ブログ

中学3年生、こまつ座『どうぶつ会議』を観劇!

Web担当KN 行事 タグ: ,
『どうぶつ会議』舞台写真④

先日、中学3年生は、3月の卒業演劇に向けて、本物のプロの舞台、
こまつ座の『どうぶつ会議』を学年全員で観劇してきました。
『どうぶつ会議』舞台写真③
午前中で授業が終わり、おのおの初台の新国立劇場に集合します。
迷わずに来られるか心配でしたが、無事、全員が開演時間に揃いました。
IMG_1192
上演中は、メモを一生懸命取る生徒や、双眼鏡で舞台の隅々にまで目を向ける生徒など、
自分たちの受け持つ役割によって、観るところ、感じるものが違ったようです。
『どうぶつ会議』舞台写真②
終演後、「楽しかったー!」「あそこのシーンってさ…」と、
それぞれ会話に花を咲かせながら帰って行きました。
とても刺激的で、今後のクラスでの演劇作りに向けて、
アイデアやヒントをたくさんもらった1日でした。

※舞台写真はこまつ座にお借りしました。

<生徒の感想文>
1人目→自分は音響だから、音に着目しなきゃいけないのに、
それを忘れさせるぐらい音が溶け込んでいたので、
そういう音響になりたいと思いました。(男子)

2人目→大人へ向けたテーマだけど、子どもの心にも刺さる内容でした。
動物たちが最初に「寝るな」とか「喋るな」と言っていたのが、
マナーのようなものに重なっているのが面白かったです。
みんなで歌うところが、自分も物語の登場人物になったみたいで、
動物が訴えていることの現実味を実感しました。(女子)

3人目→まず、大道具の仕事のおおきな木を少しずつ上下に動かしているところが、
風に揺れる自然な気を再現していて、とても自然だった。
照明の、歌うシーンで毎回照らし方が違ったところとか取り入れていって、
その場面を表現していきたい。(男子)

キャストは台詞を言っているときより、
むしろ言っていない時の方が動物っぽい仕草や顔をしていて、
どの人に目をやっても楽しいのがすごいと思った。
それから、真剣なシーンで声のトーンを落とすとき、
声は低くなるのに、楽しいシーンの時と全然声量が
変わっていなかったのが、すごいと思ったし、できるようになりたい。(女子)

中2新体験!和光高校体験授業に参加しました。

Web担当K.M 学習, 行事 タグ:
20190205 - 8

2年生が和光高校体験授業に参加しました。たくさんの講座があり、生徒の興味関心で受講することができます。和光高校の教員が授業者、ということで、中学生もドキドキでした。この日の授業は「化学変化は突然に…?」「プログラミングって必要?」「縄文体験してみよう〜火起こし〜」「小さな小さなリニアモーターカーを作ろう」の4つでした。別日に「方言音読会」「四次元って何?」「版画で作るTシャツデザイン」「貿易ゲーム」が開講予定です。100名を超える中学生が応募しました。

20190205 - 3

20190205 - 2

感想
ふだんやらないことを体験できて良かったです。どの方向にすればどこに行くのかとか色々考えながら動かしたりして、楽しかったです。貴重な体験ができて良かったです。(生徒A

ロボットを思い通りに動かすのは難しかったけど、最後にうまくいった時はすごく嬉しかった。こういうのがあるのってすごいなーと思った。(生徒B)

「プログラミング」と聞くと、難しいのかな?と思っていたけど、3才とかでもできると聞いてびっくりした。実際に体験もできて、すごく面白かった。でも、思いどおりにいかなかったりして大変だった。 (生徒C)

20190205 - 1

20190205 - 5

感想
化学変化楽しそうだなって思っていて、やってみたら、量を多くしたり、少なくすることで、変化する時間が違うっておもしろいことだなって思いました。面白かったです。(生徒D)

講座名にある「突然に、、、」の意味が最初はよくわからなかったけれど、やってみるとわかった。確かに「突然」とても面白かった。 (生徒E)

化学変化の時間を変えることができるというのは面白いと思った。仕組みをきいて酸が銅に炭素を入れたときのようだなと思った。(生徒F

20190205 - 4

感想
初めて作ったけど、とても楽しかった。教え方がとっても分かりやすかった。電池だけでアルミのぼうが動くのはほんとうにすごいと思った。(生徒G)

アルミホイルが勝手に動いておもしろかった。磁石を均等に置くのがむずかしくてずれてしまって時々とまってしまったけど、楽しかった。 (生徒H)

フレミング左手の法則など、電極が変わることによっておきる動きの変化などが知れて良かったです。(生徒I)

20190205 - 6

20190205 - 7

感想
縄文時代がいつかなんて普だんは考えもしないからよかった。火はつけられなかったけど、楽しかった。みんな夢中になってて、こういう授業はいいな~と思った。火をつけるのは思ってたより難しくて、縄文人はすごいなあと思った。(生徒J)
火おこししたことが無かったから、どんなふうかなと思ったけど、とっても大変で縄文人すごいなと思った。今はマッチとかコンロがあるからすぐについちゃうけど、あたりまえのことをあたりまえと思っちゃだめだなと改めて思った。(生徒K)

一言でいうと縄文人はすごい。そうぞうしてるよりめちゃめちゃむずかしかった。3人1組で30分くらいやってたのに火をつけることはできなかった。縄文人の人は1人でもつけることができるし3分ほどでつけられると聞いておどろいた。火をつけるのがどんなにたいへんかわかった。(生徒L)

2/1~中学校入試がはじまります。

Web担当KN 入試情報新着

受験生および受験生の保護者の皆様
2/1(金),2/2(土),2/4(月)は中学校入試日です。

・天候不良の場合には時間に余裕をもってご来校ください。
・交通機関の乱れ等で遅刻や欠席となる場合には,早めに中学校にご連絡ください。
個別に対応を検討いたします。
・筆記用具(鉛筆・消しゴム・定規),受験票,上履きを持参してください。

その他,実施要項を今一度ご確認ください。

系列小学校で「歌の会」がありました!

Web担当KN 行事 タグ: , , ,

先日、和光小学校(世田谷)と和光鶴川小学校(中高隣接)の
それぞれで「歌の会」が開かれました。
image1 (1)
「歌の会」とは、和光中学校の3年生が、付属の小学校を訪れ、
小学生と合唱をお互いに聴き合うという会です。
懐かしい母校に足を運んで、嬉しそうに先生に手を振る生徒や、
小学生を見て「かわいいー」と和む生徒など、いつもと違う環境にウキウキな3年生。

中学生が合唱を披露する前に、メッセージが贈られます。
image1 (2)
小学校の頃の思い出や、あっという間だった中学校生活について、
小学生もじっと耳を傾けます。
そして、3年間の思い出の詰まった「遙か」「花の名」の2曲を披露。
image1 (3)
その後、お返しとして、小学生が元気な歌をプレゼントしてくれました。
その真っ直ぐで素敵な歌声に胸を打たれ、涙する中学生も。
また、小学生の代表の言葉では「とても成長したなあと思いました」という嬉しいお言葉を頂き、会場が笑いに包まれました。

<中学3年生から小学生に贈られた言葉(一部抜粋)>
鶴小を卒業してから3年、本当にあっという間の毎日でした。
この間のことのように感じるのに、思い出そうと思うと、
なかなか全部を思い出せなくて寂しかったのですが、
思い出の品を見返すと、どんどん鶴小の思い出が蘇ってきて嬉しかったです。
生活ノートの先生のコメントが、優しくて、とってもあたたかかったです。
毎日出してくれた通信では、卒業式の時のものに
「先生は君たちの個性を伸ばしてあげられたでしょうか?」という文がありました。
たくさん伸ばしてもらいました。
鶴小の、誰のどんな意見も大切にしてくれて、
先生たちが子どもひとりひとりのことを考えてくれる。
みんなで力を合わせて頑張れる、挑戦できる、楽しく体験して学べる。
そんなところが、とってもあったかくて大好きでした。
みんなが仲間で、家族のような近い存在で成長していける、
私にとって安心できる場所でした。

集中HR(2年生)のようす

Web担当K.M 行事 タグ:
20190125 - 3

20190125 - 2

学校を離れ、チャイムを気にすることなく、とことん話し合う。それが「集中HR」です。中学校3年間の折り返しのこの時期に学級、仲間、授業、日常…など学校生活のすべてが話しあいのテーマになります。今、どんなことをじっくり話し合ってみたいか、そんなアンケートを学級リーダー集団が作り、まとめ、整理し、議事進行・運営を担います。ふだん思っていても、なかなか素直に言えなかったり、自分への指摘を非難された、と思い込んで反発してしまっていたり。朝の9時から解散の16:30まで。今日は1日中、クラスメイトと話し合いました。話せば話すほど、もっと話したくなる…。「おつかれさまー」「さようならー」ていねいにお辞儀をして、最後の生徒が帰っていきました。

20190125 - 1

中学3年生 演劇 オーディション

Web担当KN 学習, 行事 タグ: ,

3年生は、引き続き演劇に向けてクラスごとに取り組んでいます。
先日、キャスト決めのオーディションが行われました。

あるクラスでは、大教室を貸し切り、照明も落とし、本番さながらでスタート。
IMG_1188
どの役も複数の立候補があるため、演じる人も観る人も本気です。
IMG_1185
色々な組み合わせで読んでみたり、動きながら演じる人、表情豊かに読む人と、様々です。
演者の息がぴったり合うと、会話の面白さが生まれ、笑いが起きます。
そして演じ終わるたびに、自然と拍手がわいていました。
IMG_1186
立候補者全員の演技が終わると、顔を伏せ挙手で投票をします。
最後、全ての役が決まると、みんなもホッとした表情に。
総演出からの「一緒にがんばろう」というメッセージで、オーディションは無事に締めくくられました。
IMG_1187

インフルエンザにご注意ください。登校許可届はこちらです。

Web担当KN お知らせ

本校でもインフルエンザに罹患する生徒が出てきました。
インフルエンザにかからないよう,手洗い・うがいをする,
マスクを着用するなどできる限りの対策をしましょう。

もし,インフルエンザに罹患した場合は,その旨を保護者よりご連絡ください。
学校保健安全法19条の規定により,出席停止となります。
医師から登校してもよいという許可が出ないと登校できないことになっています。
目安は以下の両方を満たすことです。
・解熱後2日が経過していること
・発症後5日が経過していること

医師から登校許可が出ましたら,保護者が登校許可届に必要事項を記入・押印し,
キリトリ線で切り離して,学級担任にお出しください。

登校許可届はこちらにございます。

中学3年生 演劇づくり

Web担当KN 学習 タグ: , ,

3年生は、3月の卒業演劇に向けて、各クラス脚本決めに奮闘しています。
選挙で決まった演出団が選んだ脚本を、1週間の間で5本前後読み、
その中からクラスで話し合って「これぞ!」という1作品に絞り決定します。
s_IMG_1164 (1)
そんな脚本読みでは、あるクラスは教室で円になって読み合わせをしました。
みんなで一緒に読む、ということを目指す演出団の作戦の1つです。
「これもオーディションだと思って、大きな声で、なりきって読んで欲しい」
そんな演出の呼びかけに応じて、キャストに立候補した人たちも臨場感たっぷりに演じます。
s_IMG_1163 (1)
最後、読み終わったら、これも演出団が作った「オリジナル評価表」に記入を。
「テーマはあるか」「飽きないか」「クラスに合っているか」
大事なポイントを星の数で評価します。
IMG_1165
さて、各クラスいったいどんな脚本に決まるでしょうか。
ここからが3年生の演劇の始まりです。