川の発表会がありました【4年総合学習】

ブログ担当 中学年

今年は両クラスとも、鶴見川をテーマに、1学期から学習に取り組んでいます。

これまで鶴見川へでかけたり生き物取りをしたりするなかでうまれた疑問について調べ、みんなで聞き合い、今日の発表会を迎えました

少し紹介します。

『鶴見川にいる鳥』・・かるがもやカワセミなどがみられます。

『鶴見川に生息する植物』・・じっさいに生息している植物を調べるとほとんどが外来種でびっくりしました。

C943AB45-33E2-4711-BE5D-258260B5F1E0

『鶴見川はきれいか、きたないか』・・実際川の水を汲んできてパッチテストをしました。目でみるとあんなにきたないのん、結果はきれい!雨が降った後の川の水も調べてみましたが、やっぱりきれいだということがわかりました。

『鶴見川になぜ鯉がいる?』・・昔は生活で使った水がそのまま鶴見川へ流されていて、とってもきたない川でした。そこで、きれいかどうかを調べるために生命力の強い鯉を泳がせていたということがご近所インタビューで分かりました。自分たちが鶴見川で捕まえた鯉はそれだったのです!

『鶴見川の外来種』・・外来種とは人々に手で外国から連れてこられ野生化した動物です。でも決して外来種が悪いとは思わないでください。悪いのは輸入した人です。ミシシッピアカミミガメは景品として売られていました。飼っている動物は放さないでください。

49DB1643-D9A5-45FF-9658-7D6DE9F4DCE9

これから川のためにできることって?』・・大人は洪水が起こるたびに堤防を作ってきました。川の近くに住む人口も増えてきました。でも昔のような治水の方がいいと思います。みなさんはどう思いますか?

など、様々な角度からの“鶴見川”が見えてきました。自分たちで調べたことや、やってきたこと、発表で見聞きしたことを通じて、今までとは違った『川』がみえてくると面白いですね。

和光鶴川小学校の資料請求はこちらから。

資料請求