ブログ

和光中学校長より新入生の皆さんへ

Web担当K 校長ブログ タグ:

s-校舎空撮
新入生の皆さん、昨日ホームページ等でお知らせした通り、15日に予定していた入学式を延期せざるを得なくなりました。和光は人と人のつながりを大切にしてきた学校です。仲間と共に学ぶことを大切にしてきた学校です。在校生も皆さんとの出会いを楽しみにしていました。残念ながら、皆さんに会えるのは、しばらく先のことになりますが、4月10日には新しいクラス・担任の先生を発表できるよう準備しています。そして、休校期間中、和光中学校での学びに少しでも触れられるように課題を準備し、10日に発送します。ひとりで取り組むのは大変かもしれませんが、頑張ってみてください。

緊急事態宣言も今日出される予定で、外出も控えなくてはいけない中ですが、健康・安全に配慮した生活を送ってください。

s-翼の木

2020年 4月7日 和光中学校長 橋本 暁

 

 

卒業式がありました

Web担当K 校長ブログ, 行事 タグ: , ,

コロナウィルス感染の広がりが心配される中でしたが、規模を縮小し時間も短縮した上で、先月3月14日(土)に卒業式を行うことができました。

DSC09940

卒業生の門出を何とか祝うことができて、本当に良かったと思っています。
以下は当日の式辞です。
新しい学校での生活が一刻も早くスムーズに始まることを今は祈るばかりです。

DSC09932 DSC09941

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。そして、卒業生を今日まで見守ってきた保護者の皆さん、お子さんのこの3年間の成長を感じておられることでしょう。心よりお祝い申し上げます。

さて、今日の卒業式は、新型コロナウィルス感染対策の一環として、規模を縮小した形で行わざるを得ません。生徒のみなさんの中には、悔しさを感じたり残念に思っている人も多いと思います。しかし、和光中学校に関わる人が集って、3年生の卒業を祝う場が持てるということを大切にしたいと思います。

未知の病原体が発生するということ自体は、歴史上何度もありました。最近でも2009年に新型インフルエンザが流行したことがあります。医学が発達する前は病原体のほとんどが未知で人々に脅威を与えていました。中世のヨーロッパでは、ペストという病気が大流行しました。黒死病として恐れられていたのです。黒死病という名前は、体の中で内出血が起こり、皮膚が黒くなることから来ています。数千万単位で人が亡くなり、人口が大幅に減ったといわれています。幸い、今は医療体制が整いそこまでのことにはならないと思いますが、警戒は怠ってはならないでしょう。そして、新型コロナウィルスをめぐって、今の日本の社会で起きていることは、私たちに様々なことを考える材料を与えてくれます。小国綾子さんという記者が新聞の夕刊に書いていた話をとりあげてみたいと思います。

ある年配の女性が、薬局の待合室で薬の処方を待っている時、持病の発作が出たそうです。マスクをつけ、息を荒くし、発作が治まるのを待っていた時のこと。 「おまえ、コロナだろ。出ていけ!」と、待合室にいた年配の男性から怒鳴りつけられた。あまりの勢いに、薬局を追い出され、道路にうずくまっていると、ちょっとしてからでしょうか、薬局のスタッフが薬を渡そうしました。その時、男性はさらに「ドアを開けるな。コロナがうつる。コロナは家から出てくんな。迷惑だ!」。薬局スタッフに女性は「薬は郵送します」と言われてしまう。彼女は悔しくて泣きながら帰ったそうです。

みなさんは、この話を聞いてどう思いましたか。

この年配の男性、ひどいなと思った人は多いでしょうね。この男性は人としてどうなのか、ともちろん私も思いますが、それ以上に私が引っかかったのは薬剤師の態度です。小国さんは、続けてこう書いています。「薬剤師は処方箋を見て、発作が持病のためだと分かっていたはずなのに」。私は、薬剤師の人は言うべきことを言っていないと思います。「この方はコロナではなくて別の病気なのですよ、心配することはありません」。おかしいことに対して、それは違うと言ってないのです。

「おかしなことに対し、きちんとおかしいと言える」ということは、和光中で大事にしてきたことだと思います。実際、どこまで実現しているかはともかくとして「お互いに言いあえる関係」というのを私たち、和光の教師はみなさんに求めてきました。みんなが口を閉ざしてしまえばどんな社会になってしまうのか、その一つの例を先ほどの話は示しています。

改めて卒業生のみなさん一人ひとりに、おかしなことはおかしいと言える人になってもらいたいと私は思う。しかし、薬剤師の人のようにそうなれないこともあるかもしれません。薬剤師の人は、自分が暴言や、場合によっては暴力を受けることを恐れて言えなかったのかもしれないですね。そうではあっても、次は勇気をもって言おうと思えたり、言い方を工夫すれば伝えられるかもしれない、と本人が意識すれば次につながります。仮に、ものが言えないのなら、そのことを自分の中に抱えておくことが大切なのではないでしょうか。

こんな話をわざわざ付け加えたのは、私自身、全てのおかしなことにおかしいと言えている訳ではないからです。さすがにいい歳ですから、ものが言えないということはかなり減ってきましたが、全く無い訳ではない。私もみなさんと共に努力していかなければ、と思っています。
おかしなことがおかしいと言える社会は、無責任な決定や一部の人のやりたい放題を許さない社会でしょう。そのような社会を卒業生のみなさんと共に私たち大人もつくっていければと思います。

2020年3月14日
和光中学校校長 橋本 暁

※小国記者の記事は、無料版では途中までしか読めませんが起きたことの概略は分かると思います。

新年度の開始について(4月6日)

サイト管理者 お知らせ タグ:

和光学園よりご連絡いたします。東京での新型コロナウィルス感染者の広がり、政府による緊急事態宣言が準備される中で、始業および入学式については延期といたします。各園・各学校は56日(水)までは休校とします。これは、園児・児童・生徒および同居家族のみなさんの健康・安全を考え、社会全体として感染の広がりを防ぐためですので、どうぞご了解ください。57日(木)以降、各園・各学校が再開できるかの判断は、決定次第、4月中に再度連絡します。休校の代替措置は、長期休業中に行うことを検討しています。

 

和光学園校長会

【重要】新入生登校日の中止について

サイト管理者 お知らせ

新入生およびその保護者のみなさまにお知らせいたします。

4月6日(月)に予定していた新入生登校日ですが、3月25日に小池都知事が40名を超す新たな新型コロナウイルス感染者の確認を発表し、感染爆発の重大局面であるとの認識を示したことから、中止とすることといたします。

今後の日程についてはまたご連絡しますので、引き続きHPおよびメールの配信にてご確認ください。

3月19日(木)は休校です

サイト管理者 お知らせ

在校生および保護者のみなさまへ

メール連絡網ですでにお知らせしたように、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として3月19日(木)まで休校としています。19日(木)は修了日ですが臨時休校期間ですので登校はできません。

今後の予定は、メール連絡網にてお伝えしますので、随時メールを確認するようお願いいたします。

 

春休みの部活動について

サイト管理者 お知らせ
3月20日(金)から4月7日(火)までの部活動については、活動停止とします。
新型コロナウィルスによる新型肺炎の発症は、3月16日時点で東京都および神奈川県で鎮静化しておらず、感染の拡大を防ぐためには、活動停止を延長せざるを得ないと判断しました。
なお、新年度の日程については、3月26日前後に連絡する予定です。

新型コロナウィルスへの対応について

サイト管理者 お知らせ

政府・文科省からの要請・通知を受け、3月2日より臨時休校に入っています。保護者のみなさまには、2月29日に校長文書を生徒を通じて配布しております。ご確認ください。
3月14日の卒業式については規模および時間を縮小して行います。詳しくはマチコミメール連絡網にて、今後連絡いたします。

2年生 国語 『春はあけぼの』とはどのような作品か?を探る

Web担当K 学習 タグ: ,

和光中学校では現在休校中ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回のブログでは、3学期(2月半ば)に行った授業の様子を紹介いたします。

 

日本の季節観を代表する清少納言の「春はあけぼの」。
千年以上前に書かれた作品を生徒が自分たちの視点で深めてみました。

まずは音読。
「火桶の火も白き灰がちになりてわろし」というくだりでは大きな笑い声が起こります。
「わろし」は今の言葉で「笑笑」と同義だと生徒は思うようです。
現代語訳を読み、自分の感想を書き込みます。
その感想を4人1グループで持ち寄って研究テーマを決め、図書館で文献をもとに調べます。

画像1

「あけぼの」とは?
雲が紫になることが本当にあるの?
なぜ月は一年中出ているのに夏の月が良いのだろう?
「あはれなり」の意味はいろいろありそうだけれど、何?
「~し」という言葉が出てくるけれど、どういう意味?
夏の雨とは、一言でいうとどのような雨?

s-0002

他のテーマでは、清少納言について、或いは平安時代の貴族の暮らしなどについて調べたグループもありました。
「三つ四つ、二つ三つ」という記述は烏がどんどん清少納言から遠ざかって見えなくなる様子を表わしている。
いや烏が雁とは違ってバラバラに飛んでいる気ままな様子を表わしている。
という発表グループの考察に仲間が納得したり、感心したり。

s-0001

「あけぼの」の様子を絵で描いて表現したグループ。
季節の良い所を書き連ねた後、文書を「わろし」で締めたのは、寒さが緩んで火桶を囲んでいた女房たちが一人去り二人去りしていなくなってしまうのが寂しかったからと考察したグループも。

画像2

また紫式部と確執があった清少納言。
賢く、中宮定子に重用され、「男まさり」と言えるほど自分の考えをしたためた一方で、中宮定子には気持ちを伝えられずにからかわれてしまったエピソードを紹介したグループもありました。

画像3

生徒の言葉で生徒が学んでいく時間は、楽しく深められる時間でした。