やきもの鉄人  ”自分で作った器でお茶会”

ブログ担当 お知らせ, 全校, 高学年

5、6年生のクラブ活動 “やきもの鉄人”の子ども達が4月から制作してきた陶芸作品が、焼きあがりました。ピカピカに焼きあがった器の美しさに、子ども達は大喜びです。火の中をくぐった神秘的な釉調の変化に魅せられる子も多く、器を愛でながら、今日は楽しいお茶会です。

鉄人4

白萩(しらはぎ)、黄瀬戸、織部、ペルシャ青、るりの釉薬をかけた子どもの器。

鉄人5

自分で作った器で飲むお茶、ケーキは格別の美味さ。

鉄人3

鉄人6

 

会話も弾みます。

「箸おき、家族分作るのたいへんだったよ!」

「この皿で、絶対サンマたべたいな~」

「マグカップ、取っ手取れちゃったけど、無いのもいいよね!」

鉄人1

鉄人2

ネズミの置物(6年生の作品)

陶芸をやってみることで、高い技術が伴なわなければ、普段日常的に使っている使いやすく、美しい器はできないということを知ることがでます。また、既製品とは違う、手づくりというものの価値にも気づくことができます。日本には、古くから”用の美”という考え方がありますが、日常で使われることで美しさを増していくもの、時間が経過したものの美しさなどを、陶芸を通して今後も伝えていきたいなと、歓ぶ子ども達の様子を見て感じます。

(焼き物鉄人担当:野々垣)

 

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る