低学年

鶴小はね虎舞い 1年生

ブログ担当 お知らせ, 低学年

 

岩手県釜石市に伝わる「虎舞」を、鶴小では開校当初から1年生で踊り継いでいます。

鶴小の元校長先生である園田先生に来ていただき、今年も1年生が踊っています。今日は、東日本大震災から8年。お家の人向けて発表会を行いました。

 

 

6年生の似顔絵

ブログ担当 お知らせ, 低学年, 高学年

劇の会も終わり、いよいよ卒業に向けた準備が始まっています。

先日、2年生による、「6年生の似顔絵描き」がありました。

IMG_6336

IMG_6337

6年生もお礼にと2年生の似顔絵を描いてくれています。

IMG_6342

IMG_6345

IMG_6354

IMG_6351

6年生は「あー2年生の頃思い出すー!あんな上手く描けないよー。」と嘆いたりもしていましたが、

2年生も6年生もお互いの顔をよく見合いながらそれぞれに力作を描き上げていました。

どの組合わせも特別な繋がりがあったわけではありませんが、2年生の頃に自分が6年生からしてもらった経験があるからこそ、2年生たちと優しい関係の中で似顔絵を描き合うことが出来るのだと思います。

今年の2年生が6年生になった時、どんな顔をして2年生の似顔絵を描くのだろうと想像させられました。

2年生が描いた似顔絵は卒業式の日に2年生から贈られます。

 

低学年劇の会がありました

ブログ担当 低学年, 全校

蜉・・莨・IMG_6221

先週の木曜日、待ちに待った低学年劇の会がありました。

3学期に入ってから台本選び、劇遊びなどを潜りながら練習を重ねてきました。

蜉・・莨・IMG_6223

当日は2年生のおうちの方々と1年生、兄弟学級の前で演じました。

 

2年1組 きつねはだれだ

蜉・・莨・IMG_6226

蜉・・莨・IMG_6227

蜉・・莨・IMG_6231

 

2年2組 おしいれのぼうけん

蜉・・莨・IMG_6233

蜉・・莨・IMG_6234

蜉・・莨・IMG_6237

蜉・・莨・IMG_6238

それぞれが自分の役になりきってそれまでの練習の成果を全て出しきっていました。

見ていた先生達もおうちの方々も1年生も、誰もが劇の世界に引き込まれるとても素敵な劇の会になりました。

終わった後の子ども達はとても晴れやかな表情で「楽しかった!」「どうだった?」と口々に話していました。

以下、おうちの方々、1年生の感想から抜粋

「○○をたべるならぼくをさきにたべて!かんどうしたよ」(1年生)

「きつねはだれだのきつねがだますのがじょうずだな、とおもったよ。えんぎがじょうずでした。」(1年生)

「とにかくパパにはあらすじを知られたくないと秘密を守ってきました。そして、帰りの車では、秘密のお返しと思ったのか、台本のト書きをふくめた全てを順番にすらすらと再現してくれました。それだけ真剣で、夢中になって取り組んだことが、終わってからも証明された、発表会の一日でした。」(2年生 父)

「劇の会を通して、改めて鶴小が大切にしている事、それをくるくると風のように感じとっているこどもたちの堂々とした佇まいに、たくましいな。すごいな。愛しいな。と感じました。家に帰って布団の中で眠りにつくまで、温泉に入った後のように心がじんじん温まっていた私です。」(2年生 母)

 

上演した2年生の感想から抜粋

「さいしょは「できるかなー?」「しっぱいしないかなー」「こわいなー」「でもがんばるーけど・・・」とおもってふあんなきもちばっかりでこわかったけどいまはすごくじしんがあるよ。ふつうのきゃく本そのままのげきでもまあまあおもしろいけど「ここ、こうしたらいいんじゃない?」「それいいかも!!」ですーごくおもしろくてみんながたのしめるげきの会(きつねはだれだ)ができたとおもうよ。だからこそこれが2年1組の35人がつくりあげたすばらしい『きつねはだれだ』ができあがったとおもうよ。」

それぞれが色々な葛藤を抱きながら、力を合わせてそれを乗り越えて作り上げてきた劇の会。

3年生ではクラス替えがあるので、その事を意識していた子どもたちも多くいました。

鶴小に入学してから2年間一緒に過ごしてきたクラスの仲間達と作り上げた劇は、子ども達にとってとても大切なものになったようです。

ゲネプロがありました~2年生 劇~

ブログ担当 低学年

それぞれの学年で劇作りが進んでいます。

いよいよ今週木曜日は2年生の劇の会です。

そのため、今日は2年生のゲネプロがありました。

IMG_6207

IMG_6208

(どちらも1組の劇です)

1組も2組もたくさんの劇遊びを潜りながら、「その役として演じる」ことを大事にしながら劇を作ってきました。

インフルエンザによる学級閉鎖の影響も受けながら頑張って作ってきた一本の劇、

先生たちの力は借りず、自分たちの力で劇を一本通しきったことで、また見えてきた課題もあるようです。

 

2年生はフロアー劇として取り組みます。舞台は使わず、「演じる場」を区切ってそこで演じます。

今日は「演じる側」「見る側」を交互に感じ、集中した時間になっていました。

 

いよいよ明後日、2月14日(木)13時~体育館にて低学年劇の会です!

1組 きつねはだれだ

2組 おしいれのぼうけん

2年生の父母の方々は是非楽しみにお越しください。

(低学年劇の会への取り組みの考え方から、全校的な公開はしません。1年生の子どもたちと2年生の父母の方へ向けた公開となりますのでご了承ください。)

 

 

奄美大島ってこんなところ!

ブログ担当 低学年

和光高校では2年生になると、研究旅行を含んだ授業、「A2選択」というテーマ別の選択授業があります。

その中の一つ、「ひととことば」という授業では奄美大島の方言、「シマグチ」のことを調べながら実際に奄美大島へ行って、話者の方々からも話を聞き、言葉と人の関係性を学びます。

昨日は「ひととことば選択した高校生達が、自分たちの研究旅行で訪ねた奄美大島のことを1年生達に紹介してくれました。

螂・セ・IMG_6137

シマグチを紹介して、これの意味は何だろう?というクイズをしてくれたり、子ども達も知っている童謡、「大きな栗の木の下で」をシマグチバージョンで実際に演奏してくれたり、子ども達は楽しい時間を過ごしました。

螂・セ・IMG_6138

螂・セ・IMG_6141

螂・セ・IMG_6140

なんと、研究旅行にはドローン(!)を持っていった学生がいたようで、空撮を交えた紹介映像も見せてくれました。

美しく透明な海や大河ドラマ「西郷どん」の舞台にもなった宮古崎の映像も映っており、まるで奄美大島のオフィシャル紹介映像のよう。子ども達からも口々に「綺麗!」「行きたーい」という声があがっていました。

また少し、広い世界のことを知る時間になりました。

劇の会に向けて・・・劇作りにとりくむ2年生

ブログ編集担当 お知らせ, 低学年

とっても寒い日が続いています。そんな中、2年生の子どもたちが劇作りに取り組んでいます。

IMG_0568

この日は、2年2組の子どもたちが「おしいれのぼうけん」という劇に挑戦していました。

IMG_0570

お話の流れやそれぞれの登場人物の役割を確かめながら、すすめていました。

IMG_0571

低学年は、体育館のフロアーを使っての劇です。

IMG_0573

低学年劇の会の本番は、2月14日(木)です。そして、中高学年の劇の会は、2月23日(土)です。ぜひ、お楽しみに!!

名人、達人、鉄人①~太鼓名人発表会~

ブログ担当 低学年

IMG_5995

鶴小には学年毎それぞれに「名人」「達人」「鉄人」というクラブ活動のようなものがあります。

担当教師の得意なものや、子どもにくぐってほしい体験を基にそれぞれの活動が決められ、子ども達は好きなものを選んで、年に数回、活動を行っています。

木曜日の朝には、太鼓名人の発表会がありました。低学年全員と観にきたお家の人たちの前でお披露目です。

IMG_5998

IMG_6001

IMG_6002

1年間の中で、数曲を練習してきました。

みんな自信満々、楽しそうに発表をしていました。

IMG_6003

「ヤァッ!!」

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る