子どもが作る、鶴小の運動会

ブログ担当 副校長室の小窓

子どもが作る、鶴小の運動会

第29回和光鶴川小学校の運動会も無事に終えることができました。当日は本当に熱い一日となりました。

20220528_090223

開会式、元気なチクサクのかけごえで始まった運動会。

20220528_100704

楽しそうに、せいいっぱい走る1年生40m走。

20220528_111547

作戦を伝え、力強く最後まであきらめなかった1・2年生タイヤひき。

20220528_105456

息を合わせ、自分たちのリズムに集中する3・4年生タテヨコ。

20220528_115851

伴走も6年生のリーダーが担い、4年生、5年生と自分たちのレースをつくる鶴小グランプリレース。

20220528_121454

大接戦の末、今年は1組赤組が優勝しました。負けた緑組だけでなく、勝った赤組の子どもたちも涙しています。全力を出し合い、仲間と本気で向かう姿に、本当に感動しました。

なぜこんなに熱い運動会が子どもたちによって作られるのか、それは、まさに“子どもが作る運動会”になっているからだと私は思うのです。

20220525_081634

20220525_081647

6年生と5年生のチームリーダーたちは、この2週間、毎朝8時に集まり、各学年の競技だけでなく、応援やチームキャラクターの募集まで、全て自分たちで組織し、下級生たちを指導してきました。6年生は、全員が運動会を支える仕事を担います。1年生までを指導することは大変なことです。思うようにいかず話し合ったこともたくさんありました。真剣に仲間に要求する場面もありました。コロナの中で応援をどうするかなど知恵をしぼり、工夫もしました。決められたことをやるのではなく、自分たちだったら何ができるか、本当に子どもたちはよく考えていました。そうやってつくってきた運動会、本気にならないはずはありません。

卒業生によって黒板に書かれるメッセージ

また、これまでの運動会の長い歴史の中で、いつからか卒業生が、競技を行っている間に、教室の黒板にメッセージを書くようになりました。後輩たちのその頑張りを、たたえるものです。コロナの前までは、中学1年生を中心にたくさんの卒業生が、今年の勝負の行方を見に来校し、その時に書かれていました。しかし今年も来てもらうことができず、その旨を手紙で伝えていました。すると、前の週に何人かの卒業生が来校し、「当日がだめなら、前日に書かせてほしい」というのです。職員会議で異論は出ませんでした。そして前日、元1組も元2組も20名以上の卒業生が集まり、今年のメッセージが書かれたのでした。

20220528_071645

6年1組の黒板に書かれたメッセージ

20220528_071706

6年2組の黒板に書かれたメッセージ

なぜ卒業生はメッセージを書くのか。私は、あれほど仲間と真剣に向き合い、要求し合い、勝っても負けてもやり遂げたと共感し合える運動会が、彼らにとってかけがえのないものとして強く残っているからだと思うのです。そして、今年の6年生もやり遂げたんだと心の底から共感できるから書くのだと思います。何年たってもみずみずしい感覚で心に残る運動会です。

今年は運動会当日の朝、6年生は嬉しそうにそのメッセージを見て、気合を入れなおしていました。受けつがれる運動会への思い、今年もバトンタッチされたのでした。

和光鶴川小学校の資料請求はこちらから。

資料請求