自分で伝えたくなりました(H君)~4年生 川の学習まとめ~

ブログ担当 中学年

各学年、生活べんきょうや総合学習のまとめに入る時期に来ています。

4年生は1学期から川の学習を進めてきました。

今まで学んできたことやその中で生まれた疑問などから、各クラス班毎にテーマを決めて、まとめることにしました。

本を使ったり、実際に鶴見川の近くに住んでいる方にインタビューをするなどして、よく調べていました。

IMG_5455

IMG_5456

IMG_5460

IMG_5464

IMG_5465

休み時間なども使ってしっかり準備を重ねます。

新聞でまとめたり、紙芝居にしたり、クイズにしたり、班それぞれのまとめ方で作っていきました。

 

そして、先週の金曜日、各班ごとに学年の子ども達やおうちの方々に向けて発表を行いました。

IMG_5468

IMG_5471

IMG_5472

発表している人たちも発表を聴いている人たちとても集中していたいい会になりました。

時に笑いも交えながら、発表の仕方もそれぞれの班の工夫を感じるものでした。

 

子ども達の感想から

「やすみじかんもつぶれるのかと思ったけどしらべているうちにたのしくなりました。しらべてるうちに人前で自分たちはこういうことをかんがえたんだと自分で伝えたくなりました。」(2組 H君)

「つるみ川にはブラックバスなどアメリカザリガニ、ぜつめつきぐしゅの魚もいる。外らいしゅのものをへらし、川をきれいにしていきたいです。」(2組 Kくん)

「班長のSが、楽しく発表のじゅんびをさせてくれて、とても楽しい気持ちで発表できました。楽しく、面白い時間でした!」(1組 Yさん)

「みんなの前にたった時、すごくきんちょうしました。みんなのお母さん、お父さんもしんけんに見て、きいてくれてすごくうれしかったです。」(1組 Aさん)

 

川の生き物たち、暴れ川と呼ばれていた鶴見川、絶滅危惧種、特定外来種。川にまつわる様々なことを学習してきた子ども達。

自分の心にひっかったことが一つの形になって子ども達の心に残ったことがよくわかります。また、その先の疑問を持った子どももいるようでした。

授業という形ではないですが、子ども達の学習はまだまだ続いていくようです。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る