多くありました。写真は、新聞をつかってのスリッパづくり、そして、まゆ玉で昆虫見本をつくったというものです。

IMG_1879

IMG_1881

 

4年生では、トカゲを捕まえようとして、しっぽがきれてしまったことをきっかけにそのしっぽの再生を観察したという発表がありました。川の研究では、地形図をつかって川とその周辺の地形の移り変わりを調べました。

IMG_1882

IMG_1885

 

5年生では、野球の変化球がどうして曲がるのかという研究がありました。なかなかの力作でした。

IMG_1886

また、1学期の続きでだんごにこだわりどうして団子は丸いのかをつきとめたという研究もありました。

IMG_1887

 

6年生では、折り紙の色の温度変化について時間を追って実験を重ねたという力作もありました。その他、沖縄や平和についての発表も数多くありました。

IMG_1888

 

どの学年もそれぞれに自由に発想して、挑戦し、ていねいなまとめをした作品ばかりでした。

 

 

運動会無事終わる。

成田 寛 お知らせ, 全校

コロナ感染対策を取りながらの運動会。無事終了しました。

今回は昨年度にもまして、感染対策の徹底に時間を取りながらの運動会となりました。「マスクはどうする?」「声を出しての応援はいいのか?」「手洗いは?」など取り組みごとに子どもと相談し、教師でも打ち合わせ、時間をかけて準備しました。

また、普段の日と運動会当日の健康チェックの徹底や運動会参観者の制限など、感染対策への協力を父母の方にもお願いしての運動会の開催でした。外部の方や卒業生にも今回は参加をお断りしました。

多くの人のご協力で開催できた運動会。結果は2組緑組の優勝でしたが、どの学年も自チームの優勝に向けて、集中し燃え上がる鶴小らしい、いい運動会になりました。

その様子を少しだけですがお伝えします。

 

運動会前日

成田 寛 全校

いよいよ明日は運動会。運動会前の最後の一日。子どもも教師も密度の濃い1日となりました。

コロナの感染対策をとるために子どもも教師もたくさんの時間を使いました。

そして、いよいよ明日が運動会。子ども達は優勝することに燃え、教師はそれを支えながら、父母の皆さんの力を借りながら万全の準備をしました。

本当に残念ですが、明日は在校生家族以外の方の参加・観戦はできません。せめても、運動会前日の暑い雰囲気と運動会当日の様子をお伝えします。

 

運動会1日前の子ども達。

 

運動会を支える大人達。会場の都合で夕方の準備になりましたが12名の父母の方が駆けつけてくれました。

運動会の「全体練習」をしました

成田 寛 全校

水曜日に運動会の全体練習をしました 。

感染対策のため、各学年の得点種目1種類のみの試合形式の練習になりました。終わった学年から教室へ移動するという形をとりました。

いつもよりは声援の少ない全体練習になりました。各学年とも極めて偏った結果になりましたが、例年、残りの3日間の取り組みこそが本番の勝敗に関係します。

放課後教員のチーム別集会が長時間開かれ念密な打ち合わせが行われていました。

本番の結果がますます楽しみになります。

それでも今年度は在校生同居家族のみへの公開になります。外部の方・卒業生のみなさんへの公開は行っていません。結果についてもなるべく早くお知らせしますのでお待ちください。

低学年タイヤ引き全体練習では1組が3勝1分けでした。

bu-527-1

 

bu527-2

 

中学年「タテヨコ」は2試合とも2組が勝ちました。

bu527-3

 

bu527-4

 

グランプリレースは2試合とも2組が勝ちました。

bu527-5

 

bu527-6

運動会キャラクターが決まりました。

成田 寛 全校

今年のそれぞれのチームのキャラクターが決まりました。

このチームキャラクターコンテストは、子どもが主体的な取り組みとして、2003年から続けられ、今では運

動会を作る文化としてしっかり位置づいています。提案、受付、掲示、投票、結果発表まで、全て子どもの自主運営です。

今年もそれぞれのチームに思いのつまった約60作品が応募され、チーム毎の投票で選ばれました。

今年の特徴はいつもは高学年から選ばれることが多いのですが、低学年の作品が総合キャラクターに選ばれたことです。

コロナ感染対策として「声を出しての応援は禁止」という中で、選ばれたキャラクターは応援の重要な位置を占めます。

bu526-1

 

bu-526

和光鶴川小学校の資料請求はこちらから。

資料請求