中学3年生、こまつ座『どうぶつ会議』を観劇!

Web担当KN 行事 タグ: ,
『どうぶつ会議』舞台写真④

先日、中学3年生は、3月の卒業演劇に向けて、本物のプロの舞台、
こまつ座の『どうぶつ会議』を学年全員で観劇してきました。
『どうぶつ会議』舞台写真③
午前中で授業が終わり、おのおの初台の新国立劇場に集合します。
迷わずに来られるか心配でしたが、無事、全員が開演時間に揃いました。
IMG_1192
上演中は、メモを一生懸命取る生徒や、双眼鏡で舞台の隅々にまで目を向ける生徒など、
自分たちの受け持つ役割によって、観るところ、感じるものが違ったようです。
『どうぶつ会議』舞台写真②
終演後、「楽しかったー!」「あそこのシーンってさ…」と、
それぞれ会話に花を咲かせながら帰って行きました。
とても刺激的で、今後のクラスでの演劇作りに向けて、
アイデアやヒントをたくさんもらった1日でした。

※舞台写真はこまつ座にお借りしました。

<生徒の感想文>
1人目→自分は音響だから、音に着目しなきゃいけないのに、
それを忘れさせるぐらい音が溶け込んでいたので、
そういう音響になりたいと思いました。(男子)

2人目→大人へ向けたテーマだけど、子どもの心にも刺さる内容でした。
動物たちが最初に「寝るな」とか「喋るな」と言っていたのが、
マナーのようなものに重なっているのが面白かったです。
みんなで歌うところが、自分も物語の登場人物になったみたいで、
動物が訴えていることの現実味を実感しました。(女子)

3人目→まず、大道具の仕事のおおきな木を少しずつ上下に動かしているところが、
風に揺れる自然な気を再現していて、とても自然だった。
照明の、歌うシーンで毎回照らし方が違ったところとか取り入れていって、
その場面を表現していきたい。(男子)

キャストは台詞を言っているときより、
むしろ言っていない時の方が動物っぽい仕草や顔をしていて、
どの人に目をやっても楽しいのがすごいと思った。
それから、真剣なシーンで声のトーンを落とすとき、
声は低くなるのに、楽しいシーンの時と全然声量が
変わっていなかったのが、すごいと思ったし、できるようになりたい。(女子)

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求