和光中第40回秋田学習旅行「お別れ感謝の会」ダイジェスト3分

Web担当K.M 行事 タグ:

秋田学習旅行5日目夜。わらび座第一稽古場に集いました。生徒、インストラクター、農家の家族、宿舎のスタッフ、同行している看護師。

この5日間をふりかえり、感謝の気持ちや伝えたい想いを交流する2時間となりました。

校長先生のあいさつに続いて、各班の班長が自分の農家自慢をする「1分間農家紹介」。わらび座インストラクターの出し物「花笠踊り」、農家の若手「父さん」たちによる力強い和太鼓、実行委員長のスピーチに続いて、各クラス代表者の作文と、感謝の合唱を披露しました。

作文の中には、班やクラスへの感謝の気持ちや父さん母さんとの出会いが紹介されていて、自分の気持ちと重ねながら生徒たちはしんみりと聞き入りました。中には、別れが辛くなったのかすすり泣く生徒もいました。

 生徒たちの歌う、「聞こえる」「大地讃頌」「遥か」の合唱は、11人の想いがまっすぐに伝わってきました。父さん母さんたちの中には目頭をおさえながら聞きいる方もいました。

「あなたの誇りになる」「アァァァーー」

寒い寒い夜でした。
生徒から立ち上る熱気、汗、涙… 周囲の窓ガラスはびしょびしょにぬれていました。

今年の秋田学習旅行は後半の農作業がほとんと雨に降られてしまいました。ですが、言葉では言い尽くせないほどの充実感や仲間・自分自身の再発見(出会い)、次に進んでいくための元気と勇気。生徒たちは多くを得て、この秋田の地をあとにしていきました。

この学習旅行を支えて下さっているすべての方々に感謝を。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求