館山水泳合宿 指導員になるための補習

Web担当KN 学習, 行事 タグ: ,

6月30日,土曜日。
休日にもかかわらず,下級生より一足先に期末テストを終わらせた3年生が,来週に控える最後の指導員検定に向けて,水泳の補習に参加しました。
写真① (2)
梅雨も明け,見事なプール日和。
真っ青な空の下,水泳指導の大先輩であるたくさんのコーチたちに見守られ練習する生徒達。
自分のまだクリアしていない側泳法,例えば立ち泳ぎや横泳ぎなどを練習している人。
「立ち泳ぎをするとどうしても下に沈んじゃうんだよなあ」
「しっかり足の内側に水をあててみようか」
写真② (2)
また一方では,同じ3年生を指導する相手に見立てて,実際に泳ぎ方の指導を実践してみる人。
「手は顔に当てて,いないいないばあの状態にして,そこから真っ直ぐ伸ばして…」
「この時顔はどうすれば良いの?」
「あ,なるほど,そういう質問が出るのかあ。そこも一緒に説明した方が良いよね?」
写真③ (1)

教えられる側の3年生も,1年生の気持ちになって,わざと間違えてみたり質問したり,一方で教える側は,なるべくわかりやすい言葉を使って,ひとりひとりに寄り添った指導の仕方を追求します。
最高学年である3年生が,今まで積み重ねてきた水泳経験を活かしていよいよ下級生の「指導者」になろうとしています。
ラストスパート,がんばってくださいね!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求