国際交流

異文化・国際理解の教育

様々な国との国際交流

現代社会では、国際感覚を育てることの大切さが強調され、未来を生きる子どもたちにとって「異文化国際理解教育」はますます大事な時代となっています。

「異文化国際理解教育」は「外国語=英会話」のように単純な「ことば」の学習というくくりで表現できるものではありません。その国の文化を丸ごと学習することを通して「共に生きる」という視点での国際理解が深まります。

例えば、低学年では生活勉強の中で「世界の○○」「世界の料理を食べよう」などの単元を設けて外国の文化を丸ごと学習します。韓国とのホームスティ交流したある子どもは「同じところもあれば違うところもある」という実感を持ちました。このような視点で異文化理解をすすめていくことこそ大切にしたい視点です。和光鶴川小学校では、さまざまな国に興味関心を広げることを通して「外国語」の学習に取り組んでいます。

また、韓国大邱市にある玉山小学校や、フィリピンのレトラン小学校、ロシアの未来学校と、世界中の様々な学校との間で、教員同士の交流や、来校の受け入れ、海外の学校教員による特別授業などを行っています。また、子どもたち同士でも作品交流やビデオレターの交換など、国境をまたいだやりとりが始まっています。

フィリピンのレトラン小学校
フィリピンのレトラン小学校への訪問