高学年

5年生 いきいき代かき・しっかり田植え

ブログ担当 全校, 高学年

5年生は、毎年、田んぼ作りに挑戦しています。今年も少し遅くなりましたが6月の終わりに「代かき」「苗とり」「田植え」を行いました。

6月24日(水)は「代かき」と「苗とり」です。耕された田んぼには、水が張られています。土をさらに細かくする仕事を子どもたちが行います。といっても、田んぼに入って、ひたすら足で土を踏んで歩くのです。

CIMG9450

IMG_1482

はじめは、泥がつくことを気にしている子もいましたが、しばらくすると・・・

CIMG9432

楽しくなってきて、

IMG_1490

走り出していました。これが田んぼにとって、いい仕事になります。

IMG_1493

転んでも、楽しそう。終わるころには、みんな泥んこになって、すっかり代かきの仕事は完了していました。

CIMG9444

何か見つけたようです。

CIMG9445

今ではすっかりめずらしくなった、オケラでした。鶴小で借りている田んぼのまわりは、雑木林で囲まれた、とても自然の豊かなところです。沢から流れるきれいな小川の砂地のところには、絶滅危惧種のホトケドジョウも住んでいます。もう少ししたらホタルも飛びます。

CIMG9462

代かきが終わったら「苗とり」です。田んぼを貸してくれている市川さんが、畑で「うるち米」と「もち米」を種から育ててくれた苗です。畝で20センチくらいに育った苗をひとつかみ。根っこが切れないようにぬいて、あつまった苗を藁で束ねていきます。

CIMG9457

藁で束ねる仕事は、けっこう難しそうでしたが、みんな一生懸命やっていました。

二日後の6月26日(金)には「田植え」を行いました。「田植え」は「代かき」とちがって、ていねいな仕事が求められます。

IMG_1516

IMG_1512

先生が張ったロープを目印に、5本ずつ間かくをあけて、苗を植えていきます。しっかり泥の中まで差し込んで植えないと、あとで苗が浮いてしまいます。

CIMG9500

CIMG9504

みんな、とっても仕事が上手でした。1粒でも多く収穫できるように、苗を大切にあつかって植えているのがわかりました。

CIMG9510

この日は、40分くらいの仕事でしたが、作業が終わってながめると、

20200706_125448

なかなかいい田んぼが、できあがっていました。左側、下の田んぼが5年1組のうるち米の田んぼ、右側、上の田んぼが5年2組のもち米の田んぼです。まだ梅雨が続きますが、これから夏の日をいっぱい浴びて、ぐんぐん育ってほしいです。草取り、水の量の調節などしながら、秋の収穫まで、がんばって育てていきます。

 

Let’s go to the・・・(異文化国際理解教育)

ブログ担当 高学年

11月末フィリピンのレトラン小学校の子ども達10名と先生3名が交流のため来校しました。

レトラン小学校との交流は3年目、昨年も数人鶴小に来てくれました。子どもたちは鶴小の5年生の子どもたちの家にホームステイをし、過ごしました。おうちの方の協力もいただいてとってもありがたいです。

学校では5年生のクラスで一緒授業に参加したり、休み時間は一緒に遊んだり。鶴小の子どもたちは知っている英語や身振り手振りでコミュニケーションをとっていました。習いたての「Let’s go to Gym」「what sport do you like?」も聞こえてきたり。

でも言葉は十分でなくとも、一緒に遊べば、友達!仲良くなるのに時間はかかりませんでした。すごいですね。

クラスのみんなでおにぎりも作りました。

IMG_1257

レトラン小の子どもたちが歌とダンスを披露してくれました。

IMG_1250

フィリピンの先生たちは5年生に「フィリピンんの文化・遊び」「レトラン小の紹介」6年生に「日本とフィリピンの歴史」の授業もしてくれました。

IMGP0023

6年生は沖縄学習旅行や総合学習で学んできた素地があるだけに、史実に向かい真剣に聞いている表情でした。

4日間とてもいい時間を過ごせました。

IMG_1271

また会おう!

後期児童会選挙がありました

ブログ担当 中学年, 高学年

4〜6年生が一同に集まり、後期の児童会メンバーを選びます。

自分が頑張りたいこと、みんなのためにできることはなにかをよく考えて演説していました。

IMG_1120

IMG_1124

・みんなの意見を聞いて、すこしでも要求が叶うようにしたいです。

・みんなが安心して安全に過ごせる学校生活をつくりたいです。

・後期はみんなから募集した〇〇大会を開催したいです。

・今の下校放送を変えたいです。

・低学年でもわかりやすいニュースを書きたいです。

 

IMG_1123

立候補者の人たちに頑張ってほしい、と応援演説にも力がはいります。

・私は話すのが苦手ですが、(立候補者の)〇〇さんは、話をゆっくり聞いてくれます。

・〇〇さんの信頼できることは、説得力があるところです。

IMG_1125

自分たちのまとめ役として誰に任せようか、選ぶ側も慎重でした。

委員長1名、副委員長2名、書記2名、実行委員3名を選びます。

沖縄学習旅行4日目 交流とお買い物

hikeda 高学年

P1190224-w460-h320

沖縄学習旅行も最終日となりました。今日は沖縄の公立小学校の4年生との交流です。

P1190201-w460-h320

 

P1190207-w460-h320

交流のはじめに、鶴小の子どもたちが大森み神楽を披露しました。この後、面シーサー作りに取り組みました。

P1190239-w460-h320

この後、完成させて焼き上がったものを送ってくれます。完成が楽しみです。

P1190266-w460-h320

面シーサー作りの後は給食交流です。班ごとに机を合わせて一緒に給食を食べました。

給食を食べた後は、お別れの集会をして小学校を後にします。数時間の交流でしたがお互いに良い交流になりました。

小学校訪問の後は国際通りでの買い物です。みんなで公設市場を見学した後、自由時間です。

P1190306-w460-h320

 

P1190308-w460-h320

 

P1190298-w460-h320

買って食べたり、家族や友達へのお土産を選びました。買い物の後は空港へ。東京へ帰ります。

P1190315-w460-h320

平和宣言をみんなで読み合いました。この平和宣言は、一日ごとに子どもたちがまとめた文章を班長たちが選び、選んだものをさらに一つにした文章です。子どもたちの言葉で、この沖縄学習旅行で学習したことや、これから考え続けていきたいことがまとめられています。

P1190361-w460-h320

羽田空港に到着した後は、集会をして解散となります。五感で沖縄を感じ、クラスの仲間と自分の考えたことを交流した、とても濃密な4日間でした。

 

 

沖縄学習旅行3日目② 海遊びと学級集会

hikeda 高学年

3日目の昼食はカレーです。外のテラス席で班ごとにいただきました。

そして、まちにまった海あそびの時間がやってきました。

IMG_0807-w460-h320
IMG_0820-w460-h320
IMG_9515-w460-h320
IMG_9531-w460-h320
IMG_9539-w460-h320
IMG_9546-w460-h320
IMG_9547-w460-h320
IMG_9550-w460-h320
IMG_9575-w460-h320
P1190060-w460-h320
海の中で存分に泳ぐ子、砂浜で遊ぶ子、生き物探しをする子、友達や先生を埋めて遊ぶ子と、さまざまな遊びをたっぷりと楽しめた約2時間でした。
P1190095-w460-h320
着替えの後には芝生で寝転ぶ子どもたちの姿も。この写真は、ある年の和光鶴川幼稚園のポスターを真似したものだそうです。園児とはまた違う可愛さ?
P1190125-w460-h320
最後に、お世話になった宿舎のご主人とライフセーバーの方にお礼を伝えて、渡嘉敷島を後にしました。
IMG_0965-w460-h320
帰りの高速艇の中の様子です。乗船時間は40分程度でしたが、ほとんどの子がぐっすり眠っていました。たくさん学び、たくさん遊んだ証でしょうか。
ホテルに戻った後は夕食です。3日目の夕食はステーキです。楽しみにしていた子どもが多かったようです。
IMG_0962-w460-h320
IMG_0963-w460-h320
夕食の後は、クラス毎の学級集会です。学級集会では両クラスともに、一人ずつがこの3日間、自分が感じたことや考えたことを自分の言葉で語り、その後、クラスで質問を出し合いながらお互いの意見を深めていきました。
IMG_9604-w460-h3201組学級集会
IMG_9607-w460-h320
IMG_9600-w460-h320
P1190138-w460-h3202組学級集会
P1190147-w460-h320
P1190149-w460-h320
学級集会の最後に、旅行社の方から「頑張っている子どもたちに」と、アイスクリームの差し入れを頂きました。学級集会後に子どもたちは美味しそうに食べていました。
P1190178-w460-h320
学級集会後、各班の班長さん達が自分の班の人が書いた「ふりかえり」を読み込み、平和宣言作りを行います。
P1190186-w460-h320感想を読む班長たち
班長さんたちが選んだ文章をつなぎ合わせて行きながら、沖縄学習旅行の平和宣言が作られていきます。
担任の先生たちが、班長たちがまとめたものをつなぎ合わせ、一つの文章を作っていきます。子どもたちが寝た後に担任の先生たちも頑張っています。今年はどんな平和宣言ができるのか。子どもたちがこの学習旅行で何を感じ、何を考えたのか、楽しみです。

沖縄学習旅行2日目 コース別学習(2組)

hikeda 高学年

沖縄学習旅行の2日目の午前中は、クラス毎にコース別で沖縄の戦跡をまわります。

2組は、宮城喜久子さんを中心に、ひめゆり隊に関わる戦跡をめぐります。

P1180367-w460-h320

2組のガイドは迫田実さんです。まず最初に、南風原(はえばる)陸軍病院壕跡を訪れました。

P1180369-w460-h320

この南風原陸軍病院壕は、沖縄戦に備え日本軍が作った病院壕です。医者、看護婦らとともに、ひめゆり学徒隊の女学生達も看護補助として配置されていました。傷ついた兵士を治療するために作られた壕です。

P1180382-w460-h320

P1180387-w460-h320

ひめゆり学徒隊の女学生たちは、傷病兵士の治療の助手以外にも、食事の準備も行っていました。病院壕までは足場の悪い坂が続きます。それでも、女学生たちはふもとの炊事場から病院壕まで食事を作り、運んでいました。運んでいるときは爆撃の危険にさらされています。食事も日に日に減っていき、一日に「ピンポン玉ぐらいの大きさ」のおにぎり1つになっていった、とのことです。

P1180400-w460-h320

P1180412-w460-h320

女学生たちが食事を運んでいた時は足場は今よりもっと悪く、さらに長い距離を運んでいました。少しでも追体験を、ということで食事運び(飯上げ)をやってみました。

P1180426-w460-h320

また、砲弾の実物も迫田さんが用意をしてくれました。(もちろん外側のみです)とても重たい砲弾に、「こんな重たいものがたくさん落ちてくるなんて怖すぎる!」とつぶやいていました。

次に訪れたのが糸数壕です。

P1180432-w460-h320

P1180434-w460-h320

玉城(たまぐすく)村の糸数にある壕で、当初は避難壕だったものが、戦況が激しくなり病院壕となります。1000名近くの負傷兵が収容されていた広い壕ですが、それでも負傷兵が増えて行く中で、収容数が足りなくなっていったそうです。また、病院壕での「処置」や、撤退時の様子などを学びました。写真撮影が禁止されているので写真はありませんが、壕の中では、全ての電気を消して暗闇体験も行いました。

P1180445-w460-h320

糸数壕の近くにはさとうきび畑が広がっていました。風がとても心地よかったです。

そして、最後に訪れたのが第一外科壕跡です。

P1180454-w460-h320

P1180447-w460-h320

ここは宮城喜久子さんらひめゆり隊が派遣されていた病院壕です。当時の第一外科壕の様子を宮城さん自身が語る音声を、この場で聞きました。砲弾が撃ち込まれ、負傷した仲間や先輩たちの状況が事細かに語られていました。想像以上の凄惨な状況があったことが分かります。

P1180459-w460-h320

P1180483-w460-h320

慰霊と平和への願いを込めて、エイサーを踊りました。

P1180524-w460-h320

第一外科壕跡は、ひめゆり資料館のすぐ近くです。ここから徒歩でひめゆり資料館近くのレストランまで歩きました。ここでも玉城村と同じく、さとうきび畑が広がっていました。

 

 

 

沖縄学習旅行2日目 コース別学習(1組)

hikeda 高学年

沖縄学習旅行の2日目の午前中は、クラス毎にコース別で沖縄の戦跡をまわります。

1組は宮城みちこさんの南部戦跡をたどるコースです。

まず、子どもたちは、担任の米田先生から
○五感で感じること
○その人の立場に立って考えること
を大事にしてほしいと伝えられ、2日目が始まりました。
IMG_9241-w460-h320
1組コースの語り手は宮城ちえさんと、長堂としこさんです。ずいせん学徒隊の女学生、宮城みちこさんの原体験と後世に伝えたかったことを語り部としてガイドをしてくださいました。IMG_9239-w460-h320
初めに訪れたのは首里高女跡地です。今は駐車場になっています。みちこさんの通った学校です。セーラ服に憧れて入学をきめましたが、丸襟にモンペを着るようになり、次第に戦争はひどく、学校では看護の勉強ではなく飛行場の建設など国への奉仕をするようになっていきました。
IMG_9246-w460-h320
IMG_9248-w460-h320
読谷から米軍が進入してきたため激戦地区となり、怪我をした人たちがはこびこまれたのナゲーラ壕です。みちこさんたち女学生たちは医薬品や麻酔がない状況下で手術を手伝ったり飯揚げをしました。
その後
「南部撤退」命令が出て初めに行ったのが、識名壕(しきなごう)です。
IMG_9255-w460-h320
負傷者には肩をかし、担ぎながら歩いて向かったと言います。ここでは、1分程灯りを全て消し、暗闇を体験しました。
IMG_9266-w460-h320
「30人が何分かいたけで、暑くて息苦しく、怖かった。これで血や汗やうんちやおしっこのにおいがあると思うと自分は耐えられない。こんなところが天国だなんて言葉にならない」と子どもたちの感想です。
みちこさんが米軍に捕獲された最後の場所が米須壕(こめすごう)です。
IMG_9275-w460-h320
IMG_9280-w460-h320
みちこさんにとっては、死にかけた、殺してくれと願った、最後まで捕虜になることを争った場所です。
地上戦となった沖縄戦は、住民の多くを犠牲にだしました。野ざらしにされたままの犠牲者もたくさんいました。その人たちをきちんと埋葬しようとつきられたのが魂魄の塔(こんぱくのとう)です。
IMG_9285-w460-h320
IMG_9286-w460-h320
その後、ずゐせん学徒隊を慰霊したずゐせんの塔を訪ね、黙祷を捧げた後にクラスのみんなでエイサーを踊りました。
IMG_9296-w460-h320
IMG_9306-w460-h320
IMG_9311-w460-h320
IMG_9312-w460-h320
ずいせんの塔を訪れた後、レストランに向かい、2組と合流しました。

和光鶴川小学校の資料請求はこちらから。

資料請求