低学年

ゲネプロがありました~2年生 劇~

ブログ担当 低学年

それぞれの学年で劇作りが進んでいます。

いよいよ今週木曜日は2年生の劇の会です。

そのため、今日は2年生のゲネプロがありました。

IMG_6207

IMG_6208

(どちらも1組の劇です)

1組も2組もたくさんの劇遊びを潜りながら、「その役として演じる」ことを大事にしながら劇を作ってきました。

インフルエンザによる学級閉鎖の影響も受けながら頑張って作ってきた一本の劇、

先生たちの力は借りず、自分たちの力で劇を一本通しきったことで、また見えてきた課題もあるようです。

 

2年生はフロアー劇として取り組みます。舞台は使わず、「演じる場」を区切ってそこで演じます。

今日は「演じる側」「見る側」を交互に感じ、集中した時間になっていました。

 

いよいよ明後日、2月14日(木)13時~体育館にて低学年劇の会です!

1組 きつねはだれだ

2組 おしいれのぼうけん

2年生の父母の方々は是非楽しみにお越しください。

(低学年劇の会への取り組みの考え方から、全校的な公開はしません。1年生の子どもたちと2年生の父母の方へ向けた公開となりますのでご了承ください。)

 

 

奄美大島ってこんなところ!

ブログ担当 低学年

和光高校では2年生になると、研究旅行を含んだ授業、「A2選択」というテーマ別の選択授業があります。

その中の一つ、「ひととことば」という授業では奄美大島の方言、「シマグチ」のことを調べながら実際に奄美大島へ行って、話者の方々からも話を聞き、言葉と人の関係性を学びます。

昨日は「ひととことば選択した高校生達が、自分たちの研究旅行で訪ねた奄美大島のことを1年生達に紹介してくれました。

螂・セ・IMG_6137

シマグチを紹介して、これの意味は何だろう?というクイズをしてくれたり、子ども達も知っている童謡、「大きな栗の木の下で」をシマグチバージョンで実際に演奏してくれたり、子ども達は楽しい時間を過ごしました。

螂・セ・IMG_6138

螂・セ・IMG_6141

螂・セ・IMG_6140

なんと、研究旅行にはドローン(!)を持っていった学生がいたようで、空撮を交えた紹介映像も見せてくれました。

美しく透明な海や大河ドラマ「西郷どん」の舞台にもなった宮古崎の映像も映っており、まるで奄美大島のオフィシャル紹介映像のよう。子ども達からも口々に「綺麗!」「行きたーい」という声があがっていました。

また少し、広い世界のことを知る時間になりました。

劇の会に向けて・・・劇作りにとりくむ2年生

ブログ編集担当 お知らせ, 低学年

とっても寒い日が続いています。そんな中、2年生の子どもたちが劇作りに取り組んでいます。

IMG_0568

この日は、2年2組の子どもたちが「おしいれのぼうけん」という劇に挑戦していました。

IMG_0570

お話の流れやそれぞれの登場人物の役割を確かめながら、すすめていました。

IMG_0571

低学年は、体育館のフロアーを使っての劇です。

IMG_0573

低学年劇の会の本番は、2月14日(木)です。そして、中高学年の劇の会は、2月23日(土)です。ぜひ、お楽しみに!!

名人、達人、鉄人①~太鼓名人発表会~

ブログ担当 低学年

IMG_5995

鶴小には学年毎それぞれに「名人」「達人」「鉄人」というクラブ活動のようなものがあります。

担当教師の得意なものや、子どもにくぐってほしい体験を基にそれぞれの活動が決められ、子ども達は好きなものを選んで、年に数回、活動を行っています。

木曜日の朝には、太鼓名人の発表会がありました。低学年全員と観にきたお家の人たちの前でお披露目です。

IMG_5998

IMG_6001

IMG_6002

1年間の中で、数曲を練習してきました。

みんな自信満々、楽しそうに発表をしていました。

IMG_6003

「ヤァッ!!」

ナイフを使って~1年生 生活べんきょう~

ブログ担当 低学年

昨日、1年生は切り出し小刀を使う学習をしました。

刃物は危険なものではありますが、正しく使えば沢山応用が利く、便利な道具です。

まずは割り箸を小刀に見立てて練習をした後、実際に小刀を使って割り箸ペンを作りました。

IMG_5484

IMG_5486

IMG_5489

IMG_5491

とっても真剣な表情で先端を尖らせるように削っていきます。

最初は「こわいこわい」と言っていた子ども達も慣れてきて、落ちついて使えるようになっていました。

IMG_5487

IMG_5488

作り終わった後は墨汁を使って絵を書きました。

自分で作ったペンで書く絵。

「あ、かける!」と、いつもならあたりまえのものが、一味違った感覚になっていたようです。

IMG_5493

みんな、上手に作ることができました。

次は自分の鉛筆を削ります。

 

いっぱい歩いて疲れた…~2年生 多摩動物公園遠足~

ブログ担当 低学年

とても綺麗に晴れた11月27日、2年生は多摩動物公園へ秋の遠足に行きました。

着いて最初に向かった場所は、ニホンザルが沢山住んでいる猿山。

IMG_5404

動物解説員の山崎さんからニホンザルについてお話を伺いました。

「今年、多摩動物園では5頭のサルが生まれました。ニホンザルは生まれた時の顔は白く、大人になるにつれて赤くなっていきます。

1歳までは赤ちゃんで、周りをじ~っと観察しながら他の大人が何をしているか学んで、大体5歳くらいまで子ども、そこからは大人になっていきます。5歳くらいになると雄は群れを飛び出して一人で山で生きていきます。みんなは何歳?」「7歳!」「8歳!」

「じゃあみんながサルだったらもう一人で生きているね」「えー!」

「そして20歳くらいになると亡くなってしまいます。動物園のサルは沢山栄養のあるご飯を食べているので30歳くらいまで生きるサルもいます」「早い…」

IMG_5406

「雄が雌の上に乗っていることがあったらそれは交尾です。秋はサルにとって恋の季節です。雄と雌が出会って結婚します。何で秋だと思う?みんなはお母さんのお腹の中に何ヶ月くらいいる?」「10ヶ月!」

「そうだね。サルは6ヶ月います。秋から6ヶ月経つと暖かい春。その頃に子どもが生まれてこれるようにしているんだね。雄が雄の上に乗っていることもあるんだけど、それはどっちの順位が上か確認しているんだよ」

誕生の勉強をしている子ども達。自分たちの誕生、生活と比べながら、サルたちの一生について話を聴きました。

その後、ワークシートも使いながら、サルを観察しました。

IMG_5411

IMG_5412

IMG_5414

IMG_5419

「あ!あれが雄だ!」「小さい子どももいる!」

「ねぇ、今交尾した!」「え、見えなかった~」

「体重計に乗ってるよ!」「ぶら下がった!」「喧嘩してる!」

その場で疑問に思ったことも、すぐに山崎さんに質問していた子ども達。

子ども達はサルの行動にとっても夢中で、先生達が考えていた時間より超えてたっぷり30分以上、猿山を観察していました。

IMG_5422

その後、子ども達が疑問に思ったことを山崎さんに答えていただきました。

「なんで毛が抜けているサルがいるの?」「毛づくろいをするときにね、間違って毛も一緒に抜いてしまうことがあるんだよ。それを見ていた他のサルたちも真似し始めちゃって、猿山で流行っちゃったんだ。実は飼育員さん達も困ってるんだよ」

「雌が雌の上に乗っているときもあったよ」「それは雄同士と一緒かな。あまりないことなんだけど、どっちの順位が上か確認しているんだと思うよ。」

しっかり観察したからこそ、沢山の質問があがっていました。

約1時間半、子ども達はよく集中していました。

(ご協力いただいた山崎さん、ありがとうございました。)

 

その後、シフゾウ広場にてお弁当を食べました。

IMG_5426

IMG_5428

やっぱり外で食べるお弁当は、普段にも増してとっても美味しそうでした。

お弁当の後は、班毎にアジア園を中心に自由に回りました。

沢山の動物を見られてとても楽しそうな子ども達でした。

 

14時頃バスは出発。多摩動物公園の半分以上を歩ききった子ども達はとても疲れていてへとへとな様子でした。

バスを降りて学校に向かうのも足取り遅く、「ねぇー先生ー疲れたー」と満足そうな顔で抱きつく子ども達でした。

 

「どんぐり団子を作って、食べました!」 1年生 生活べんきょう

ブログ担当 お知らせ, 低学年

実りの秋、和光鶴川小学校の雑木林も、たくさんの木の実が生る季節となりました。その中でも、沢山とれるのが”どんぐり”です。1年生は10月から、生活勉強で「どんぐり」の学習を進めています。ピカピカ光って、形も可愛らしいどんぐりに夢中になる子は多く、今年もたくさんのどんぐりを集めることができました。

“どんぐりのなぞ”を出しあったり、工作をしたり、学習は多岐にわたります。1年1組は、「どんぐりを食べたい!」という声が多く、今日、どんぐり団子を作ってたべました。

CIMG5258

雑木林でとれるどんぐりは、コナラ、マテバシイ、クヌギなどです。

CIMG5342

ペンチを使って苦労して休み時間も使って皮をむきました。

上手にむけると、栗のような色をしたおいしそうな実が出てきます。

 

CIMG5350

重曹を使って、何度かアク抜きをした後、すり潰し、片栗粉、白玉粉、砂糖をまぜました。

CIMG5359

水加減がむずかしく、丸めるのが大変な班ありました。

CIMG5362

蒸してできあがり!ほんのり甘くて、もちもちして、とってもおいしかったです。

これからどんぐりの学習がどんな展開をみせるか、とても楽しみです。

 

 

 

 

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る