高学年

5年 総合学習 異文化国際理解教育

ブログ担当 高学年

12月11日月曜日、5年生がフィリピンのレトラン小とスカイプ交流をしました。

フィリピンとの時差は1時間ということで、ネットを介しTV電話が出来るスカイプ(Skype)

を使ってこの学年では初めてのスカイプ交流をしました。

11月にホームステイをかねて交流をしたレトラン小の子どももいたので、

ネットを介しての1ヶ月ぶりの「再会」ともなりました。

来年はまたどんな交流が出来るか、

外国語講師である縄井先生と今後の活動を考えていきたいと思います。

 

6年生 園田先生の特別授業がありました。

ブログ担当 高学年

12月12日、6年生に向けて園田先生による原爆の特別授業がありました。

今日は1組だけでしたが、2組には先日行なっています。

 

10月に6年生は沖縄学習旅行で沖縄のことについて学びましたが、その後も戦争のことを学び続けています。

過去に何があったのか。今に繋がることは何か。

沖縄を学んだ6年生たちは、しっかりと自分たちのこととして学び続けているようです。

 

5年生 総合 収穫祭

ブログ担当 高学年

12月6日、水曜日。

5年生の総合学習のまとめとなる「収穫祭」がありました。

今年はもち米が約8㌔、うるち米(父兄の方々の田んぼも含む)が約19㌔

という収穫量でした。

うるち米はおむすびに、もち米は4種類ほどの味付けで美味しくいただきました。

多くの父兄の方々のご協力もあり、

内容盛りだくさんの収穫祭を行うことが出来ました。

 

沖縄を伝える会

ブログ担当 高学年

12月1日 金曜日、沖縄を伝える会がありました。

総合学習で1年間学んできた6年生から5年生と、自分たちのお父さんお母さんへ。

沖縄学習旅行で自分の目で見て、感じ学んできた「沖縄」を伝える会でした。

 

 

5年 社会 米作り もみすり

ブログ担当 高学年

11月27日、30日、5年生の両クラスが米作りのもみすりの作業をしました。

もみすり機にかけるまでに、いかに藁を丁寧に取っていくかにこだわりました。

両クラスとも一粒一粒、むだにしないよう真剣に取り組むことができました。

来週12月6日の水曜日、いよいよ皆が楽しみにしていた収穫祭です。

高学年うたの会

ブログ担当 高学年

11月22日 水曜日 高学年うたの会がありました。

肌寒くなった連休前の水曜日。

3,4時間目に、高学年うたの会がありました。

高学年らしく、力強くも抑えのきいた素敵な歌声が体育館を包みました。

6年生は沖縄学習旅行で感じてきた見てきたことを胸に、それぞれの想いで沖縄のうたを歌い上げました。

いつもよりも少し長い動画となっていますが、是非ご覧になってください。

5年 社会 米作り 脱穀作業

ブログ担当 高学年

11月17日金曜、5年生が社会の授業で取り組んでいる米作り。

10月、稲刈りしてきたたくさんの稲を今日、脱穀していきました。

12月6日の収穫祭へむけて、こどもたちの期待も高まってきています。

高学年うたの会 5年生合同練習

ブログ編集担当 高学年

11月8日水曜、高学年うたの会(11月22日水曜)へ向けての

初めての5年生合同練習がありました。

本番に向けて、はじめの一歩です。

渡嘉敷にわたれませんでしたが、素敵な海遊びができました。6年生学習旅行3日目

副校長 高学年

3日目天気も良く絶好の海遊び日和。

 

o3-1 o3-11

台風22号の影響で昨夜より渡嘉敷にわたる高速船が運休になり、渡ることができませんでした。旅行社富士国際の頑張りでバスを借りることでき美ら海水族館にいくことができました。

子どもたちは急に決まった美ら海水族館で海遊びを楽しむことができました。

o3-3 o3-6

o3-4 o3-5

海で1時間近く遊びました。水がとても綺麗でとても感動しました。

美ら海水族館もとても楽しかったです。

o3-8 o3-9

o3-7広場で記念写真をとりました。伊江島が綺麗に見えました。伊江島のことは加川先生がバスの中で話してくれました。

o3-11夕飯はステーキでした。とてもおいしかったです。 o3-12

o3-13夜は学級集会で3日間のことを真剣に話し合いました。

 

沖縄戦の追体験  6年生沖縄学習旅行の2日目

副校長 高学年

2日目は南部戦跡を回る日。起床は5時半まだ暗い。

それでも時間通りに起きて6時から朝食です。

2o-6jpg

1組は長堂先生・千恵先生の案内で「ずいせん女子学徒隊」の宮城みち子さんがたどった道を歩きながら追体験をします。みち子さんの首里高女の学校跡地から出発しました。 2o-7

2o-8jpg病院壕のナゲーラの壕の前で話を聞きました。

「南部撤退」が始まってみち子さんたちずいせん隊が立ち寄った識名の壕で集会と暗闇体験をしました。このガマに「平和のボックス」をおいてきました。今までの6年生がささげたボックスも残っていました。2o-10jpg

次にずいせん学徒隊に解散命令が出された米須の壕の前で話を聞きました。2o-11jpg

最後は「ずいせんの塔」の前で集会をしました。案内の千恵さんのお母さんは「ずいせん学徒隊」の生き残りです。そのお母さんが塔の前で待っていてくれて話をしてくれました。

塔の前でエイサーを踊って慰霊の気持ちを伝えました。

2組は迫田先生・木本先生の案内でひめゆり学徒隊のたどった道を追体験しました。

まず南風原陸軍病院壕跡地により話を聞きました。壕の入り口は落盤の危険があるので閉鎖されています。慰霊碑の前で話を聞きました。

2o-2

迫田先生はひめゆり学徒隊の証言の中に出てくる「めしあげ」を体験するために10kgの模型をつくってきてくれました。一人一人がその重さと坂の急さを体験しました。

2o-4pg 2o-3

次に糸数壕にはいりました。ここは戦争当時病院壕としてつかわれたところで多くの負傷兵がおきざりにされたり、殺されたところです。平和集会を開き暗闇体験をしました。

最後にひめゆり学徒隊の宮城喜久子さんが立ち寄った第一外科壕に行きました。このガマの中でひめゆり資料館の尾鍋さんから話を聞きました。2組も第一外科壕から出たサトウキビ畑の中でエイサーをおどりました。2o-5pg

午後は1・2組合同で平和祈念公園に行きました。「韓国の塔」で長堂先生の話聞きました。戦争中に朝鮮からつれてこられた人がどれほどつらい思いをしたか、ひどい扱いを受けたかを知って考えさせられました。

2o-1

平和祈念公園で平和集会をしました。午前中の1・2組の活動の様子や感想を交流した後、加川先生の「沖縄戦最後の地」で何があったかの話を聞きました。2o-19

平和祈念公園からバスで1時間ほど移動して普天間基地の横にある佐喜眞美術館に行き「沖縄戦の図」の絵を見ました。昨日と今日聞いたこと見たことが絵を見ながら結びついていきました。

2o-13jpg

夜は夕食はカレーとハンバーグ・スパゲッティ等のバイキングでした。おいしかったです。

2o-14jpg 2o-15jpg

夕食後内間青年会の人たちがエイサーを見せてくれました。本場のエイサーの大太鼓は振動が体に伝わってきました。すごい迫力でした。

2o-16 2o-17

2o-18みんなで記念写真をとりました。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る