月別: 2019年8月

DQTest,DQWorldの取り組みについて取材をしていただきました。

Y.N その他, 学習 タグ: , , ,

DQ(Digital Quotient)とは、 子どもたちにデジタルシチズンシップを身につけ、情報社会の中で適切に付き合い、振る舞えるようになっていくための学習プログラムです。

 

本校は昨年度より情報リテラシーの学習教材として取り入れて生徒たちが学習をしています。

技術科中山のインタビュー記事が公開されましたので、紹介いたします。

子どもたちが、デジタルデバイスを賢く使えるようになるために ~「安易な禁止」から「賢く使う」教育への転換~

 

また、和光高校情報科小池も以前インタビューされておりますので併せて紹介いたします。

社会と繋がった生徒主体の学習の実現へ ~ DQが果たす役割とは~

 

授業の様子はこちらをご覧ください。

1年生技術DQテストにチャレンジ

1年生技術DQWorldを使ってデジタルシチズンシップを学ぶ

ものづくりチャレンジ大作戦inまあちに出店しました。

Y.N その他 タグ: ,

8月18日(日)に町田市立子どもセンターまあちにて『ものづくりチャレンジ大作戦inまあち』というイベントが行われました。

町田市内に在住している小学生たちを中心に多様なものづくりの機会を提供するべく「まちだ〇ごと大作戦18-20」に応募し、企画されたイベントです。

本校は技術科の中山(イベント実行委員)および美術科の市川、中学2年生2名のスタッフ構成で「タッチウッドをつくろう」という木工ペンダント型のアクセサリーをつくりました。

子どもたちに丁寧に教えるために、事前に中学生も実際につくってみました。

IMG_7118 IMG_7121 IMG_7124

当日は、来館者約700名、200名以上の子どもたちにさまざまなものづくりを経験してもらいました。

IMG_7248 IMG_7244 IMG_7253

ほぼマンツーマンで中学生が優しく手ほどきをし、素敵なアクセサリーをつくっていきました。

他に企画されたブース等については以下のサイトを参照ください。

ものづくりチャレンジ大作戦inまあち

 

 

ちびかな水泳教室が開催されました

Web担当K 行事 タグ:

“おしえてくれてありがとう。…いきがくるしくなくなったよ。”
(和光中学生が教える小学生向け水泳教室:1年生の感想)

s-1

7月28日・29日の2日間、和光中学校のプールで毎年恒例の「ちびかな水泳教室」が開催されました。

この水泳教室は、館山水泳合宿で水泳指導員となった中学3年生たちが付属の和光鶴川小学校の児童にむけておこなう水泳教室で、毎年大好評をいただいています。

s-2

今年も約70人の和光鶴川小学校の元気な児童のみなさんが水泳の練習に来てくれました。

s-3

小学生の中には、顔をつけるのも怖いという子たちも少なくありません。
中学3年生は館山水泳合宿で身につけた水泳指導法をつかって、まずは水になれるところからスタートして、次に苦しくならない息継ぎのしかたを教えます。

息継ぎができるようになったら、“あせらず、力を抜いて、ゆっくりと”泳ぐ「ドル平泳法」の指導へとすすめていきます。
もちろん、泳げるようになるまでにかかる時間は人によってちがいますが、一人ひとりと向き合ってそれぞれのペースに合わせてやさしく教えます。

2日間の水泳教室が終わるころには、ほとんどの子が、“たのしい”・“水がこわくなくなった”と言ってくれるようになりました。

“おしえてくれてありがとう。〇〇(指導員)がいうとおりにやったらすごくおよげるようになったよ。どんどんすすめるようになったよ。…いきがくるしくなくなったよ。ほんとうにありがとう。”
(小学一年生)

もちろん、練習の合間・練習の最後には「お楽しみ」がたくさん用意されています。
たいそうのお兄さんが登場したり、学校のプールが流れるプールに大変身したり…!?

s-4 s-5

最後に受付で指導員からのメッセージカードとおやつをもらって、みんな楽しそうに、そして、少し誇らしげな表情で帰っていきました。

s-6 s-7

参加してくれた和光鶴川小学校のみなさん、2日間おつかれさまでした。
来年もみなさんの参加を待っています!

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求